教員紹介

[ 准教授 ]藤井 久美子

カテゴリ:生活心理学科
Kumiko Fjii
主要担当科目
  • 食生活論、食物学A・B、食行動の心理学、調理学実習1・2、食物学演習、生活心理学研究、卒業研究 ほか

専門
  • 食物学(管理栄養士)

メッセージ
  • 調理のウラには科学があります。これを知って健康的で楽しい食生活を実践する力を身につけましょう。

研究テーマ
  • 米粉パンの製パン特性
  • 地域食材の有効活用
  • 学生の食生活管理能力育成

研究業績
  • もち性大麦粉添加が米粉パンの食味に及ぼす影響,食生活研究,37(3),2017
  • 地域食材の有効活用-笠岡市大島の「ぶんず」-,山陽論叢,23(2016)
  • 衝撃式粉砕法による米粉の製パン性に関する検討-米粉パンの物理特性が食味に及ぼす影響-,美味技術学会誌,14(1),2015
  • 衝撃式粉砕法による米粉の製パン性に関する検討-米粉粒度と焙炉・焼成工程が品質に及ぼす影響-,美味技術学会誌,19,2012
  • 衝撃式粉砕法による米粉の製パン性に関する検討-米粉粒度と生地発酵工程が生地膨張に及ぼす影響-,美味技術学会誌,19,2012
  • 衝撃式粉砕法による米粉の製パン性に関する検討-米粉粒度と生地調製条件が生地膨張に及ぼす影響-,美味技術研究会誌,18,2011
  • 画像を用いたパン生地膨張過程の計測,美味技術研究会誌,18,2011
  • 米粉パンについての嗜好及び製法の検討,美味技術研究会誌,15,2010
  • 短大女子学生の食生活管理能力育成に関する検討(2)-野菜摂取とその改善-,食生活研究,30(4),2010
  • 短大女子学生の食生活管理能力育成に関する検討(3)-小・中・高等学校教科書の野菜に関わる内容分析-,食生活研究,30(4),2010
  • 短大女子学生の食生活管理能力育成に関する検討-朝食におけるパン摂取の実態を通して-,食生活研究, 28(3),2008
  • 健康な食生活の実践力育成における調理学実習のあり方に関する基礎的検討-調理担当女子学生の夕食実態をもとに-,日本食生活学会誌,18(4),2008

その他の社会的活動
  • 日本調理科学会、日本家政学会、日本食生活学会、美味技術学会、日本栄養改善学会
  • 日本調理科学会企画・編集「伝え継ぐ日本の家庭料理 すし」p.8「どどめせ」著作委員,別冊うかたま,2017.12,農文協
  • NPO法人大島まちづくり協議会との連携(大島バーガー共同開発,マリンピアおおしま体験ツアーパンフレット「大島おやつ」監修)

学位
  • 博士(学術)

備考
  • フードコーディネーター2級(商品開発)、食空間コーディネーター3級

[ 准教授 ]松浦 美晴

カテゴリ:生活心理学科
Miharu Matsuura
主要担当科目
  • 心理学、心理学概論、感情・人格心理学、心理学研究法 など

専門
  • 心理学(情動・動機づけ)

メッセージ
  • 新卒で就職したり、新しい環境に移った人が「想像していたのと違う、こんなはずではなかった!」とショックを受ける「リアリティショック」という現象に興味を持って研究中です。皆さんにも経験がありませんか。でも、見方を変えて「なぜ想像と違うのだろう」と考えたり、「新しい経験を楽しもう」と考えることで、自身の成長につながってゆくかもしれません。こうした現象について、一緒に考えてみませんか。

