教員紹介

[ 教授 ]清水 律子

カテゴリ:総合人間学部 言語文化学科
Ritsuko Shimizu
清水
主要担当科目
 英語総合読解、英語セルフ・アクセス、英語の構造A、児童英語、英語科教育法 など

専門
 英語教育学

メッセージ
 子ども英語について研究することは、私達に英語学習を根本から問い直す機会を与えてくれます。英語を使えるようになるために最も大切なものは何か、人はどのように言語を学ぶか、効果的な学習活動の特徴は、など、自分の英語学習を振り返り、見直すきっかけにもなります。

研究テーマ
 ・大学英語教育における動機づけに関する研究
 ・学習ストラテジーと自主学習活動
 ・小学校外国語活動を支える教員研修の在り方

研究業績
 ・"Investigating Learners' Reflection: A Path towards Self-Direction" 中国地区英語教育学会研究紀要第36巻
 ・"Extensive Reading In the Self-Access Pogram"『英語教育実践学』開隆堂
 ・"L2 Learning Motivations of Japanese College Students: A Survey 1" 山陽論叢第20巻

その他の社会的活動
 ・大学英語教育学会
 ・中国地区英語教育学会
 ・全国英語教育学会
 ・日本児童英語教育学会

学位
 英語教育学修士

[ 教授 ]Stephen RYAN

カテゴリ:総合人間学部 言語文化学科
Stephen RYAN
主要担当科目
  • 英語総合読解、検定英語、英語表現、ヨーロッパの歴史と文化、英語セルフ・アクセス、英語聴取表現、英文読解

