看護学部 看護学科

人間愛と創造性にあふれる看護のプロフェッショナルを育てます

少子高齢社会、在宅医療の進展、医療技術の高度化など、保健・医療・福祉を取り巻く環境は大きく変化し、看護の役割はますます重要となっています。看護職は、あらゆる健康レベルや年齢層の人々が、その人らしく前向きな健康生活が送れるように支援します。また、その学問基盤である看護学は、今後さらに発展する学問であることから、先進的な看護学を創造することができる人材が求められます。

看護学科では、本学教育の基本理念である「愛と奉仕」の精神を培うことによって、倫理観に富んだ人間性を育み、保健・医療・福祉を総合的な視野で捉えられる看護職の育成を目指しています。

将来、看護職として活躍するという目的意識をもち、人間を愛し、豊かな感受性・創造性を備えた皆様を歓迎します。

取得可能な免許・資格
看護師国家試験受験資格
保健師国家試験受験資格(選択/選抜)
養護教諭一種免許状(選択/選抜)
卒業後の進路
看護師 保健師 養護教諭
大学院進学 助産学専攻科進学 等
看護学科

学びの特色

豊かな実習環境が整っています。

臨地実習は、岡山市内の中心地に位置する岡山赤十字病院、岡山市立市民病院、岡山大学病院などで行います。これらの病院には本学あるいは岡山駅から自転車でも通えます。学内にも最先端の看護学教育機器を備えています。

経験豊富な教員組織が充実しています。

看護学教育に携わってきたベテラン教授陣及び最新の医療現場を知る若手教員が、講義や実習指導を行います。さらにアドバイザー制度を設け、担当教員が学生の学修・進路相談などに応じます。

地域に貢献できる看護職者を育成します。

地域住民の保健・医療・福祉ニーズに応え、実習施設と連携して看護学の実践・教育・研究を行い、看護学の質的向上を目指します。学生のボランティア活動も活発で、地域社会に貢献しています。

カリキュラム

看護学科カリキュラム

国家試験対策

看護師・保健師国家試験対策

ポイント①

看護学部では、1年次から国家試験に向けての意識づけと医学及び看護等の基礎学力の強化に取り組みます。各学年末には学んだ科目についての模擬試験を実施し、学生一人ひとりの学力と学習進度の状況を把握して対策に活かしています。

ポイント②

学生一人ひとりに対して、アドバイザー教員やゼミ担当教員など、複数の教員が協力して学生の個々の成績などに合わせて国家試験対策指導を実施しています。

ポイント③

4年次には、科目担当教員による国家試験対策として通年で対策講座を実施します。そして、全国模擬試験の実施とその結果から個別指導を行う等、看護学部教員が一丸となって学生の合格を目指して支援しています。

ポイント④

保健師国家試験対策については、4年次の9月から開始します。全国模擬試験の実施とその結果に応じて強化学習日を1週間の内に1日設定するなど、看護師国家試験対策との両立を図っています。

奨学金制度

病院関係看護学生奨学金制度

本学看護学科生で、卒業後、病院に看護師として勤務する学生を対象に、下記の病院が独自に金額や条件等を定め、病院独自の選考基準に基づき奨学金の貸し付けを行っています。
※奨学金を希望する場合は、個人で申請を行う必要があります。

1. 奨学金を貸与する施設名
岡山赤十字病院(岡山市) 岡山旭東病院(岡山市) 心臓病センター榊原病院(岡山市) 岡山労災病院(岡山市) 河田病院(岡山市) 慈圭病院(岡山市) 岡山中央病院(岡山市) 倉敷平成病院(倉敷市) 水島協同病院(倉敷市) 国立病院機構松江医療センター(島根県松江市) 松江生協病院(島根県松江市) 他

2. 貸与額
月額30,000〜90,000円

3. 貸与期間
原則3年(2年次生から申請、ただし各施設により異なります)

4. 返還の免除
原則として、奨学金の貸与を受けた者が、当該病院に看護職として採用された場合、在職中は返還が猶予されます。また、奨学金が貸与された病院に勤務する期間が、貸与期間を越えたときは全額免除され、勤務年数が貸与期間に満たないときは一部免除されます。
※各施設によって異なります。

入学金・授業料等

主な就職先

主な就職先(平成24年度〜平成28年度)

看護師
岡山県内
岡山赤十字病院 岡山市民病院 岡山大学病院 岡山ろうさい病院 川崎医科大学総合医療センター 心臓病センター榊原病院 岡山済生会総合病院 川崎医科大学附属病院 岡山中央病院 岡山旭東病院 倉敷平成病院 岡山医療センター 河田病院 岡山県精神科医療センター 倉敷中央病院 慈圭病院

岡山県外
香川大学医学部附属病院 島根大学医学部附属病院 山口大学医学部附属病院 琉球大学医学部附属病院 東海大学医学部付属病院 東邦大学医療センター 神戸大学医学部附属病院 大阪大学 医学部附属病院 京都大学医学部附属病院 名古屋大学医学部附属病院 東京大学医科学研究所附属病院 香川県立中央病院 国立大学病院機構福岡病院 神戸市民病院機構 西神戸医療センター 広島西医療センター 高松医療センター 四国こどもとおとなの医療センター 鳥取県立中央病院 兵庫県立こども病院

