教員紹介

[ 教授 ]渡邉 都貴子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Tokiko Watanabe
主要担当科目
 感染看護学、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

[ 教授 ]小野 和夫

カテゴリ:短期大学 食物栄養学科
Kazuo Ono
小野和
主要担当科目
 生化学、基礎化学、生化学実験、栄養学総論、専門演習、現代ニュース概論、子どもと食育、栄養生理学実験

専門
 生化学

メッセージ
 私の担当科目は、食物栄養学科のカリキュラムでは専門基礎分野の「人体の構造と機能」に属しています。学生の皆さんが基礎から栄養士に必要なレベルの生化学の知識と考え方を身に付けることができるように内容を工夫し、分かりやすく丁寧な授業を心がけています。

研究テーマ
 アミノ酸の代謝

研究業績
 ・Effects of Clofibrate on phospholipids of plasma membrane and mitochondrial membranes in rat liver.
Bulletin of Sanyo Gakuen College, Vol.39,1-9(2008).
 ・分岐鎖α-ケト酸脱水素酵素複合体E2成分のインタードメインの構造と機能
山陽学園短期大学紀要 第38巻 1-10(2007)
 ・Competitive binding of 4-hydroxyphenylpyruvate, α-ketoisocaproate, and 2-(2-nitro-4-trifluoromethylbenzoyl)-cyclohexane-1,3-dione(NTBC) tothe active site of chicken 4-hydroxyphenyl pyruvate dioxygenase.
Bulletin of Sanyo Gakuen College, Vol. 37, 1-6 (2006)
 ・Effects of fatty acids and their acyl-CoA derivatives on the branched-chain α-keto acid dehydrogenase complex.
Bulletin of Sanyo Gakuen College, Vol. 36, 1-10 (2005)
 ・In vitro synthesis of the rat dihydrolipoamide dehydrogenase precursor and its translocation into the mitochondrialmatrix.
Bulletin of Sanyo Gakuen College, Vol. 35, 1-10 (2004)

その他の社会的活動
 ・岡山県栄養士養成施設協議会理事
 ・吉備創生カレッジ講師(平成21年度)

学位
 農学博士(東北大学)

[ 助教 ]國本 あゆみ

カテゴリ:短期大学 食物栄養学科
Ayumi Kunimoto
主要担当科目
  • 栄養学各論、栄養学実習

専門
  • 栄養学

メッセージ
  • 食事は生涯を通じて大切なものであり、栄養士は、その食事を考えるプロフェッショナルです。栄養学各論の授業では、妊娠期から高齢期までのライフステージ別の栄養について学びます。対象者に適した献立を考えられるよう、一緒に勉強していきましょう。

研究テーマ
・大学生のボディーイメージ
・スポーツ栄養
・食物アレルギー

研究業績
・Isolation and molecular cloning of a major wheat allergen, Tri a Bd 27K. 
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, vol.73, No.1, p.85-92, 2009
・Molecular cloning and allergenicity of Pen j 1, a major allergen of kuruma prawn, Penaeus japonicas. Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, vol.73, No.4, p.840-848, 2009
・Gastrointestinal Digestion and Absorption of Penj1, a Major Allergen from Kuruma Prawn Penaeus japonicas. Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, vol.75, No.7, p.1249-1258, 2011
・大学生男女のBMIと体型不満 ―シルエットを用いたボディーイメージの相違―日本健康教育学会誌,第25巻,第2号,p.74-84 ,2017

学位
  • 栄養学博士

連絡先
  • ayumi_kunimoto@sguc.ac.jp

[ 講師 ]檜垣 俊介

カテゴリ:短期大学 食物栄養学科
Shunsuke Higaki
檜垣
主要担当科目
 食品学総論、食品学各論、食品学実験、食品衛生学、食品衛生学実験、専門演習

専門
 食品学

メッセージ
 私の担当科目は食物栄養学科のカリキュラムでは、専門基礎分野の「食べ物と健康」に属しています。学生の皆さんがこれから栄養士として食品や料理の提案の時の知識を身に付けられるような授業ができることを心がけています。