専門
  • 英語教育・異文化コミュニケーション

メッセージ
  • 一人ひとりの心の中、異文化理解の元に共生的に暮らして、平和を作りましょう。

研究テーマ
  • 新しい体験(特に異文化体験、例えば留学や海外研修)はどうやって学習になるか。

研究業績
  • Ryan, S. M. (1993). Rhetoric: A Course for Students at Kobe College. Nishinomiya: 自費出版.
  • 深山晶子 and Ryan, S. M. (1995). The Technology of Tomorrow. Tokyo: 三修社.
  • Ryan, S. M. (1998). ライアン先生工大在職記念論集. Osaka: 大阪工業大学.
  • 深山晶子, Ryan, S. M., Figoni, W., 椋平淳 and 辻本智子. (1999). The Wonders of Science and Technology. Tokyo: 三修社.
  • Ryan, S. M. (2000). Rhetoric: A Course for Students at Kobe College (revised edition). Nishinomiya: 自費出版.
  • Bondarenko, L., Lovtsevich, G., Rassokha, M. and Ryan, S. M. (2001). Proceedings: FEELTA 3rd International Conference. Vladivostok, RUSSIA: Far Eastern National University Press.
  • 北出勉, 長尾恵美子 and Ryan, S. M. (2002). Select Oral Communication I. Tokyo: 三省堂.
  • Rassoka, L., Belichenko, L., Krainik, L., Lovetsevich, G., Proshina, Z. and Ryan, S. M. (2003). Quality in Language Teaching: Book of Proceedings: FEELTA2002 International Conference. Vladivostok, RUSSIA: Far Eastern National University Press.
  • Lovtsevich, G., Krainik, L., Lebedko, M., Proshina, G., Rassoka, M. and Ryan S. M. (2005). Conference Proceedings: PAC5 at FEELTA2004: Sharing Challenges, Sharing Solutions: Teaching Languages in Diverse Contexts. Vladivostok, RUSSIA: Far Eastern National University Press.
  • 北出勉, 長尾恵美子 and Ryan, S. M. (2006). Select Oral Communication II. Tokyo: 三省堂.
  • Rassokha, M., Krainik, L., Lebedeva, I., Lovtsevich, G. and Ryan, S. M. (2008). Best Practice in ELT: 6th FEELTA International Conference on Language Teaching. Vladivostok, RUSSIA: Far Eastern National University Press.
  • Lovtsevich, G., Krainik, L., Lebedko, M., Rassokha, M. and Ryan, S. M. (2014). Learning Languages – Building Communities: PAC@9th FEELTA International Conference on Language Teaching: Conference Proceedings. Vladivostok, RUSSIA: Far Eastern National University Press.
  • Ryan, S. M. (1989). What is Homework? A Survey of Assumptions among High School Students and Teachers. The Language Teacher, 13, 8: 5 – 6.
  • Ryan, S. M. (1991). Native Speaker Teaching Assistants in Japanese High Schools. Memoirs of the Osaka Institute of Technology, Series B, 35, 1 – 2: 1 – 10.
  • Ryan, S. M. (1991). Oral Testing Without Tears. The Language Teacher, 15, 10: 31 – 32.
  • Durham, M. and Ryan, S. M. (1992). What Kind of Teacher do Students Want? A Cross-Cultural Comparison. Speech Communication Education, 5: 70 – 99.
  • McHugh, C. and Ryan, S. M. (1992). British and American Literary Conventions. 摂南大学ジャーナル Series B, 10: 225 – 247.
  • Ryan, S. M. (1993). Why Do Students Cheat on Their Homework? An Informal Investigation. The Language Teacher, 17, 10: 35 – 39.
  • Ryan, S. M. (1994). “How to Study English” as Content. Memoirs of the Osaka Institute of Technology, Series B, 38, 2: 57 – 70.
  • Ryan, S. M. (1994). Resources for the Independent EFL Learner in Japan. Language and Learning: 327 – 336.
  • Durham, M., Leonard, R. and Ryan, S. M. (1994). Let the Punishment Fit the Crime: A Cross-Cultural Investigation of Students’ Expectations of Teacher Disciplinary Action. Speech Communication Education, 7: 92 – 109.
  • Ryan, S. M. (1994). Misbehaviour in the University Classroom? A Cross-Cultural Study of Students’ Perceptions and Expectations. The Language Teacher, 19, 11, 13 – 16.
  • Durham, M. and Ryan, S. M. (1995). Behaviour in Universities: A Cross-cultural Study of Students’ Expectations. Speech Communication Education, 9: 99 – 128.
  • Ryan, S. M. (1995). Student Behaviour: Whose Norms? On JALT95 Curriculum and Evaluation, 112 – 116.
  • Ryan, S. M. (1995). What Makes a Good Language Lesson? On JALT95 Curriculum and Evaluation, 116 – 119.
  • Ryan, S. M. (1996). Comparative Culture in the Conversation Classroom. First Pan Asian Conference and 17th Annual Thai TESOL International Conference, Proceedings: New Perspectives on Teaching and Learning in Asia, 109 – 110.
  • Ryan, S. M. (1996). Comparative Culture in the Conversation Class. Proceedings: International Conference: Experiencing American Culture in the Classroom. TESOL Russia-Far East, 240-247.
  • Ryan, S. M. (1996). What Makes a Good Language Lesson?Part 2. On JALT96 Crossing Borders, 34 - 39.
  • Ryan, S. M. (1996). Investigating Students' Expectations of Classroom Life. Journal of Intercultural Communication, 1, 91 – 102.
  • Yoshitake, S and Ryan, S. M. (1996). A Preliminary Report on Bilinguals’ Perception of Changes in Themselves when Code-Switching. Journal of Intercultural Communication, 1.
  • Makarova, V. and Ryan, S. M. (1996). The Language Teacher Through the Students' Looking Glass and What You Find There: Preliminary Results. Speech Communication Education, 10: 127 – 154.
  • Durham, M. and Ryan, S. M. (1996). What Is a Good Student? A Cross-cultural Comparison. Memoirs of the Osaka Institute of Technology, Series B, 42, 1: 1 – 30.
  • Makarova, V. and Ryan, S. M. (1997). The Language Teacher Seen by Japanese Female and Male Students. The Language Teacher, 22, 6: 9 - 12&16.
  • Ryan, S. M. (1997). Who Says Japan is Collectivist? A Reconsideration of Japan’s Place on the Individualism/Collectivism Continuum. Human Communication Education, 11, 63 – 87.
  • Ryan, S. M. (1997). Student Evaluation of Teachers. The Language Teacher, 22, 9: 9 – 11 & 43.
  • Ryan, S. M. (1998). The Rhetoric of Kimpachi-Sensei. 英知大学論叢『サピエンチア』, 33: 111 – 125.