保健師
岡山県 岡山市 岡山ふれあい公社 備前市 高梁市 吉備中央町 井原市 坂出市 日本鋼管福山病院 総合病院松江生協病院

養護教諭(養護助教諭含む)
島根県立高等学校 別府市立中学校 四万十市立中学校

卒業生からのメッセージ

見捨てずにいてくれた先生 いつかは恩返しがしたい

思い返せば1年生の時、私は看護学生としての自覚がありませんでした。髪は金髪で授業中に居眠りしたり。ある日ふと、こんな自分が看護師になったら、私の患者さんは不運だろうなと思いました。それから真剣に取り組むようになりました。

看護師と養護教諭一級の資格を取りたかったので、毎日9時から夕方6時まで授業を入れていました。挫けそうになったこともありますが、養護教諭の授業の先生は、時には厳しく、そして絶対に見捨てず指導してくださいました。アドバイザーの先生も親身になって私を支えてくださいました。

今は整形外科と小児科の入院患者さんを担当しています。怪我や病気が良くなって「元気をもらったよ」と言われると嬉しくてやる気が湧きます。ここで精一杯働くことが、実習で出会った患者さんや先生方への恩返しだと思っています。

ポリシー

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

学力向上のため、入学前学習の指導・初年次教育・キャリア教育・専門教育・国家試験対策・就職支援までの一貫した系統的学習を終了し、学修成果が認められることにより学位(看護学)を授与する。

  1. 幅広い教養を基盤とした豊かな人間性と倫理観を備え、コミュニケーション能力を十分に修得し、実践できること。
  2. 看護学に関する専門的知識・技術を修得し、あらゆる健康レベルや場における、科学的根拠に基づく的確な判断能力と問題解決能力を培い、これらを基盤とした看護実践能力を身に付けたと認められること。
  3. 医療の高度化・複雑化・多様化に対応し、科学的かつ最新、最善の看護を実践するため、専門性の深化や役割の広がりに応じ継続的に自己研鑽できると認められること。
  4. チーム医療の推進や職種間との役割分担・連携の進展に対応し、看護の専門性と役割を認識し、職種間の協調性と調整能力を身につけたと認められること。
  5. 地域における保健・医療・福祉ニーズを見極め、地域住民の健康生活を支援できる能力を体得したと認められること。
(卒業要件)

本学部を卒業するためには、4年以上在学し、かつ「共通教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」の区分ごとに定められた単位数を修得し、全体で「卒業するために必要な総単位数」以上を修得していることが必要となる。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

本学教育の基本理念である「愛と奉仕」の精神をもとに、山陽スタンダード科目としての「知的生き方概論」「人間学」等の教養教育の重視、教養教育と専門教育の有機的連携が確保できるよう、教育課程を編成する。また、学科アクティブラーニング(主体的能動的学習)の導入により、教育研究・社会活動・地域貢献の活性化を目指す。

  1. 教育課程を「共通(全学・学部共通)教育科目」と「専門教育科目」に分け、専門教育科目をさらに「専門基礎科目」と「専門科目」に区分した。学年進行に伴って段階的に身につけるべき能力に対応できるよう、課程編成の主要概念を人間、健康、社会、環境、看護とする。
  2. 「共通教育科目」は、豊かな教養と人間愛を備え、科学的思考法を体得し、将来さまざまな看護場面に対応できるための基礎となる科目群を設定した。また初年次教育として、大学での学問に必要なスキルや、人間関係を確立するためのコミュニケーションなどを学ぶための科目を設ける。
  3. 「専門基礎科目」は、看護学を支持する科目で、人間、健康、社会、環境に関する理解を深め、健康、疾病、生活に関する理解に基づいた判断能力、調整能力が発揮できるための基礎となる科目群を設定する。
  4. 「専門科目」は看護学の知識・理論と技術を深めるもので、対象者の健康レベル、ライフサイクルに対応する看護に必要な知識・技術を修得するための科目群を設定する。特に、各看護学領域では、先ずそれぞれの看護学概論を学修した後に援助論・技術を学び、理論、知識、技術を統合するために臨地実習を行うよう構成する。
  5. 授業科目は上記の科目に加え、養護教諭一種免許に必要な科目(選択)を合わせた科目で構成される。
(学修の評価のあり方)

学修の評価は、シラバスに記載されている【成績評価の方法・基準】(筆記試験、論文、実技、出席状況等)に基づいて科目担当教員が行う。成績の評価は、100点を満点、60点以上を合格として単位を認定する。

(2年次生から3年次生への進級要件)

3年次科目を履修登録するためには、2年次後期までの看護師教育課程の必修科目の単位を修得し、かつ累積GPA値1.00以上又は前年度GPA値1.00以上でなければならない。

アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

看護学部は「愛と奉仕」の建学理念をもとに、豊かな教養と人間愛を備え、科学的思考法と専門的知識・技術を体得し、社会的に信頼される看護専門職者を育成することを教育目的とする。

この目的を実現するため、教育課程編成の主要概念を「人間」「健康」「社会」「環境」「看護」とし、共通教育科目と専門教育科目に大きく区分されたカリキュラムをもとに、あらゆる人に質の高い看護を提供できる看護専門職者の育成を目指す。

こうした観点に立ち、本学部では次に掲げるような人を望ましい学生像とし、積極的に受け入れたいと考えている。

  1. 看護学に関する専門的知識・技術を学び、将来看護専門職として活躍したいという意欲のある人
  2. 人間を愛し思いやりと優しさをもって、あらゆる人々とコミュニケーションがとれる人
  3. 社会状況の変化に対応し、専門職業人として生涯にわたり積極的に自己研鑽をしていける人
  4. 保健・医療・福祉サービスの質的向上を目指し、地域社会や国際社会に貢献したいという強い意志をもつ人