研究テーマ
 食品の生体に及ぼす栄養学的研究

研究業績
 ・児童の朝食摂取状況と生活リズムとの関係
  食育学研究 第6巻 第2号 22-26(2011)
 ・児童に対する栄養教育方法の一考案-保護者の子どもの健康づくりに対する意識からの検討-
  食育学研究 第6巻 第2号 27-35(2011)
 ・栄養教諭の実態調査からの検討 -栄養教諭・学校栄養職員に対するインタビュー調査-
  名古屋経済大学 自然科学研究会会誌 第47巻 第1・2号 107-113(2013)
 ・小学生における生活習慣・食習慣と体格に関する研究
  食育学研究 第7巻 第2号 62-66(2013)
 ・西条市在住児童の生活習慣・食習慣における学校充実度と生活習慣・食習慣との関係-学校が楽しいと感じる  児童の増加を目指して(K小学校)-
  名古屋経済大学 自然科学研究会会誌 第48巻 第1号 37-49(2013)
 ・ラットにおける希少糖D-プシコースの6ヶ月間長期摂取食試験
  生物工学会誌 92(9) 500-503 (2014)
 ・希少糖D-プシコースが高脂肪食ラットの生存期間に及ぼす影響
  日本栄養・食糧学会誌 第68巻 第2号 69-72(2015)

学位
 博士(農学)(愛媛大学)

[ 准教授 ]槇尾 幸子

カテゴリ:短期大学 食物栄養学科
Sachiko Makio

主要担当科目
 給食計画論 給食実務論 給食管理実習・学内 給食管理実習・学外

専門
 給食管理 大量調理

メッセージ
 大量調理は、対象者に安全安心なものを提供することが最も優先されます。そして、出来上がった料理は食べておいしく、健康の維持、増進につながることが条件になります。大量調理のコツを体験を通して一緒に学びましょう。

研究テーマ
 ジャガイモの煮熟軟化に関する研究

研究業績
<論文>
 白桃の成熟過程における細胞壁多糖類および細胞壁形態の変動 日本調理科学会誌,42(1),2009
<ポスター発表>
 PREVENTION OF EXCESSIVE SOFTENING OF POTATOES DURING LARGE QUANTITY COOKING
 (ICN2009 バンコク タイ)
 RATE OF SOFTENING OF POTATOES DUARING LARGE QUANTITY COOKING(ICN2009 バンコク タイ)
 CHANGES IN PECTIN AND STRAND SEPARATION OF SPAGHETTI SQUASH DURING COOKING
(ICN2009 バンコク タイ)
Effects of temperature and time of soaking in distilled water or tap water on the hardening of potatoes during cooking(16thIUFoST フォス・ド・イグアス ブラジル)

その他の社会的活動
 <所属学会>
日本調理科学会
<社会における活動>
平成19~20年度:倉敷市食育推進会議委員
平成22~26年度:岡山県5年経験者研修講師(主催:岡山県教育委員会)
平成25年度:栄養教諭認定講習会講師(主催:岡山県教育委員会)
平成26~28年度:新見市学校給食あり方検討会会長(新見市教育委員会より委嘱される)
平成27~29年度:「脳も体もリフレッシュ!男の料理」公民館講座講師(主催:倉敷市茶屋町公民館)

学位
 栄養学修士

連絡先
 sachiko_makio@sguc.ac.jp

[ 助教 ]松井 佳津子

カテゴリ:短期大学 食物栄養学科
Katsuko Matsui
主要担当科目
  • 給食計画論、給食実務論、給食管理実習、学内、校外実習オリエンテーション、校外実習

専門
  • 給食経営管理

メッセージ
  • 「給食管理」は、栄養士としての理論と技術を統合した実務を体感できる科目です。「みんなうれしい」食事が提供できる栄養士を目指してみませんか?

