健康栄養学科

学生一人ひとりに向きあう
手厚い指導により人々の健康を支える
栄養士を育成します

ライフスタイルの多様化に伴い、食生活も多様化しています。これにより不規則な食習慣や栄養バランスの偏りなどの問題が生じており、健全な食生活を取り戻すことは社会的な課題になっています。また、“食”を大切にする心や優れた食文化を地域でどのように継承していくかという課題も浮上しています。これらの解決に向けて、栄養士が果たす役割は大きく、社会からも大きな期待が寄せられています。

人山陽学園短期大学「健康栄養学科」では、人体、栄養、食品、調理、給食管理、栄養指導などの幅広い分野を体系的に学べるカリキュラムに沿って“健康”と“栄養”に関する専門的な知識と実践力をもつ栄養士を2年間(あるいは3年間*)で育成する教育を展開しています。

*午前中のみ授業を受け、通常2年間のカリキュラムを3年間で学ぶ「3年コース」も選択できます。
取得可能な免許・資格
栄養士免許
管理栄養士 国家試験受験資格(要実務経験)
社会福祉主事任用資格
販売従事登録証(任意)
卒業後のステージ
栄養士:保育所、高齢者福祉施設、病院、学校、食品関連企業
社会福祉主事:都道府県の保健所、市町村保健センター、企業の健康保険組合、地域包括支援センター など

主な就職先はこちら
健康栄養学科2

学びの特色

基礎からしっかり学べる栄養士養成校
山陽学園短期大学「健康栄養学科」は岡山県南地域で唯一の厚生労働大臣指定の栄養士養成施設です。
体系的に学べるように工夫されたカリキュラムに沿って基礎から段階的に学び、栄養士に必要な知識と技能、実践力を身につけていきます。
基礎からしっかり学べる栄養士養成校
キャンパス内の附属幼稚園での実習
キャンパス内にある山陽学園短期大学附属幼稚園の園児を対象に給食管理や栄養指導などの実習を行います。将来、保育所や認定こども園などで子どもたちの健康を支える栄養士をめざすには、最適な学修環境です。
キャンパス内の附属幼稚園での実習
豊富なビジュアル教材による直感的でわかりやすい授業
料理サンプルなどのビジュアル教材を用いる授業には、視覚を通じて栄養バランスを理解できるメリットがあります。人に優しいユニバーサルデザイン食器にふれる学びもあり、知識の幅が広がります。
豊富なビジュアル教材による直感的でわかりやすい授業
就職に直結する実践的でわかりやすい指導
恵まれた実習環境、充実した設備が整備されています。
さらに栄養士経験を豊富にもつ教員による丁寧でわかりやすい指導を通じ、現場で求められる実践力を修得し、給食受託企業や保育所、高齢者福祉施設、医療機関、食品メーカーなどへの就職を実現しています。
就職に直結する実践的でわかりやすい指導
TOPICS
自身で選んだ研究テーマに基づき、少人数制で主体的に取り組む
ゼミ形式の専門演習II


専門教育科目「専門演習II」は少人数制で主体的に取り組むゼミ形式の授業です。2018年度では、それまでの学びを通じて関心を抱き、自ら選んだ「製菓と調理科学」、「スポーツ栄養」、「健康に関わる食品の機能性」、「岡山市中区公民館での栄養指導」といったテーマで研究や活動に取り組み、栄養士としてのキャリア・アップにつながる専門性や“強み”を獲得していきました。
地域との共生

