海外留学・海外研修制度

語学の運用能力や異文化適応力を高める海外留学や海外研修の制度があります

Study Abroad

大学によるプログラム

  • ダブルディグリー留学
    山陽学園大学と共に台湾・中華大学の学位を取得するダブルディグリー留学

    約1年間、台湾の協定校・中華大学で学び、同大学と山陽学園大学、2つの学位を取得する「ダブルディグリー留学」。中華大学がある新竹市は岡山市の姉妹都市でもあり、地域間の文化交流も活発に行われています。

  • 長期留学
    世界各国・地域の協定校で6カ月から1年にわたって学ぶ長期留学

    台湾、韓国、中国、ポーランド、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、イギリスの各国・地域の協定校で、6カ月から1年にわたって学ぶ「長期留学」。各校で修得する単位の認定制度もあり、4年で卒業することが可能です。

  • 海外インターンシップ
    協定校や協力会社に赴き実務を経験する海外インターンシップ

    夏季・春季の休暇期間中に2週間から3週間、海外の協定校で日本語教師の実務を経験したり、協力会社で企業体験を行うプログラムです。

大学と短大によるプログラム

  • 夏季・春季の休暇期間を利用し現地で語学運用力を高める短期語学研修

    夏季・春季の休暇期間中に2週間から4週間、英語圏や台湾の協定校で英語や中国語の修得に取り組む「短期語学研修」。現地での学修や体験型のプログラムなどを通じ、外国語の運用力を高めます。

  • 約1週間から2週間にわたり海外での生活を体験する異文化理解実習

    夏季・春季の休暇期間中に1週間から2週間、台湾、韓国、ポーランド、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、イギリスの各協定校で行う「異文化理解実習」。英語圏ではホームステイなどを交え、日本と異なる文化を体感します。

  • 日本語教員資格の取得に向けて海外の現地で実務に取り組む日本語教育実習

    約10日間から2週間、台湾、韓国、ポーランド、オーストラリアの各協定校で日本語教師の実務を経験する「日本語教育実習」。実践的な指導・教授法を身につけ、本学認定・日本語教員の資格取得に結びつけます。

For Foreign Students

インターンシップ生の受け入れをしています

岡山市と姉妹都市の台湾・新竹市にある協定校・中華大学のインターンシップ生受け入れ(受け入れ先:岡山市役所)のサポートを行っています。

日本語・日本文化研修留学生

留学生の活動紹介