新着ニュース

学長メッセージ「今こそ問われる一人ひとりの行動
 若者層の感染拡大に際して」

掲載日:2020年7月28日
カテゴリ:その他
2020年7月28日
学長メッセージ
今こそ問われる一人ひとりの行動
若者層の感染拡大に際して

学生の皆様へ

 皆さんもご存じのように、7月中旬以降、全国的にも、また岡山におきましても新型コロナ感染者数が激増しています。その感染者に若い人たちが多く見られ、大学生の発症も各大学の公表から私たちの知るところになっています。これまで誰も経験しなかった状況の中で、皆さんは、新しい学びのスタイルに取り組んで来られましたが、前期末も近づきそれぞれに前期試験等まとめの準備に入っておられることと思います。卒業までの限られた期間に、どうしても必要な学びを終えなければならない学生の皆さんの置かれている状況を考えますと、私たち教職員も日々苦悩しております。

 しかし、不安であるからと言って何もしないわけにはいきません。私たち全員で、お互いの命と健康を守るため、日々の行動を常に自戒し、「新しい生活様式」を守ってまいりましょう。三密を避けるため大学側も授業スタイルを多様にして工夫していることは、皆さんもよくご存じのことでしょう。マスクの着用や手洗い・手指消毒、使った机や椅子等の消毒の実施など、皆さんの日頃のご協力には、感謝いたしております。

 今回改めて、学長メッセージを発信させて頂くのは、言うまでもありませんが、再度皆さん自身の行動を省みてくださることを注意喚起したいからです。一人ひとりの行動が、今こそ問われています。風邪症状等体調が悪い場合には、自分のため共に学ぶ学友のためにも、登校はしないでください。早めに病院で受診してください。また、感染拡大地域への移動は自粛してください。採用試験などのやむを得ない往来には、HPで示しているように事前申請や帰岡後の自宅待機などの学内ルールを必ず守ってください。

 キャンパスでの生活を、今一度自らを厳しい目で見つめてください。食べ物や飲み物を摂る際、マスクを外しますが、この時こそ危険なのです。これまで楽しく語らいながら食事をしてこられたと思いますが、「新しい生活様式」ではそれが出来ないのです。なぜならご存知のように、新型コロナウイルス感染症は、若者では、無症状であっても、唾液の飛沫によって、ウイルスを他者に感染させている場合があるという事実があるからです。マスクを外す際には、くれぐれも気をつけてください。

 一人ひとりの行動が、本学の学生だけでなく、それぞれのご家族、地域の多くの皆様の人生に大きな影響を及ぼしてしまうことを自覚して、互いに感染防止に努めていただきますようお願いいたします。人類の歴史的一大事に、私たちは不運にも遭遇してしまいましたが、人間の英知をもって、「新しい生活様式」を遵守しながら、ご一緒に未来を切り拓いてまいりましょう。


山陽学園大学  
山陽学園短期大学
学長 齊藤育子