看護学部 看護学科

人間愛と創造性に充ち溢れ
地域社会の医療・保健・養護を担う
看護のプロフェッショナルを育みます

社会の少子高齢化、高まる在宅医療へのニーズ、日々進化する医療技術、保健・医療・福祉を取り巻く環境は変化し続けています。そうした状況下、看護職の役割も大きく変化し、あらゆる健康レベルにある幅広い年齢層の人々が、その人らしく生きるための支援をする必要性や重要性は、増す一方です。また、それらの基盤となる学問としての看護学を創造的に発展させる人材も求められています。

これらをふまえ、「愛と奉仕」を教育理念とする山陽学園大学「看護学科」は、倫理観に富む人間性によって保健・医療・福祉を幅広い視野で捉える看護職の育成をめざしています。“ひと”を愛し、豊かな感受性と創造性をもつ看護職となり、地域に貢献するための学びがここにあります。

取得可能な免許・資格
看護師国家試験受験資格
保健師国家試験受験資格(選択/選抜)
養護教諭一種免許状(選択/選抜)

卒業後のステージ
看護師
保健師
養護教諭
大学院進学
助産学専攻科進学 など

主な就職先はこちら
看護学部看護学科

学びの特色

豊かな実習環境が整っています。

臨地実習は、岡山市内の中心地に位置する岡山赤十字病院、岡山市立市民病院、岡山大学病院などで行います。これらの病院には本学あるいは岡山駅から自転車でも通えます。学内にも最先端の看護学教育機器を備えています。

ポイント1_豊かな実習環境
経験豊富な教員組織が充実しています。

看護学教育に携わってきたベテラン教授陣及び最新の医療現場を知る若手教員が、講義や実習指導を行います。さらにアドバイザー制度を設け、担当教員が学生の学修・進路相談などに応じます。

ポイント2_教員組織が充実
地域に貢献できる看護職者を育成します。

地域住民の保健・医療・福祉ニーズに応え、実習施設と連携して看護学の実践・教育・研究を行い、看護学の質的向上を目指します。学生のボランティア活動も活発で、地域社会に貢献しています。

ポイント3_地域に貢献

国家試験対策

平成29年度 看護師国家試験 合格率100%

ポイント①

看護学部では、1年次から国家試験に向けての意識づけと医学及び看護等の基礎学力の強化に取り組みます。各学年末には学んだ科目についての模擬試験を実施し、学生一人ひとりの学力と学習進度の状況を把握して対策に活かしています。

ポイント②

学生一人ひとりに対して、アドバイザー教員やゼミ担当教員など、複数の教員が協力して学生の個々の成績などに合わせて国家試験対策指導を実施しています。

ポイント③

4年次には、科目担当教員による国家試験対策として通年で対策講座を実施します。そして、全国模擬試験の実施とその結果から個別指導を行う等、看護学部教員が一丸となって学生の合格を目指して支援しています。

ポイント④

保健師国家試験対策については、4年次の9月から開始します。全国模擬試験の実施とその結果に応じて強化学習日を1週間の内に1日設定するなど、看護師国家試験対策との両立を図っています。

奨学金制度

病院関係看護学生 奨学金制度

本学看護学科生で、卒業後、病院に看護師として勤務する学生を対象に、右記の病院が独自に金額や条件等を定め、病院独自の選考基準に基づき奨学金の貸し付けを行っています。
※奨学金を希望する場合は、個人で申請を行う必要があります。

1. 奨学金を貸与する施設名
岡山赤十字病院(岡山市)
岡山旭東病院(岡山市)
心臓病センター榊原病院(岡山市)
岡山労災病院(岡山市)
河田病院(岡山市)
慈圭病院(岡山市)
岡山中央病院(岡山市)
倉敷平成病院(倉敷市)
水島協同病院(倉敷市)
国立病院機構松江医療センター(島根県松江市)
松江生協病院(島根県松江市) ほか
2. 貸与額
月額30,000〜90,000円
3. 貸与期間
原則3年(2年次生から申請、ただし各施設により異なります)
4. 返還の免除
原則として、奨学金の貸与を受けた者が、当該病院に看護職として採用された場合、在職中は返還が猶予されます。また、奨学金が貸与された病院に勤務する期間が、貸与期間を越えたときは全額免除され、勤務年数が貸与期間に満たないときは一部免除されます。
※各施設によって異なります。

卒業生の声

卒業生Message
実践につながる学びを活かし、集中治療室(ICU)で“いのち”に日々向きあっています

勤務する「岡山赤十字病院」では入職時から集中治療室(ICU)に配属され、かけがえのない“いのち”と日々向きあっています。重篤な脳出血の急患を受け入れることも多く、開頭手術前後の集中ケアや24時間体制の「T-PA療法」も日常的に取り組んでいます。こうした職務にはプレッシャーも感じますが、それを“やりがい”と思えるのは在学中、実践的な学びに打ち込んだ成果です。

さらに臨床に立つ前の1年間、没頭した研究を通じて培った観察力や分析力もとても役立っています。ICUでのケアも3年目を迎え、四年制の山陽学園大学でナースをめざし、じっくり学んで良かったと振り返る日も少なくありません。

保健師になったきっかけは、在学中の実習で得た“感動”です

「このまちで一緒におっきくなろうね」。在学中の実習時、この言葉を保健師の方が赤ちゃんにおっしゃったとき、地域に転入されてきたばかりのお母さんが笑顔になったのです。

その瞬間、「この方のような仕事がしたい」と思ったのが、坂出市役所で保健師を務める今に向かっていく第一歩。誰もが住みやすく健康的な“まちづくり”をめざし、4年間の学びを活かして日々保健業務に励んでいます。

保健室では4年間の学びを発揮し、多感な生徒に寄り添っています

私自身が中学生や高校生の頃、よく遊びに行っていた保健室の先生が大好きでした。そうして憧れるようになっていた養護教諭をめざして看護学科に進学、夢を大学と同じ山陽学園の中学校・高校で叶えることができたのは、いつも親身になって支えてくださった先生方のおかげです。

健康相談や体調不良などのケアに加え、多感な生徒に寄り添う毎日を過ごしています。

看護に携われる喜びと情熱を持ち続けたい

勤務している岡山大学病院は、山陽学園大学在学中に、実習でお世話になった病院です。学生だった当時、高度な医療現場での経験はとても刺激的で、看護師をはじめ、スタッフのみなさんが自分の仕事に誇りを持ってイキイキと働いている姿に感銘を受けました。学生時代は、勉強に対して前向きに取り組めない時もあり、看護師を目指す学生として少し自覚に欠けるところがありました。でも、そんな私を先生方は決して見捨てることなく向き合ってくださいました。今の私があるのは、学生と教員の距離が近いあの環境があってこそのものだと思っています。

現在は、外科病棟で手術前後の看護ケアを行っています。まだ経験が浅く勉強の毎日ですが、看護に携われる喜びと、仕事に対する情熱をいつまでも忘れずに、患者さんと向き合っていきたいです。