  • Ryan, S. M. (1998). Top-Down Writing Instruction: A Modest Proposal. 『言語文化』, 2: 135 – 154.
  • Ryan, S. M. (1998). The Good Language Teacher: Views from Three Cultures. Proceedings of the International Conference: “Teaching Englishes: Preparing for the XXIst Century.” Far Eastern English Language Teachers' Association, 275-279.
  • Ryan, S. M. (1998). The Dangers of Dualism in Our Global Vision. Journal of Intercultural Communication, 3: 31 – 52.
  • Petrucione, S. and Ryan, S. M. (1998). Activities for Learning Independently. Memoirs of the Osaka Institute of Technology, Series B, 44, 1: 1 – 8.
  • Makarova, V. and Ryan, S. M. (1998). Japanese and Russians: Images and Stereotypes. Human Communication Studies, 27.
  • Makarova, V. and Ryan, S. M. (1998). The Cultural Dimension of Students’ Expectations of Language Teachers. Confronting Culture: Constraint or Resource? Papers from the Canterbury Conference, IATEFL Literature and Cultural Studies Special Interest Group.
  • Petrucione, S. and Ryan, S. M. (1998). Activities for the Independent Learner. On JALT98: Focus on the Classroom, 39 – 41.
  • Ryan, S. M. (1999). Reconsidering the Culture in Intercultural Communication. 英知大学論叢『サピエンチア』, 34: 175 – 192.
  • Makarova, V. and Ryan, S. M. (1999). Language Teacher Attitudes from the Learner’s Perspective: A Cross-Cultural Approach. Speech Communication Education, 13: 101 – 124.
  • Furmanovsky, M. and Ryan, S. M. (1999). Being a Good Student in Japan and Australia. 『龍谷大学国際社会文化研究所紀要』, 2: 123 – 139.
  • Petrucione, S. and Ryan, S. M. (2000). Who Needs a Textbook Anyway? Memoirs of the Osaka Institute of Technology, Series B, 45, 2: 41 – 45.
  • Ryan, S. M. (2000). “We Japanese” An Analysis over Time. 英知大学論叢『サピエンチア』, 35: 57 – 66.
  • Ryan, S. M. (2000). Culture in the Language Classroom. Proceedings: FEELTA 3rd International Conference.
  • Makarova, V. and Ryan, S. M. (2000). The Role of the Language Teacher: Cross-Cultural Perspectives. Second Language Research in Japan,
  • Petrucione, S. and Ryan, S. M. (2001). What? Teaching English Without a Textbook? Memoirs of the Osaka Institute of Technology, Series B, 46, 2: 40 – 46.
  • Makarova, V. and Ryan, S. M. (2001). The Good Teacher: A Japan-Russia Comparison. JALT Applied Materials: Second Language Acquisition Research in Japan, 143-162.
  • Ryan, S. M. (2001). Teaching about Changes in American Values after September 11th. Proceeding of Conference on American Studies in the Pacific Rim Countries, 55 – 58.
  • Lovtsevich, G. and Ryan, S. M. (2001). The Concept of a Cross-Cultural TESOL Dictionary. On PAC3 at JALT 2001, 832 – 837.
  • Fujimoto, D., Jungheim, N., Tatsuki, D. and Ryan, S. M. (2001). Pragmatics and Intercultural Communication Compared. On PAC3 at JALT 2001, 923-931.
  • Cooney, B., Cohen, K., Seton, C. and Ryan, S. M. (2002).“Global Communication” in Japanese Universities: A New Direction for English Education. Kobe College Studies, 50, 1: 3 – 34.
  • Ryan, S. M. (2002). Teaching Top-Down Reading Skills. Quality in Language Teaching: Book of Proceedings: FEELTA 2002 International Conference, 30-32.
  • Petrucione, S. and Ryan, S. M. (2002). Classroom Discipline: What Do Learners Think? JALT 2002 at Shizuoka Conference Proceedings, 74 – 80.
  • Lovtsevich, G. and Ryan, S. M. (2003). A Cross-Cultural TESOL Dictionary as a Tool for Teacher Development. IATEFL 2003 Brighton Conference Selections, 103 – 104.
  • Lovtsevich, G. and Ryan, S. M. (2003). ELT in Asia: Just Like the Russian Far East? Proceedings of the International Scientific Conference: Linguistics and Cross-cultural Communication: Past, Present and Future, 50 – 54.
  • Lovtsevich, G. and Ryan, S. M. (2003). Connotations of ELT Terms: Handle with Care. JALT 2003 at Shizuoka Conference Proceedings, 548 – 551.
  • Lovtsevich, G. and Ryan, S. M. (2004). Towards a Cross-cultural Dictionary of ELT Terms. Conference Proceedings: PAC5 at FEELTA2004: Sharing Challenges, Sharing Solutions: Teaching Languages in Diverse Contexts, 220 - 222.
  • Lovtsevich, G. and Ryan, S. M. (2004). Overview of Language Teaching Contexts in PAC Countries. Conference Proceedings: PAC5 at FEELTA2004: Sharing Challenges, Sharing Solutions: Teaching Languages in Diverse Contexts, 254 - 256.
  • Petrucione, S. and Ryan, S. M. (2004). Teaching Listening and Speaking Simultaneously. The Proceedings of JALT2004, 635 - 639.
  • Lovtsevich, G. and Ryan, S. M. (2004).“Political Correctness” in ELT Terminology. The Proceedings of JALT2004, 973 - 978.
  • Ryan, S. M. (2005). An Overview of Federally-Funded Bilingual Education in the U.S. Sapientia: The St. Thomas University Review, 41: 215 – 230.
  • Ryan, S. M. (2005). Teaching about Intercultural Communication in Simple English. Journal of Intercultural Communication, 10: 191 – 194.
  • Ryan, S. M. (2007). My Practice Is the Best Practice (And So Is Yours). Best Practice in ELT: 6th FEELTA International Conference on Language Teaching, 6 – 8.
  • Ryan, S. M. (2009). The Role of Cultural Experience in Language Teaching. Proceedings of International Forum of Languages and Cultures: Languages and Cultures: Bridges Connecting Europe and Asia, 35 – 42.
  • Ryan, S. M. (2016). Questioning the Geography of Culture. Kwansei Gakuin Journal of Policy Studies, 51: 41 – 46.
  • Ryan, S. M. (2017). Implications of Mind, Brain, and Education Research for Study Abroad. Kwansei Gakuin Journal of Policy Studies, 53: 39 – 48.