研究テーマ
  • 大学生の進路に対する展望と感情・行動
  • 新卒社会人のリアリティショック

研究業績
  • <学術論文>
  • 松浦美晴・上地玲子(2017). 就職活動への動機づけを妨げる誘発性と時間的展望 ━ 就職活動に躓いた女子大学生1名のPAC(個人別態度構造)分析 ━ 応用心理学研究,43,144-155.
  • Matsuura Miharu,Kamiji Reiko,Minagawa Jun (2017):Revealing aspects of reality shock employed less than one year; experienced by nursery teachers by interviews  山陽論叢,23,135-141.
  • 松浦美晴・上地玲子・皆川順(2016).潜在保育士問題解消に向けたリアリティショック研究の可能性の考察,山陽論叢,22,87-100,2016.
  • 松浦美晴 (2015). 就職活動への動機づけ要因となる誘発性と時間的展望―女子大学生1名のPAC(個人別態度構造)分析― 応用心理学研究, 41, 65-76.
  • 岡本響子・松浦美晴 (2015). 就業3か月における新人看護師のリアリティショックの体験 日本保健医療行動科学会雑誌,30, 72-80.
  • 松浦美晴・神戸康弘(2014). 「社会人に必要な力」を大学生活の中で育成することを学生はどうとらえているか 山陽論叢,21, 131-145.
  • 松浦美晴・神戸康弘 (2013). 学生のとらえる「社会人に必要とされる力」 山陽論叢,20, 77-87.
  • Matsuura, M. (2002) Differential Digital Photoplethysmograms while Listening to Music and Noise. Perceptual and Motor Skills, 94, 607-622.
  • 松浦美晴(2002).学生の日常生活における音楽聴取行動に対する自由記述アプローチから浮かび上がるク ・ラスターと次元,日本音楽療法学会誌,2(1),50-58.
  • <外部研究資金>
  • 平成29年度 公益財団法人ウエスコ学術振興財団研究活動費助成事業 「保育士の早期離職を予防する養成校及び施設管理職者向けマニュアル」の作成 ―リアリティショックに着目してー
  • 保育士のリアリティショックの測定尺度開発と早期退職を防ぐプログラムの提案 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 研究課題番号:15K13152 2015年度~2018年度
  • メンタルヘルス獲得への音楽聴取の効果に対する覚醒動機づけ及びパーソナリティの影響 科学研究費補助金 奨励研究(A)→若手研究(B) 研究課題番号:13710047 2001年度~2002年度

その他の社会的活動
  • <所属学会>
  • 日本心理学会、日本教育心理学会、日本感情心理学会、日本生理心理学会、日本応用心理学会、日本健康心理学会、日本パーソナリティ学会、中国四国心理学会、PAC分析学会 平成28年より、PAC分析学会 学会誌編集委員

学位
  • 博士(学術)

連絡先
  • mmatsu@sguc.ac.jp

備考
  • 資格:認定心理士 産業カウンセラー

[ 教授 ]揚野 裕紀子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Yukiko Ageno
主要担当科目
 精神看護学概論、精神看護学援助論、精神看護学実習、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究、研究方法論

専門
 精神看護学

メッセージ
 皆さん、看護職(看護師・保健師・養護教諭)への道を目指して、4年間、一緒に学んでいきましょう。

研究業績
 「精神看護学 精神保健(改定 第4版)」ヌーヴェルヒロカワ2008(共著)
 「精神看護学実習における看護学生のとらえに関する研究-薬局見学での学びの内容分析-」(共同)
 ・第40回日本看護学会:看護教育.231(2009)
 「日本における精神科急性期入院患者の家族への看護に関する文献研究」(共同)第28回日本看護科学学会学術集会.487(2008)
 「精神看護学臨地実習における看護学生のとらえに関する研究-精神看護師の実践課程の内容分析-」(共著)川崎医療短期大学紀要.27:13-18(2007)
 「精神科急性期病棟の看護師における家族支援に関する研究 -支援の具体的内容とその効果-」

その他の社会的活動
 ・日本精神科看護技術協会査読委員
 ・日本看護研究学会会員
 ・日本看護科学学会会員
 ・第8回日本赤十字看護学会学術集会実行委員(平成19年) 他
学位
 社会学修士

[ 教授 ]江口 瞳

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Hitomi Eguchi
主要担当科目
  • 基礎看護技術Ⅰ、看護技術Ⅱ、看護技術Ⅲ(看護過程)、基礎看護学実習Ⅰ、基礎看護学実習Ⅱ

専門
  • 基礎看護学

メッセージ
  • “健康でありたい、苦痛から救われたい”このような願いをもつ人々のために、看護の力が求められています。さまざまな人々の健康あるいは健康回復に向けて、少しでもお役に立てるよう、専門的な知識・技術を学び、看護という人生のはた織りを一緒にしませんか。