研究テーマ
保育園児における食習慣と保護者の食意識

学位
  • 修士(学術)

連絡先
  • katsuko_matsui@sguc.ac.jp

[ 教授 ]向井 潤子

カテゴリ:短期大学 食物栄養学科
Junko Mukai
主要担当科目
 栄養指導論、栄養指導実習

専門
 栄養指導

メッセージ
 栄養士に必要とされる知識、技能は広範囲に渡り、2年間で多くのことを学びます。学生の皆さんには、いろいろな授業を通して、食べることの重要性を深く理解していただきたいです。私の担当科目の栄養指導では、食品を選ぶことから始まる“食事”の一連の流れを自分でコントロールできる能力を身につけるためには、どのような栄養指導が望ましいのか、考えながら学ぶ授業を心がけています。

研究テーマ
 ライフステージ別の生活習慣と食生活に関する研究

研究業績
<学術論文>
・離乳食の現状について 大阪青山短期大学研究紀要 第25号 1999
・乳酸発酵調味料を用いた調理処方の開発に関する研究 大阪青山短期大学研究紀要 第24号 1998

<著 書>
・Nブックス 栄養教育・指導論  建帛社   2005
・アクティブ栄養教育・指導実習 医歯薬出版株式会社  2000
・アクティブ栄養教育・指導論  医歯薬出版株式会社  1997

その他の社会的活動
・技能検定(和菓子製造1・2級)準備講習会  講師 2013年~2017年
・製菓衛生師国家試験準備講習会 講師  2013年~2016年

学位
 教育学修士

連絡先
 junko_mukai@sguc.ac.jp

[ 准教授 ]荒島 礼子

カテゴリ:短期大学 幼児教育学科
Reiko Arashima
主要担当科目
  • 保育内容総論・環境A・保育所実習指導Ⅰ・保育所実習指導Ⅱ・ 保育所実習Ⅰ・保育所実習Ⅱ・保育教職実践演習

専門
  • 保育内容

メッセージ
  • 乳幼児期の子どもたちに関わる仕事は、とてもやりがいのある仕事です。 本学では、2年間で幼稚園教諭と保育士の免許を取得できます。 実際の保育に役立つ内容を授業に取り入れています。特にオペレッタは、学生に人気のある授業です。手遊びや絵本の読み聞かせなど、楽しみながら身につけていきましょう。

研究テーマ
  • 『子どもと保護者のより良い関係作り』子育て支援

研究業績
  • 『地域企業と共同開発したダンボール遊具の利用について』
  • 『保育養成校における地域連携の効果』
  • 『地域企業との連携による子育て支援事業について』

その他の社会的活動
  • 赤磐市有識者会議委員
  • 赤磐市社会福祉推進委員
  • 平成29年度日本保育学会実行委員

連絡先
  • reiko_arashima@sguc.ac.jp

備考
  • 平成28年度山陽学園短期大学ベストティーチャー賞受賞
  • 平成28年度全国保育士養成協議会会長表彰受賞

[ 助教 ]江藤 由香里

カテゴリ:短期大学 幼児教育学科
Yukari Eto
主要担当科目
  • 英語表現IB(幼児教育)
  • 英語表現I、Ⅱ、Ⅲ(食物栄養)
  • 英語集中特別講座(IELP)

専門
  • Social Science

メッセージ
  • 「海外在住歴20年。3か国語を話します。私の異文化・多文化経験がみなさんに刺激を与えられるといいですね。」
     "Better keep yourself clean and bright; you are the window through which you must see the world." George Bernard Shaw

研究テーマ
  • How economic and political conditions impact history
  • History of race and ethnic relations
  • Current ethnic issues
  • Intercultural/Multicultural Studies
  • Education

研究業績
  • “Is this the road Japan is taking? A case study of childhood education in Mexico relating educational gap and household income” 山陽論叢第24巻 2017
  • “Japan is becoming a more multiracial and multiethnic society” 山陽論叢第23巻 2016
  • "Education or tool for social stratification?" 山陽論叢第22巻 2015
  • "Distorted Histories under Colonialism: Comparative Study of Native American History in the United States and History of Ainu People in Japan." 山陽論叢第21巻 2014

その他の社会的活動
  • 多文化関係学会 会員
  • The National Association for Ethnic Studies 会員
  • 異文化間教育学会(IESJ)会員