その他の社会的活動
  • 全国語学教育学会員(JALT)
    同学会バイリンガリズム分野別研究部会員
    同学会留学研究分野別研究部会 会員
  • 異文化コミュニケーション学会(SIETAR Japan) 会員(現在)
  • ロシアのFar Eastern English Language Teachers Association 会員
    同学会 アジア担当
  • Thailand TESOL (英語教育)学会会員
  • Journal of Intercultural Communication 編集部員
  • 多言語・多文化研究・The Japan Journal of Multilingualism and Multiculturalism 編集部員
  • The Language Teacher 編集部員

学位
  • 修士:フランス語・ドイツ語・フランス文学・ドイツ文学(ケンブリッジ大学)

連絡先
  • ryan@sguc.ac.jp

[ 教授 ]谷一 尚

カテゴリ:総合人間学部 言語文化学科
Takashi Taniichi
谷一
主要担当科目
 アジアの歴史と文化、オリエントの歴史と文化、博物館概論、博物館経営論、博物館展示論、博物館教育論、博物館資料論、博物館資料保存論、博物館実習、卒業研究

専門
 ・博物館学
 ・文化資源学
 ・比較文化学
 ・民族藝術学
 ・シルクロード考古学
 ・ガラス工芸史

メッセージ
 谷一ゼミは多国籍、さまざまの言語が飛び交います。その中で奮闘する日本人学生には力も付き、得るものも多くあります。年一度のゼミ旅行は、青春18切符を使い、1泊2日でゼミ生の希望の普段行きにくい美術館へ。協助会の援助で自己負担はほとんどありません。

研究テーマ
 ・博物館の現状と課題
 ・ガラスの起源と伝播
 ・日本出土ガラスの出自
 ・正倉院宝物の出自と世界性
 ・玄奘三蔵の旅とその意義 など

研究業績
 ・谷一尚「一条谷に至る日本のガラス」『戦国時代の金とガラス』2014
 ・谷一尚 他『中国地域の藩と人、地域を支えた人々』2014
 ・谷一尚『美術館長の眼』2013
 ・谷一尚 他『Ancient Glass Feast of Color』2013
 ・谷一尚「特集ガラスの東西」『民族藝術』28、2012
 ・谷一尚 他『世界の切子ガラス』2011
 ・谷一尚 他『コアガラス松島巌』2010
 ・T.TANIICHI:Sasanian and Post-Sasanian Plant Ash Glass Vessels Delivered to Japan, Glass along the Silk Road from 200 BC to AD 1000,RGZM Bd9,2010.
 ・谷一尚「唐招提寺舎利瓶にみるイスラムガラスの東アジア流入」『アジアの「美」の構築』BI,Vol.3、東京大学東洋文化研究所2009

その他の社会的活動
 一般財団法人林原美術館館長理事、一般財団法人大国家評議員、岡山市立オリエント美術館顧問、岡山県立岡山城東高校SGH運営指導委員、公益財団法人大本育英会評議員、公益財団法人成羽美術振興財団理事、公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会理事、公益財団法人岡山シンホニーホール理事、公益財団法人高輝度光科学研究センターSP8選定委員、研究課題審査委員、公益財団法人福武教育文化振興財団福武文化賞選考委員長、公益財団法人美術工芸振興佐藤基金研究助成選考委員、山陽放送番組審議会委員、日本ガラス工芸学会理事、元会長、民族藝術学会理事、国際ガラス史学会・日本オリエント学会・地中海学会・日本中国考古学会・美術史学会会員

学位
 文学博士(東京大学人文社会系研究科)

連絡先
 takashi_taniichi@sguc.ac.jp

[ 准教授 ]中野 香

カテゴリ:総合人間学部 言語文化学科
Kaori Nakano
中野
主要担当科目
 英語総合読解、英語セルフ・アクセス、英語の構造B、翻訳英語、英語学概論

専門
 英語教育

メッセージ
 外国語を学ぶことは、その言語の文化を知ることに通じます。それは、これまで「絶対」だと信じてきた、ものを見る視点や価値観が絶対ではないことに気づく経験になります。それで、不安になったり、逆に楽になったり。そこに外国語を学ぶ意味があるのです。

研究テーマ
 ・談話分析と英語教育
 ・英語リーディング
 ・英語教育における自律学習支援

研究業績
 ・「L2 Learning Motivations of Japanese College Students: A Survery II」『山陽論叢21』(共著)
 ・「Investing Learners' Reflection: A Path towards Self-Direction」『中国地区英語教育学会研究紀要No.36』(共著)
 ・「Extensive Reading in Self-Access Learning Program」『英語教育実践学』開隆堂(共著)
 ・「Self-Access Learning Program: Promoting Self-Directed Learning in College Language Courses」『中国地区英語教育学会研究紀要No.35』(共著) ほか

その他の社会的活動
 ・全国英語教育学会会員(平成3年~)
 ・大学英語教育学会会員(平成5年~)
 ・英語コーパス学会会員(平成11年~)
 ・日本通訳翻訳学会会員(平成28年~)

学位
 教育学修士

連絡先
 nakano@sguc.ac.jp

[ 教授 ]濱田 栄夫

カテゴリ:総合人間学部 言語文化学科
Hideo Hamada
濱田
主要担当科目
 人間学、教育学概論、教職論、生涯学習概論、知的生き方概論

専門
 教育人間学

メッセージ
 人間にとって言葉とは何か、精神発達と言葉の関係について、言葉とイメージの関係について考えたい人、ぜひ一緒に勉強しましょう!