研究テーマ
看護技術、看護教育、看護倫理、終末期がん看護、看護学生の自己効力感に関する研究

研究業績
    1. 北村万由美,江口瞳(2018).分娩介助実習における助産師の教授活動尺度の開発と信頼性・妥当性の検討,日本看護科学学会誌,37巻,426-436.
    2. 北村万由美,江口瞳(2018).分娩介助実習における助産師の教授活動(第1報),母性衛生,58(4),524-531
    3. 江口瞳(2017).終末期がん患者の看護における看護師の倫理的ジレンマ尺度の作成と信頼性・妥当性の検討,日本看護研究学会雑誌,40(4),603-612.
    4. 北村万由美,江口瞳(2017).分娩介助実習の指導に関する研究の動向‐2005年から2015年の文献を通して‐,インターナショナル Nursing Care Research 研究会, 16(1), 9-19.
    5. 江口瞳,住野好久(2016).看護学実習における「教材化」に関する研究-先行研究における検討を通して-,広島国際大学看護学ジャーナル, 13(1), 29-37.
    6. 江口瞳,秋元典子(2013).緩和ケア病棟入院中で余命3週間程度と予測されている終末期がん患者の一日の過ごし方に対する意思決定の内容,日本がん看護学会誌, 27(1), 4-12.
    7. 江口瞳,寺澤孝文,片山はるみ(2011).入学初期の看護大学生が抱く看護師イメージの構造と職業的アイデンティティとの関連,山陽看護学研究会誌,Vol.1,No.1,21-30.
    8. 江口瞳,寺澤孝文(2009).看護実践に対する自己効力感と看護師イメージの関係性の検討-看護学生を対象とした学年間の比較-,地域環境保健福祉研究, 12(1), 15-25.
    9. 江口瞳,寺澤孝文(2008).看護学生の看護実践に対する自己効力感尺度の作成と信頼性・妥当性の検討,広島国際大学看護学ジャーナル, 5(1), 15-25.
    10. 江口瞳,寺澤孝文(2006),看護師イメージの因子構造と学年進行による看護師イメージ得点の変化,日本看護研究学会雑誌, 29(4), 71-80.

その他の社会的活動
  • 所属学会:日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本がん看護学会、日本看護医療学会、日本母性衛生学会、日本ヒューマン・ケア心理学会
  • 全国看護学校協議会教務主任養成講習会「看護研究」講師
  • 広島県看護教員養成講習会「看護理論」「看護倫理」講師
  • 兵庫県看護教員講習会「教育方法」講師
  • 兵庫県実習指導者講習会「看護学教育制度」「看護学教育課程」講師

学位
  • 博士(保健学):岡山大学大学院教育学研究科
  • 修士(教育学):岡山大学大学院保健学研究科

連絡先
  • hitomi_eguchi@sguc.ac.jp

[ 教授 ]笹谷 孝子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Takako Sasatani
主要担当科目
  • 看護学概論、基礎看護技術Ⅰ、基礎看護技術Ⅱ、基礎看護技術Ⅲ、基礎看護学実習Ⅰ、基礎看護学実習Ⅱ、総合実習、卒業研究、看護ゼミナール

専門
  • 基礎看護学、看護管理学

メッセージ
  • 教育者としてのモットーは教育とは“共育”であるということです。ご一緒に活躍の場が広く、奥深い看護学を学びましょう。

研究テーマ
  • 中堅看護師の継続教育および看護実践能力

研究業績
  • 笹谷孝子(2017): 中堅ジェネラリスト看護実践能力の病床規模別相違,第47回日本看護学会論文集看護管理2017年
  • 笹谷孝子(2016):専門看護師・認定看護師の存在が看護職の看護実践能力に与える影響 -A県中堅看護師への実態調査およびA病院看護師への意識調査-,全日本病院協会雑誌Vol 27-1
  • 笹谷孝子(2016):A県における人材育成システムの導入・活用状況と現任教育体制の病床間での比較,第46回日本看護学会論文集看護管理2016年.
  • Takako Sasatani(2015):Factors that affect clinical nursing competence and continuing education for Japanese mid-career generalist nurses,Bulletin of Health Sciences Kobe Volume 30

その他の社会的活動
  • 認定看護管理者として、看護協会等での研修講師を担当している。
    学位
    • 博士(保健学)