学位
  • MA in Social Sciences in Education from Stanford University

連絡先
  • yukari_eto@sguc.ac.jp

[ 講師 ]岡田 典子

カテゴリ:短期大学 幼児教育学科
岡田 典子

主要担当科目
 教育原理、保育原理、教育課程総論、保育・教職実践演習、子どもと食育

専門
 教育社会学

メッセージ
 「保育者になりたい」という皆さんの夢を叶えるお手伝いをします。一緒に頑張りましょう。

研究テーマ
 1.大学生の教育効果の測定
 2.保育者の力量形成(共同研究)

研究業績
 ・「生涯発達と教育機会」池田隆英・楠本恭之・中原朋生編『なぜからはじめる教育原理』建帛社、2015年、pp.119-126
 ・「大学生の学習成果とストレインの要因分析」岡山大学グローバル・パートナーズ、教育開発センター、言語教育センター、キャリア開発センター『大学教育研究紀要』第11号、pp.163-182

学位
 修士(教育学)

[ 講師 ]岡正 寛子

カテゴリ:短期大学 幼児教育学科
Hiroko Okamasa
主要担当科目
 社会福祉、養護原理、子ども家庭福祉、保育ソーシャルワーク、施設実習指導I、施設実習I、社会人入門

専門
 医療福祉、地域福祉、福祉教育

メッセージ
 今やろうと思うこと、今だからできることを大切にし、学びを一緒に深めていきましょう。

研究テーマ
  1.子どもと地域との相互作用に着目した成育環境整備
 2.子どもの発達に焦点をあてた地域の役割と福祉教育
 3.若年性認知症の理解と支援

研究業績
 <学術論文>
 ・若年性認知症理解の要因 : 福祉系大学生の若年性認知症者へのイメージの視点から.介護福祉学17(2),2010.
 ・若年性認知症者の大学生とのフットサルによる交流活動を通しての自己実現について-事例研究-.鈴鹿医療科学大学紀要(18),2011.
 ・子どもの発達に焦点をあてた地域の役割-子どもの認識するソーシャルキャピタルの測定から-.川崎医療福祉学会誌Vol.21 No.2,2012.
 <学会発表>
 ・子どもと地域とのつながりの実態からみた子育ち支援.日本社会福祉学会中国・四国部会2011年度第43回大会,2010.
 ・子どもと地域との相互作用に着目した成育環境整備.日本福祉教育ボランティア学習学会第18回 いばらき大会,2012.

その他の社会的活動
 ・日本社会福祉学会
 ・日本社会福祉士会
 ・日本介護福祉学会
 ・地域福祉学会
 ・認知症ケア学会
 ・日本介護学会
 ・川崎医療福祉学会
 ・日本福祉教育・ボランティア学会

学位
 博士(医療福祉学)

[ 講師 ]児玉 太一

カテゴリ:短期大学 幼児教育学科
Taichi Kodama

[ 講師 ]権田 あずさ

カテゴリ:短期大学 幼児教育学科
Azusa Gonda
主要担当科目
 発達心理学Ⅰ・Ⅱ,教育心理学,社会人入門Ⅰ

専門
 生涯発達学

メッセージ
 ヒトの発達を科学的な視点からも見ることができる保育者を目指しませんか?

研究テーマ
 家族関係と子どもの社会的発達に関する行動研究

研究業績
 ・権田あずさ.(2012). 日常的な母子分離場面における母親の対児行動に関する縦断研究−幼稚園登園場面におけ る母親の行動分析から−. 広島大学大学院教育学研究科紀要第二部, 61: 325-332
 ・権田あずさ・今川真治.(2013). 幼稚園3歳児の登園場面における母親の対児行動. 保育学研究,51(1): 73-82.
 ・権田あずさ・今川真治・鈴木明子. (2015). 中等家庭科教員養成における教科に関する科目「保育学」の内容検討−教員養成系大学のシラバスを手がかりとして−. 広島大学大学院教育学研究科紀要第二部 文化教育開発関連領域, 64: 231-236

その他の社会的活動
 日本発達心理学会,日本保育学会,日本家政学会,日本家庭科教育学会

学位
 博士(教育学)広島大学

[ 教授 ]田中 節夫

カテゴリ:短期大学 幼児教育学科
Sadao Tanaka
田中
主要担当科目
 音楽IIA、音楽IIB、子どもと食育、社会人入門I、施設実習I、施設実習指導I

専門
 音楽(ピアノ)