研究テーマ
 ・19世紀ヨーロッパの教育思想
 ・ヘルバルトにおけるイメージ理論
 ・人間の生命活動と言葉とイメージの関係

研究業績
 ・「表象理論とヘルバルト」(単著)玉川大学出版部
 ・「ヘルバルトの教育的教授論」(単著、訳書)玉川大学出版部
 ・「新しい教育の基礎理論」(共編著)ミネルヴァ書房
 ・「ペスタロッチー・フレーベル事典」(共編著)玉川大学出版部
 ・「ペスタロッチー・フレーベルと日本の近代教育」(編著)玉川大学出版部
 ・「門田界隈の道-もうひとつの岡山文化-」(単著)吉備人出版
 ・「フレーベルの教育思想と予感」(単著)(「教育学研究」第46巻第1号所収)
 ・「ヘルバルト教育学における趣味判断の位置づけ」(単著)(「教育哲学研究」第62号所収)
 ・「フレーベルの言語論について」(単著)(「人間教育の探求」第14号所収) ほか

その他の社会的活動
 ・日本ペスタロッチー・フレーベル学会常任理事
 ・岡山県社会教育連絡協議会会長
 ・岡山県社会教育委員の会議議長
 ・備前県民局協働推進アドバイザー会議委員長
 ・岡山県子育てサポーターリーダー養成講座講師

学位
 修士(教育学)広島大学(昭和45年3月)

[ 教授 ]班 偉

カテゴリ:総合人間学部 言語文化学科
Han I
班
主要担当科目
 現代中国論、日中交流史、中国語、日本語、特別演習、卒業研究 など

専門
 近代中国思想、日中交流史

メッセージ

 人生十六訓

 あせらない、あわてない。

 無理しない、無駄しない。

 ゆったりと、ゆっくりと。

 かざらない、きどらない。

 しなやかに、しとやかに。

 じっくりと、しっかりと。

 おこらない、おごらない。

 地味に生きる、滋味に学ぶ。

研究テーマ
 新冷戦の幕開けと日中外交、大国の興亡、幸せの法則 など

研究業績
  ・「清代台湾地方志の“釣魚台”記載について」(『山陽論叢』第21巻、2014年)
 ・「The United States Commitment to the Senkaku Islands Issue」(『山陽論叢』第20巻、2013年)
 ・「明清史籍における“釣魚嶼”の位置づけについて」(『山陽論叢』第19巻、2012年)
 ・「五輪スローガンに見る中国社会の光と影」(神田靖子等編『オリンピックの言語学』大学教育出版、2011年)
 ・「新三民主義思想的再探討」(侯傑編『孫中山与中華民族崛起』天津人民出版社2006年)
 ・「Images of Japan in Singapore's Textbooks」(『山陽論叢』第13巻2006年)
 ・「梁啓超的日本観与其思想転変的相互関係」(李喜所編『梁啓超与近代中国社会文化』天津古籍出版社2005年)
 ・「梁啓超与福沢諭吉」(『文史哲』2004年第3期 山東大学学報)
 ・「梁啓超的日本観」(『天津師範大学学報』2004年第3期)
 ・「日本人的中国観与中国情結」(蒋立峰編『中日両国的相互認識』世界知識出版社 2003年)
 ・「大正時期学院派的日本文化論」(南開大学日本研究中心『日本研究論集』第8巻2003年)
 ・「明治啓蒙思想家的中国論」(『安徽師範大学学報』第117期2001年2月)
 ・「明治国粋主義思想家的国民性論」(南開大学日本研究中心『日本研究論集』第6巻2001年)
 ・「“自由”“権利”等観念在晩清社会的形成」(張国剛編『中国社会歴史評論』第2巻 天津古籍出版社2000年)
 ・「現代中国におけるモダニズムの誕生」(東京画廊編『DEMAND FOR ARTISTIC FREEDOM』典文社2000年)など

その他の社会的活動
 朝日21関西スクエア会員、岡山アジア研究会会員

学位
 歴史学碩士(中国)
 文学修士(日本)

連絡先
 han@sguc.ac.jp

[ 教授 ]菱川 廣光

カテゴリ:総合人間学部 言語文化学科
Hiromitsu Hishikawa
菱川
主要担当科目
 図書館概論、図書館情報資源概論、図書館サービス概論、図書館制度・経営論

