助産学 専攻科(1年課程)

平成28年度開設が文部科学省より認可されました。

助産学専攻科は生まれたての科です(平成28年度開設が文部科学省より認可)。「助産師」の活動の場に関して、現在そのほとんどが病院や診療所に勤務する勤務助産師です。しかし今後、多くの時間を労働環境で過ごす女性にとって、病院などの医療機関に限らず、地域社会に根差した企業やコミュニティー「助産師」は重要なキーパーソンになるかもしれません。
女性と家族のライフサイクル全般において、安全で質の高い助産実践能力を培い、地域社会、国際社会の母子保健に貢献できる助産師を育成することを目的としてています。

  資格・免許 
助産師国家試験受験資格
受胎調節実地指導員
新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)

助産学_topimage

1年間の学びの特色とカリキュラム

助産学_1年間-1
■ 助産学基礎領域
助産師としての責任と使命、助産診断、助産実践に必要な助産専門分野に対応するための基礎を学びます。
助産学概論、ヒューマンセクシュアリティ論、家族社会学 など。
助産学_1年間-2
■ 助産学実践領域
高度化する周産期医療に対応できる専門的知識・技術を学び、実習を通して実践能力を養うとともに助産実践の対象となる全ての人に対して、敬意を持ち、倫理的な態度で人と人との関係を築くことのできる能力を身に付けます。
助産診断学・技術学、フィジカルアセスメント、助産学実習 など。

■ 助産学関連領域
安全で対象者のニーズを満たすことのできるケアが提供でき、地域の母子保健に貢献できる能力を養います。
周産期代替補完療法、ウイメンズヘルスケア論、母子のスポーツ科学 など。

■ 国家試験対策
年間2回(11月・1月)の「助産師国家試験」対策模試、臨地実習と並行した国家試験対策課題の実施、実習終了後からの国家試験強化月間により、全学生の合格を目指します。

学生の方へのメッセージ

助産学専攻科専攻科長_挨拶
本専攻科では、本学の基本理念である「愛と奉仕」を基盤として、女性と家族が安心して出産や育児ができ、生涯をとおして健康な生活が送れることの支援ができる助産師を育成します。

ポリシー

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

助産学専攻科は,女性と家族のライフサイクル全般において、安全で質の高い助産実践能力を培い、地域社会、国際社会の母子保健に貢献できる助産師の育成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めたものに対して修了証を授与する。

 

1.助産実践の対象となる全ての人に対して、敬意を持ち、温かく接すことができ、倫理的な態度で人と人との関係を築くことができる。

2.高度化する周産期医療に対応できる専門的知識と、技術を持ち,安全で対象者のニーズを満たすことのできるケアが提供できる。

3.助産師として女性の各期のリプロダクティブヘルス/ライツに関するアセスメント支援ができ、地域の母子保健に貢献できる。

4.自立した助産師としての責任と使命を認識し、変化のある社会において、生涯にわたり、自己研鑽ができる

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

修了証書授与に要求される能力を修得するために、助産学専攻科は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

〈助産における倫理的課題に対応する能力〉〈マタニティケア能力〉〈性と生殖のケア能力〉〈専門的自律能力〉を主機能として、「助産学基礎領域」「実践助産学」「助産学関連領域」を設定して科目を配置する。

1.「助産学基礎領域」8科目は、助産学の基礎となる知識として概念や、倫理、人権について学び、助産師に求められる能力として〈助産における倫理的課題に対応する能力〉〈マタニティケア能力〉〈性と生殖のケア能力〉を培い、助産師としてのアイデンティティの基礎を築く科目群を設定した。

2.「実践助産学領域」13科目は、助産診断・技術を学び、助産ケアと助産管理、地域母子保健についても知識と技術を修得できるように配置した。助産師に求められる能力として〈助産における倫理的課題に対応する能力〉〈マタニティケア能力〉〈性と生殖のケア能力〉〈専門的自律能力〉を培い、自律した助産活動が実践できるように講義・演習・実習科目を設定した。

3.「助産学関連領域」3科目は、助産実践を行うための女性のセルフケアの向上を目指し、女性とその家族のライフサイクルにおける課題に対応するための助産活動に必要な知識・技術を修得する科目群を設定した。

4.学習過程においては、グルー プ討議や課題学習、結果の発表などのアクティブラーニングを実施する。

(学修成果の評価のあり方)

定期試験による総合評価、OSCEObjective Structured Clinical Examination 客観的臨床能力試験)による技術到達度評価、レポート課題の提出や課題に対するプレゼンテーション等を通じて学生自ら学習への取り組みの成果を示すことができること、及び学生から示されたそれらの成果が学修の成果として認められることをもって、学修成果の評価を行う。

アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

本専攻科では、本学の基本理念である「愛と奉仕」を基盤として、女性と家族が安心して出産や育児ができ、生涯をとおして健康な生活が送れることの支援ができる助産師を育成します。

本専攻科では次に揚げるような人を望ましい学生像とし、積極的に受け入れたいと考えています。

1.命の誕生に真摯に向き合い、責任のある行動ができる力を持っている人

2.高い倫理観を持ち、誠実な態度で助産学を追究することができる人

3.人と人との関係性を大切にし,地域の母子保健の向上を目指すことのできる人

ホットニュース

ホットニュースでは、日々の学生生活や活動をご覧いただけます。