    連絡先
    • takako_sasatani@sguc.ac.jp

[ 教授 ]澤田 由美

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Yumi Sawata
主要担当科目
 精神看護学概論、精神看護学援助論、精神看護学実習、研究方法論、災害看護学、看護ゼミナール、卒業研究、総合実習

専門
 精神看護学、災害看護学

研究テーマ
 ・精神疾患患者の退院支援
 ・教育方法

[ 教授 ]田村 裕子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Hiroko Tamura
主要担当科目
 知的生き方概論、学校保健、養護概説、健康相談活動論、養護実習、教職実践演習(養護)、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

専門
 学校保健,養護教育

メッセージ
 児童生徒の健康の保持増進のために活動する養護教諭や学校保健についていっしょに学びましょう。

研究テーマ
 学校保健、健康教育、児童生徒の生活と健康


研究業績

 <著書>
 ・改訂版 養護教諭養成講座 学校における養護活動の展開;共著:ふくろう出版(2012)
 ・学校保健マニュアル;共著:南山堂(2010)
 ・最新学校保健安全ハンドブック;共著:教育開発研究所(2009)
 ・健康福祉学概論-健やかでいきいきとした暮らしづくり-;共著:朝倉書店(2008)
 ・新編 学校の危機管理読本;共著:教育開発研究所(2008)
 ・ケアのしごと基本百科~健康福祉援助技術~;共著:ひかりのくに(2006)

 <論文>
 ・平松恵子,田村裕子,菊永茂司:高校生の肥満度、抑うつ傾向、体力の関連ー高等学校における調査結果からー.学校保健研究2013;Vol.55 No.4:286-294.
 ・黒目恭子,柴田喜幸,七戸康夫,梶木繁之,岡本吉生,田村裕子,氏家良人:A県養護教員研修会における病院前救護グループワーク事例の分析.日本臨床救急医学雑誌2012;Vol.15,No.5:679-684.
 ・Hiroko Tamura, Takeshi Suzue, Fumihiko Jitsunari, Tomohiro Hirao : Evaluation of Carotid Arterial Intima-Media Thickness (IMT) and Its Relation to Clinical Parameters in Japanese Children. Acta Med. Okayama 2011:Vol.65,No.1;21-25.
 ・黒目恭子,氏家良人,岡本吉生,七戸康夫,田村裕子,津島義正:本邦の学校管理下における児童生徒の死亡・重度後遺障害例の検討と対策.日本救急医学会雑誌2010;21(12):943-949.
 ・Michiyo Okada, Takeshi Suzue, Hiroko Tamura, at al:A Survey on the Current Status of High-School Students’Sense of Self-Esteem
-Correlations between High-School Students’Sense of Self-Esteem and Satisfaction with School Life-.School Health 2009:Vol.5;1-8.
 ・田村裕子, 鈴江毅, 万波俊文 他:高校生の動脈硬化指数と動脈硬化関連因子の関連について.地域環境保健福祉研究2009;12(1):69-73.
 ・岡田倫代, 鈴江毅, 田村裕子他:定時制高校生における学校生活に対する満足感と肥満度(BMI)との関連性について A高校の実態調査より.地域環境保健福祉研究2009;12(1):45-49.
 ・岡田倫代, 鈴江毅, 田村裕子他:ピア・サポート活動が高校生の友達支援に与える影響について.四国公衆衛生学会雑誌2009;54(1):124-128.
 ・田村裕子, 鈴江毅, 万波俊文他:高校生の肥満と動脈硬化危険因子の関連.四国公衆衛生学会雑誌2009;54(1):134-138.
 ・岡田倫代, 鈴江毅, 田村裕子他:高校生における抑うつ状態に関する調査 Birleson自己記入式抑うつ評価尺度(DSRS-C)を用いて.児童青年精神医学とその近接領域2009;50(1):57-68.
 ・岡田倫代, 鈴江毅, 田村裕子他:高校生における友達支援と学校生活への満足感との関連 A県における実態調査からの検討.地域環境保健福祉研究2008;11(1):21-25.
 ・田村裕子, 鈴江毅, 岡田倫代他:高校生の性感染症に関する予防意識と喫煙・飲酒・薬物に関する意識の関連性について.四国公衆衛生学会雑誌2008;53(1):95-100.
 ・岡田倫代, 鈴江毅, 田村裕子他:高校生における悩みの相談対象に関する実態調査.四国公衆衛生学会雑誌2008;53(1):79-86.
 ・田村裕子, 前橋明, 鈴江毅他:児童の学校生活時における疲労の自覚症状とフリッカー値の状況.地域環境保健福祉研究2007;10(1):58-63.
 ・田村裕子, 鈴江毅, 岡田倫代他:高校生の精神的健康と食事摂取状況の関係について.四国公衆衛生学会雑誌2007;52(1):121-124.
 ・岡田倫代, 鈴江毅, 田村裕子他:ピア・サポート活動による高校生の自己像の変化について ピア・サポーターに応募・活動した生徒と一般生徒の「現実自己」と「理想自己」を比較して.四国公衆衛生学会雑誌2007;52(1):115-120.
 ・鈴江毅, 田村裕子, 岡田倫代他:地域における軽度発達障害児・者のサポートシステム構築について 特別支援教育に関連した専門家チーム・巡回相談活動報告.四国公衆衛生学会雑誌2007;52(1):101-106.
 ・田村裕子, 黄義龍, 前橋明他:幼少年期の健康福祉に関する研究(1)児童・生徒の睡眠時間・朝食摂取・元気さの実態とその課題.幼少児健康教育研究2005;12(2):41-49.  他