専門
 図書館学

メッセージ
 司書課程は、図書館で働くために必要な専門的知識や技術を学び司書となる資格を得ることを目的としています。いま、司書は図書館にとどまらず、資料や情報を扱う幅広い機関で求められています。さらなる高度情報化社会の進展や民主主義社会の成熟に伴い、今後ますます司書の重要性は増していくでしょう。しかし、図書館を学ぶことには資格取得以外の側面もあります。図書館にはたくさんの知識や情報が蓄積・保存されています。それらはみなさんの学びや生活を助けてくれる力になるものです。図書館を学ぶことは、生きかたを学ぶという実学でもあります。図書館はきっとみなさんの自立を支援してくれるでしょう。

研究業績
 ・『岡山県立図書館-抵抗と再生の記録ー』日本文教出版 平成26年9月
 ・『図書館を読む』日本文教出版 平成24年1月
 ・『県民に開かれた図書館~新岡山県立図書館の誕生』日本文教出版 平成21年3月
 ・『岡山の明治期の雑誌(岡山文庫)』共著 日本文教出版 平成元年11月

その他の社会的活動
 ・日本図書館協会代議員
 ・岡山県図書館協会理事

連絡先
 hiromitsu_hishikawa@sguc.ac.jp

[ 講師 ]マグヌソン マグヌス 桑原

カテゴリ:総合人間学部 言語文化学科
Magnusson Magnus Kuwahara
マグヌス
主要担当科目
 英語コミュニケーション演習A、英語コミュニケーションB、英作文、聴解表現、異文化理解演習

専門
 バイリンガル教育、多文化教育、英語教育、文学

メッセージ
 言葉を学ぶことは、子供のころから私の喜びでした。複数の言語を学び、数々の国に暮らしたことは、新たな言語や文化を知るとともに、自分自身について知るいいきっかけになりました。みなさん“言語を学び、新しい世界と自分自身を知る旅”に一緒に出掛けましょう!

研究テーマ
 ・英語教育
 ・第2言語習得
 ・バイリンガル教育
 ・マルチリンガル教育
 ・継承語教育

研究業績
 ・"China Miéville’s, The Scar. Return to the Imaginary: A Psychoanalysis of the Novel." University of Iceland, Faculty of Humanities, Department of English
 ・"The Interplay of Codeswitching and Parental Discourse Strategies in Early Bilingualism." 岡山大学教育学研究科
 ・"An interview with Terry Gunnell, PhD, about his usage of the roleplaying game Dungeons & Dragons in English classes." Netla-The University of Iceland, School of Education.

その他の社会的活動
 ・国際理解教育講師(倉敷市男女共同参画研修会)
 ・国際理解教育(岡山市立津島小学校)
 ・JALT全国語学教育学会岡山支部 Program Officer
 ・Peerネットワーク研究会講師

学位
 教育学修士

連絡先
 magnusson@sguc.ac.jp

[ 教授 ]山根 智恵

カテゴリ:総合人間学部 言語文化学科
Chie Yamane
主要担当科目
 日本語学概論、日本語教育学概論、日本語教授法、日本語文法論、日本語教育実習 ほか

専門
 日本語学、日本語教育学

メッセージ
 ポーランドで日本語を教えた2年間で、自国の言葉・文化を見つめ、また多角的な見方を養うことができました。さらに、ここ数年、海外での日本語教育実習に同行することで、世界各国に友だちの輪が広がり、世界的な視点に立って物事を考えられるようになりました。日本語教育について学ぶということは、多文化を理解するということ。わくわくするような楽しい世界が待っていますよ。

研究テーマ
 ・日本語の談話分析
 ・スポーツと言語
 ・ハンセン病療養所入所者の言語生活

研究業績
 ・『日本語の談話におけるフィラー』(単著)くろしお出版
 ・『談話分析のアプローチ 理論と実践』(分担執筆)研究社
 ・『基礎から学ぶ日本語表現法』(共著)大学教育出版
 ・『日本語口語表現辞典』(編著)研究社
 ・『オリンピックの言語学』(共著)大学教育出版

その他の社会的活動
 ・岡山市「やさしい日本語」講座講師
 ・岡山県日本語ボランティア・ネットワーク研修会講師
 ・ディベート甲子園中国予選ジャッジ
 ・国際教育交流協会エリアレップ
 ・国際審判員(卓球)
 ・スポーツ言語学会理事、日本語教育学会会員、日本語学会会員、全国語学教育学会会員、IPrA会員、関西OPI研究会会員、全国教室ディベート連盟会員

学位
 修士(地域研究)筑波大学(平成4年3月)
 博士(文学)岡山大学(平成12年3月)

連絡先
 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1990/index.html
 chie@sguc.ac.jp

[ 准教授 ]片岡 武

カテゴリ:総合人間学部 生活心理学科
Takeshi Kataoka
主要担当科目
  • コンピュータ入門、情報処理概論、プログラミング、コンピュータネットワーク、ITパスポート演習

専門
  • 数学(解析学)

メッセージ
  • 私たちが直接操作するパソコンや携帯電話だけでなく、公共交通機関、図書館,レストランなどでもコンピュータが活躍しています。また、自動車や家電などにはコンピュータが組み込まれて、裏で様々な処理を行っています。そして多くはネットワークに接続され、外部と情報のやり取りを行っています。したがってそれらを学ぶことは,快適にそして安全に生活を行うために必要なことです。