メッセージ
 大学時代の苦労は将来必ず報われます。良い保育者となれるよう、いっしょに頑張りましょう。

研究テーマ
 1.幼児教育で必要とされるピアノ教育の方法
 2.ラヴェルのピアノ曲の演奏法と演奏家の系譜
 3.フランスにおけるピアノ教育の伝統
 4.原点版の出来るまで~その方法と活用法~
 5.ドイツロマン派の演奏
 6.ピアニストが知るべき和声およびスコアーリーディング

研究業績
 <研究報告書>
 平成15年 5月 ラヴェルのピアノ曲を演奏する際の解釈上の実際的考察と楽譜の問題。
 (平成15年度文部科学省芸術家海外派遣報告書)

 <演奏>
 ・昭和44年11月 第21回全日本学生音楽コンクール小学校部門 全国1位 毎日新聞社主催・NHK後援 (単)
 ・昭和46年1月 邦人作曲家作品発表会 八村義夫作曲「彼岸花の幻想」 初演(単)
 ・昭和62年3月 桐朋学園大学卒業演奏会 都市センターホール (単)  
 ・昭和56年8月 ラヴェル講習会  修了演奏会 サン・ジャン・ドゥ・リューツ(フランス) (単)
 ・昭和57年9月 第2回ヴィオッティー国際コンクール ディプロマ賞 イタリア (単)
 ・昭和59年6月 田中節夫ピアノリサイタル パリ学生都

その他の社会的活動
 ・昭和64年8月 韓国、音楽専門誌「月刊音楽」主催によるソウル郊外での夏期講習でピアノ講師
 ・平成16年8月 日本クラシックコンクール 地区予選、地区本選審査員(現在に至る)
 ・平成18年6月 PTNA(全日本ピアノ指導者協会) 地区予選、地区本選審査員(現在に至る)
 ・平成21年2月 さいたま市立仲本小学校にて文化庁芸術家派遣授業の一環で三日間に渡り全学年の生徒に特別授業。
 ・平成22年1月 さいたま市立下落合小学校にて特別授業(テーマ:ベートーヴェン 運命の作曲技法とその影響)
 ・平成23年1月 さいたま市立下落合小学校にて特別授業(テーマ:ベートーヴェン 運命の作曲技法とその影響)
 ・平成24年1月 さいたま市立下落合小学校にて特別講義(テーマ:ベートーヴェン「運命」の作曲技法とその影響)
 ・平成25年2月 さいたま市立下落合小学校にて特別講義(テーマ:ベートーヴェンの「運命」から音楽を考えてみよう)

学位
 音楽修士
 ・昭和49年3月桐朋女子高等学校音楽科 卒業
 ・昭和49年4月桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻 入学
 ・昭和53年3月桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻課程 卒業  芸術学士
 ・昭和53年10月西ドイツ・ハノーヴァー国立音楽大学ピアノソリストコース入学
 ・昭和58年7月転学のため同校中途退学
 ・昭和58年10月パリ・エコールノルマル入学
 ・昭和59年7月全教授一致でパリ・エコールノルマル高等演奏家資格(修士課程)(L’unanimite Diplome Superieur d’Execution a l’Ecole Normale de Musique de Paris)取得

連絡先
 sadao_tanaka@sguc.ac.jp

[ 教授 ]中川 淳子

カテゴリ:短期大学 幼児教育学科
Junko Nakagawa
主要担当科目
 幼児体育、スポーツ・健康科学I・II、社会人入門II、子どもと食育

専門
 体育学

メッセージ
 保育士を目指して一緒に学びましょう。

研究テーマ
 幼児の運動能力

研究業績
 ・幼児の体格と運動能力の推移について
 ・新体力テストにおける評価法について(幼児・児童の体形グラフ)
 ・コンピューターによる体力診断について(1)(2)
 ・動的トレーニング効果の消失について

その他の社会的活動
 ・日本体育学会会員
 ・日本体育学会岡山支部会員
 ・日本発育発達学会会員
 ・中国大学バレーボール連盟理事
 ・西日本バレーボー連盟 総務委員・強化委員

学位
 文学士