その他の社会的活動
 <所属学会>
 日本幼少児健康教育学会(常任理事)、日本学校保健学会(第53回日本学校保健学会座長)、中国・四国学校保健学会、日本思春期学会、日本小児保健学会、日本心身医学会、日本公衆衛生学会(第66回日本公衆衛生学会座長)、四国公衆衛生学会、日本地域看護学会 など

 <社会における活動>
 平成 7年度:岡山県新採用教員研修講師(主催:岡山県教育委員会)
 平成13年度:健康相談活動支援体制整備事業(文部科学省実施事業)に係る調査委員会委員(岡山県教育委員会より委嘱される)
 平成13年度:岡山県高等学校教育相談推進協議会委員(岡山県教育委員会より委嘱される)
 平成16年度:岡山県5年経験者教員研修講師(主催:岡山県教育委員会)
 平成14~16年度:岡山市中学校Bブロック養護部会研修会講師(主催:岡山市中学校教育研究会養護教諭部会)
 平成17年:平成17年度「児童生徒の心身の健康問題に対応するための指導」調査研究団としてアメリカ合衆国へ派遣される(主催:独立行政法人教員研修センター)
 平成19年:日本学校保健会「保健室利用状況調査委員会」委員として「養護教諭の専門性と保健室の機能を生かした保健室経営の進め方:日本学校保健会発行」の改訂に携わる(文部科学省スポーツ・青少年局学校健康教育課の推薦により岡山県教育委員会より委嘱される)
 平成19年:平成19年度養護教諭研修会講師(主催:岡山県総合教育センター)
 平成16~21年度:岡山県学校保健会養護教諭部会ブロック研究推進委員として、学校保健必携「養護教諭マニュアル」作成に携わる
 平成20・21年度:岡山県高等学校教育研究会養護部会副部会長
 平成20・21年度:岡山県学校保健会養護部会副部会長
 平成20・21年度:子どもの健康を守る地域専門家総合連携事業における学校保健推進協議会委員(岡山県教育委員会教育長より委嘱される) など
学位
 博士(医学)
 修士(教育学)

[ 教授 ]柘野 浩子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Hiroko Tsugeno

主要担当科目
成人看護学概論、成人看護学援助論、成人看護学実習、研究方法論、医療安全、看護ゼミナール、卒業研究、総合実習          


専門
 成人看護学、医療安全学

研究テーマ
  成人看護、医療安全、基礎看護教育

[ 教授 ]富岡 美佳

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Mika Tomioka
主要担当科目
 知的生き方概論、母性看護学概論、母性看護学援助論 母性看護学実習 総合実習 看護ゼミナール 卒業研究

専門
 母性看護学

研究業績
 <著書>
 1. わかりやすい介護技術演習 共著 ミネルヴァ書房 介護技術全書編集委員会 第?章 医療介護の介護技術演習 担当P133-144 
 2. 介護福祉概論 共著 ミネルヴァ書房 基礎からの社会福祉編集委員会編 第9章 終末期の介護福祉P133-142
 3. 看護学原論 平成21年9月南江堂 第?章 看護実践の社会的理解 3節 セクシュアリティP78-81 
 4. こんなときどうする? 困ったときの対応 平成21年4月 看護技術55巻5号【看護技術 こんなときどうする?困ったときの対応】
 5. ナースが臨床で出合う 困ったときの対応 平成22年3月 メディカルフレンド社 共著