研究テーマ
  • 情報教育
  • 関数の大域挙動

研究業績
  • Differentiation of superadditive processes in Lp(共著)
  • Acta Mathematica Hungarica 49(1987), 157-162
  • 連結回転グラフを用いたクラスタリング法(共著)計算機統計学 7(1994) 21-27
  • Macintosh Quick BASIC(共著) 共立出版 1997

学位
  • 理学修士

[ 准教授 ]上地 玲子

カテゴリ:総合人間学部 生活心理学科
Reiko Kamiji
主要担当科目
  • 精神保健、コミュニティ心理学、生活心理学演習A、生活心理学概論1、臨床コミュニケーション、障害児心理学、教育相談、生活心理学特別演習1・2、生活心理学研究演習1・2、卒業研究1・2

専門
  • 臨床心理学、障害児教育

メッセージ
  • 自分で文献を調べるなど、積極的な姿勢で取り組んでいただきたい。

研究テーマ
  • 親子関係
  • 障がい児

研究業績
  • <著書>
  • ひきこもる青少年の心-発達臨床心理学的考察-(共著)2003,北大路書房
  • もろい青少年の心-自己愛の障害-発達臨床心理医学的考察(共著)2004,北大路書房
  • ダウン症児ハンドブック(単著)2006,自費出版
  • キャリアカウンセラー養成講座テキスト2 カウンセリングの理論とメンタルヘルス(共著)2006,日本マンパワー
  • キーワードで学ぶ障害児保育入門(共著)2008,保育出版社
  • 児童虐待 おかやまから116人の提言(共著)2009,吉備人出版
  • 困難をかかえる子どもに寄り添い共に育ち合う保育(共著)2011,新読書社
  • <主な学術論文>
  • 青年期後期における親からの心理的分離を測定する尺度の作成と妥当性の検討(単著)2000,学生相談研究,第21巻,第1号,1-15頁
  • 心理的分離尺度短縮版の作成(単著)2001,岡山短期大学紀要,第24号,69-72頁
  • 心理的分離質問票の妥当性の検討(共著)2004,甲南女子大学紀要,第40号,人間科学編,19-25頁
  • 青年期の親からの心理的分離の発達的変化の検討(単著)2008,岡山学院大学・岡山短期大学紀要31,35-40頁
  • 母親の死を契機に摂食障害に陥った女子学生との面接(単著)2010,学生相談研究,50-60頁
  • 岡山白ゆり発達支援センター(児童デイサービス)における赤ちゃん体操の活動報告,日本ダウン症療育研究会,第6巻,34-36,2013,[共著]
  • ダウン症児を育てる親が利用する社会資源に関する検討,2013,山陽論叢,20,37-48
  • ダウン症児の身体発達と知的および言語発達との関連日本ダウン症療育研究,第9巻,第1号[共著]
  • 潜在保育士問題解消に向けたリアリティショック研究の可能性の考察, 2015,山陽論叢,22,97-100[共著]
  • Student Counseling Room (‘Kokosapo’) Activity Report of Sanyo Gakuen University and College in 2013-2014, 2015,山陽論叢,22,137-143[共著]
  • <特許 出願>
  • 「知育いすデスク」(株式会社 横山工房と共同開発)集中して学習でき、効果的な指導ができる椅子と机を開発し、特許取得・商標登録をしている。
  • <競争的資金>
  • H25-26年度岡山県小児保健協会「小児保健活動助成事業」共同研究者:楢原幸二(旭川荘療育・医療センター 旭川児童院院長)、羽原恭史(旭川荘療育センター理学療法士)
  • H26-28年度科学研究助成事業(学術研究助成基金助成金)「低緊張を伴う知的障がい児への口腔周囲筋トレーニングによる新たな療育プログラム確立」研究責任者:上地玲子(山陽学園大学准教授)、研究分担者:玉井浩(大阪医科大学教授)、連携研究者:井手友美(九州大学病院講師)
  • H27-29年度科学研究助成事業(学術研究助成基金助成金)「保育士のリアリティショックの測定尺度開発と早期退職を防ぐプログラムの提案」 研究代表者:松浦美晴(山陽学園大学准教授)研究分担者:皆川 順(山陽学園短期大学教授)、上地玲子(山陽学園大学准教授)、岡本響子(奈良学園大学保健医療学部准教授)、岩永 誠
  • H28-29年度 公益財団法人ウエスコ学術振興財団「保育士の早期離職予防のための『保護者-保育士間コミュニケーション自己分析尺度』の開発」研究代表者:上地玲子(山陽学園大学准教授)、松浦美晴(山陽学園大学准教授)