Q&A

食物栄養学科についてもっと教えて!
Q. 実務を体験する学外実習はどんな施設で行うのですか?
2年次に合計2週間、学校や保育所、病院、高齢者福祉施設、事業所などの給食施設で行います。
こうした学外実習では栄養指導や給食管理の業務を実際に体験しながら、専門職としての栄養士の職務や役割、使命を再確認していきます。
Q. 栄養士と管理栄養士はなにがちがうのですか?
「栄養士」は概ね健康な特定多数の人を主な対象とする栄養指導や給食管理を行います。
「管理栄養士」は傷病者の療養に必要な栄養指導、そうした業務に関するマネジメント、特定給食施設の運営管理などを行います。
Q. 栄養士と調理師はなにがちがうのですか?
「栄養士」の主な業務は人々の健康の保持・増進を目的とした栄養指導や給食管理。
個人あるいは集団の食生活の改善や栄養管理などに取り組みます。
「調理師」は飲食店やホテル、給食施設の厨房で料理をつくるのが主な仕事です。
Q. 栄養士に期待されているのはどういったことですか?
期待されているのは栄養バランスのとれた給食の提供です。
給食の現場では献立作成や調理、衛生管理などを担います。
社会的には国民の健康課題をふまえ、“食”を通じて人々の健康の保持・増進を担うことも大いに期待されています。
Q. 理系が苦手で化学実験などを経験してなくても大丈夫ですか?
栄養士に求められる知識を身につけるには、化学の基礎知識が必要です。
但し本学では化学を基礎から丁寧に指導、段階的に学び進めるため、理系に苦手意識があっても大丈夫です。
実験も同様であり、経験がなくても問題ありません。
Q. 卒業後はどんなところへ就職するのですか?
保育所、病院、高齢者福祉施設、各種学校や企業の給食を受託する給食会社、食品メーカーなど、栄養士としての就職先は多岐にわたります。
管理栄養士養成校の3年次に編入学し、管理栄養士をめざすという進路もあります。

卒業生の声

卒業生Message
頑張ってつくった給食や“おやつ”で子どもたちを笑顔にしています

頑張ってつくった給食や“おやつ”を子どもたちがよろこび、笑顔になってくれるとき、「保育園の栄養士になって良かった!!」と心から思います。そんな充実感が得られるのは、学外実習でハードな大量調理を経験していたから。

献立作成や食材の発注、調理、おたよりの作成まで、幅広く仕事が任せてもらえるのは、難しく感じた栄養学の勉強を親身になって教えてくださった先生方のおかげです。

高齢者福祉施設での献立作成に、豊富だった実習を活かしています

高齢者福祉施設に専門特化し、給食受託を広域展開するナリコマエンタープライズ株式会社に栄養士として勤めています。配属施設での主な仕事は、献立作成と食材発注ですが、調理や盛り付け、配膳なども行っています。

今は利用者の皆さんから寄せられる「美味しかったよ」の言葉が仕事の励みになっており、在学中の豊富な実習や現場体験が活かせていることを日々うれしく思っています。

短大での充実した学びを土台に、チーム医療に携わっています

短大卒業後の実務経験を活かして管理栄養士の資格を取得、笠岡市立市民病院で多職種と連携するチーム医療に携わっています。主な担当業務は治療に則した栄養サポートですが、その土台は在学中の学びにあり、培ったアレルゲン対応の知識や糖尿病食の献立作成などのスキルがとても役立っています。

先生方も常に手厚く指導してくださり、楽しく充実した2年間への感謝は今も胸中にいっぱいです。

食事を通して健康に貢献できる素晴らしい仕事です

実は私、就活時期になっても栄養士としてどんな場所で働きたいかというビジョンが定まっていませんでした。キャリアセンターで相談をしたところ、幅広い事業所に展開しているということで、今働いている給食委託会社を紹介していただきました。

入社後、配属された事業所は老人ホームです。ここでは、50人分の朝・昼・夕食・おやつを提供。業務は、仕込み・調理・盛り付け・洗浄・事務作業まで、食事提供に関わる一連の業務を行っています。現場での仕事は大変だと思われるかもしれませんが、利用者さんからの「おいしかったよ」の言葉や、喜ぶ顔は私の原動力。季節の行事に合わせた特別メニューやおやつは特に喜んでもらえるので、楽しいし力も入ります。

栄養士は、食事を通して人の健康に貢献できる素晴らしい仕事です。今後も利用者さんの声に真摯に向き合い、笑顔を引き出せる食事を提供したいです。