 <論文>
 ・思春期の性成熟と自己意識 岡山県立大学大学院保健福祉学研究科修士論文 2004
 ・思春期の性成熟に伴う自己意識の構造化の検討 富岡美佳 横手芳惠 岡山県立大学保健福祉学部紀要13巻 2006
 ・中学生におけるライフスキルトレーニングを用いた性の健 康教育評価尺度開発の試み富岡美佳 佐藤ゆかり 関西福 祉大学研究紀要第10号 2007 
 ・A大学看護学部学生のワクチンプログラム INFECTION   CONTOROL16巻12号 三宅寿美、富岡美佳、礒村由美 2007
 ・学校性教育における養護教諭の抱える課題の検討 関西福 祉大学附置地域社会福祉政策研究所 2007
 ・ライフスキルトレーニングを用いた性教プログラムの開発 と評に関する研究(博士論文)岡山県立大学大学院保健福 祉学研究科博士論文 2008

その他の社会的活動
 日本看護科学学会会員、日本看護研究学会会員、母性衛生学会会員、日本助産学会会員 思春期学会会員、日本公衆衛生学会会員、学校保健学会会員、GID学会会員

学位
 看護学修士
 保健学博士

[ 教授 ]人見 裕江

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Hiroe Hitomi

[ 教授 ]目良 宣子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Nobuko Mera
主要担当科目
  • 地域の健康と看護、公衆衛生看護活動展開論、公衆衛生看護学演習Ⅰ・Ⅱ(支援技術、地域診断)公衆衛生看護学実習、地区活動実習、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

専門
  • 公衆衛生看護学

メッセージ
  • 教育・研究を通して、保健師の醍醐味をお伝えしていきます。4年間、ともに学び歩きましょう。よろしくお願いいたします。

研究テーマ
  • ひきこもりに関すること 社会的機能尺度(URL:http//ssofas.com/)の活用 高齢者保健 精神保健 母子保健 保健師活動

研究業績
  • <著書>
  • ひきこもりの心理支援心理職のための支援・介入ガイドライン:共著:一般社団法人日本臨床心理士会監修:金剛出版(2017)

  • <論文>
  • 市町村における精神保健福祉活動の現状と課題―相談を受けるうえでの保健師の悩み―:共著(筆頭):日本看護学会論文集(2017)
  • 早期離職した精神障害者における就労時の困りごとに関する一考察:共著:日本看護学会論文集(2017)
  • 子ども・若者のメンタルヘルス関係者が認識する保健師の存在感および保健師への期待:共著(筆頭):山陽看護学研究会誌(2016)
  • 地域におけるひきこもり支援の力の向上に関する一考察 岩手県A地域のひきこもり支援機関とスタッフへのアンケート調査を通して:共著:精神医学(2016)
  • 地域看護活動論実習の現状と課題 離島実習終了後の学生アンケートの分析結果より:共著(筆頭);看護教育(2014)

その他の社会的活動
  • (過去5年)
  • 奈良県青少年問題協議会委員
  • 京都府チーム絆スーパービジョン
  • 大阪府パーソナル・サポート・モデルプロジェクト事業専門家出張サポート登録専門委員
  • 堺市子ども・若者支援地域協議会委員
  • 全国保健師教育協議会中国ブロック委員
  • 岡山県看護協会学会委員

学位
  • 修士(学術)

連絡先
  • nobuko_mera@sguc.ac.jp

備考
  • 【資格】保健師、看護師、養護教諭専修免許、認定心理士

[ 教授 ]渡邉 都貴子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Tokiko Watanabe
主要担当科目
 感染看護学、総合実習、看護ゼミナール、卒業研究

[ 准教授 ]今村 恭子

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Kyoko Imamura
主要担当科目
  • 成人看護学援助論、成人看護学実習、看護ゼミナール、卒業研究

専門
  • 成人看護学

学位
  • 保健学修士

[ 准教授 ]奥山 真由美

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Mayumi Okuyama
主要担当科目
  • 学部教育:老年看護学概論、老年看護学援助論、老年看護学実習、 看護ゼミナール、卒業研究、総合実習、基礎看護学実習
  • 大学院教育:看護理論、在宅看護学特論、在宅看護学演習

専門
  • 老年看護学

メッセージ
  • 超高齢社会のなかで看護職の果たす役割はますます重要な位置づけになります。本学の学生が、専門職としての自らの責務を自覚するとともに、高度な看護実践能力を獲得し、人々の健康のために尽力できるよう教育を行っていきたいです。また、高齢化が進む中で、老年看護学の発展に寄与できる研究を行うこと、地域社会のために私たちのできること、やらなくてはならないことを見極め、取り組んでいきたいと思っています。

研究テーマ
    1. 高齢者の脱水症予防のケアに関する研究
    2. 加齢に伴う健康障害(特に骨粗鬆症、認知症)の予防に関する研究
    3. 老年看護学教育方法の開発とその評価に関する研究
    4. 臨床看護師の行う看護研究支援に関する研究

研究業績
    1. 地域高齢者の細胞外液量の減少をスクリーニングする腋窩皮膚温の有用性,奥山真由美, 道繁祐紀恵,田中愛子,目良宣子,上野瑞子,井田裕子,村田幸治,山陽看護学研究会誌,第6号,2017.
    2. 大学と地域のコラボレーションによる地域高齢者支援への挑戦―「物忘れ相談プログラム」の導入を契機に健康測定を実施して―,目良宣子,奥山真由美,道繁祐紀恵,上野端子,井田裕子,田中愛子,村田幸治,山陽看護学研究会誌,第6号,2017.
    3. 大学と地域連携によるA地区高齢者の精神機能の把握のための取り組み,上野瑞子,目良宣子, 井田裕子,奥山真由美, 道繁祐紀恵,田中愛子,村田幸治,山陽看護学研究会誌,第6号,2017.
    4. 特別養護老人ホームに入居中の要介護高齢者の脱水前段階の身体徴候-腋窩皮膚温・湿度,口腔内水分量,唾液成分との関連-,奥山真由美,西田真寿美,日本老年医学会雑誌,53(4),379-386,2016.
    5. 南太平洋諸島におけるヘルスツーリズムが精神的健康におよぼす影響,古屋敷明美,寺岡幸子,藤井宝恵,石崎文子,八橋孝介,奥山真由美,山根豊子,清水正弘,李ぜいえい,小林敏生,広島大学保健学ジャーナル,13(1・2),1-12,2016
    6. 高齢者の退院支援における看護実践能力育成のためのアクティブ・ラーニングを導入した老年看護学実習の評価,奥山真由美,道繁祐紀恵,杉野美和,甲谷愛子,山陽論叢,22巻,11-20,2015
    7. A地区在住の高齢者の認知症に対する認識と予防行動に関する研究,道繁祐紀恵,奥山真由美,甲谷 愛子,杉野 美和,山陽論叢,22巻,22-40,2015.
    8. 高齢者への事前指示書の普及に関する文献的考察,杉野美和,奥山真由美,道繁 祐紀恵,甲谷愛子,山陽論叢,22巻,21-27,2015.

その他の社会的活動
  • 日本看護協会、岡山県看護協会、日本老年看護学会、日本看護研究学会、日本看護医療学会  会員
  • 地域の看護職に対する研究サポート(岡山市立市民病院、四国こどもとおとなの医療センタ-等)
  • 岡山県看護協会「看護研究の実践-個別に学ぶ研究のコツ-」講師兼アドバイザー
  • 認定看護師教育課程「文献検索・文献購読」講師
  • 地域住民に対する公開講座の講師(公民館講座など)

学位
  • 博士(保健学)

連絡先
  • mayumi_okuyama@sguc.ac.jp

備考
  • 第24回日本老年医学会優秀論文賞を受賞いたしました。 テーマ「特別養護老人ホームに入居中の要介護高齢者の脱水前段階の身体徴候-腋窩皮膚温・湿度、口腔内水分量、唾液成分との関連-」 平成29年6月15日, 名古屋国際会議場にて表彰されました。

[ 准教授 ]中木 里実

カテゴリ:看護学研究科・助産学専攻科・看護学部
Satomi Nakagi