その他の社会的活動
  • <学会>
  • 日本小児保健協会、岡山県小児保健協会、日本心理臨床学会、日本学生相談学会、日本発達心理学会、日本健康心理学会、日本発達障害学会、日本描画療法学会、日本PAC分析学会
  • <職能団体>
  • 日本臨床心理士会
  • 岡山県臨床心理士会(所属部会:子育て支援、発達障害、犯罪被害者支援)
  • H18年度-H20年度 子育て支援部会担当幹事
  • H20年度-H21年度 子育て支援部会担当幹事、広報担当幹事
  • H21年度-H22年度 研修委員
  • H23年度- 子育て支援部会
  • H23年度- 発達障害部会
  • H23年度- 犯罪被害者支援部会運営委員会
  • H23年度-H24年度 広報委員会ワーキンググループ
  • <研究会>
  • 日本ダウン症療育研究会
  • 全国保育問題研究会(障害児保育運営委員)
  • <民間支援団体>
  • JDS(日本ダウン症協会)岡山支部長
  • NPO法人FOT専務理事
  • NPO法人つみきの会会員
  • <H28年度専門活動>
  • 岡山県教育委員会委員
  • 岡山県警察本部カウンセリング等アドバイザー
  • 岡山県看護協会こころの健康相談カウンセラー
  • 岡山県東商業高校スクールカウンセラー
  • 総社市教育委員会派遣カウンセラー
  • 岡山市乳幼児あゆみ教室指導員
  • 岡山白ゆり発達支援センター外部講師
  • 岡山外国人児童生徒日本語学習支援研究会会員
  • 大学コンソーシアム岡山 障がい学生支援委員
  • 岡山県立東商業高校いじめ防止委員
  • 総社市立山手小学校いじめ防止委員
  • 総社市立阿曽小学校いじめ防止委員

学位
  • 教育学修士(岡山大学大学院教育学研究科障害児教育専攻)

連絡先
  • reiko_kamiji@sguc.ac.jp

備考
  • <特許>
  • (株)横山工房と共同開発した、集中することが難しい子どものための学習机(2ヶ所取得)。
    1.かみじ式どこでも知育パーティション
    2.知育いす
  • <商標登録>
  • ※近日中に「(株)横山工房」サイトにて公開
  • <賞>
  • 山陽学園大学H23・H24年度ベストティーチャー賞受賞
    (優れた授業を実施し、大学の教育改善に貢献)
    ※表彰制度はH23~24のみ実施。
    ※各学科1名選出
  • 山陽学園大学H26年前期・H26年後期・H27前期「ベスト授業賞」受賞
    ※以前実施していた「ベストティーチャー賞」が名称変更して、H26年度分から再開。
    ※各学科1名選出。
  • 平成27年度生き活き岡山推進賞受賞
    ※JDS(日本ダウン症協会)岡山支部長として受賞
  • <専門資格>
  • 臨床心理士(日本臨床心理士会資格認定協会)
  • 保育士
  • 幼稚園教諭1種
  • 小学校教諭1種
  • チャイルドシート指導員((財)日本交通安全教育普及協会認定)
  • 赤ちゃん体操指導員(日本ダウン症療育研究会認定)
  • <研修>
  • H24.29-30(株)From A Village主催
    自閉症スペクトラム障がい(ASD)診断の世界的権威であるキャサリン・ロード先生による自閉症診断面接改訂版(ADI-R: Autism Diagnostic Interview-Revised)のワークショップを受講しました。
    ロード先生が開発されたADI-Rは、ASD児・者の親や介護者に対する半構造化面接法であり、ASDが疑われる小児や成人の発達上の問題点を総合的に把握するには極めて優れた手法です。 ADI-Rは、Autism Diagnostic Observation Schedule (ADOS)とともに、国際的に最も普及しているASDの標準的な診断ツールです。
    [ADI-R 研究資格]
    ADI-R 研究資格を取得するためには、通常、次の3つの段階を経る必要があります。
     1.研究資格以上の資格を持つ ADI-R の熟練者の面接を実際に見学して、スコアリングを練習する。もしくは、海外のワークショップに参加して研修を受ける。
     2.研究資格以上の資格を持つ熟練者とのスコアの一致率が 90%以上に達する。
     3.ADI-R トレーナー有資格者(現時点では、アメリカ、イギリス、オーストラリアのみ;WPS とコーネル大学の HP にトレーナーのリストを掲載)に、自身が行った ADI-R 面接を撮影した DVD、面接内容のメモとスコアリングを記したプロトコール、およびスコアを記入したアルゴリズム表を送付し、その面接技術の評価を受け、トレーナーとのスコアの一致率が 90%以上に達する。
     ※ワークショップ受講者は、既に「1」と「2」の段階を終了したとみなされるそうです。
  • 川崎医療福祉大学医療福祉学研究科臨床心理学専攻博士後期過程単位取得満期退学し、岡山県精神保健福祉センター心理判定員、岡山県警察本部犯罪被害者支援等カウンセリングアドバイザー、岡山県スクールカウンセラー、総社市派遣カウンセラー、岡山県立大学学生相談室カウンセラー、岡山短期大学学生相談室カウンセラーなど多数の臨床経験を積んでいます。
  • 長女がダウン症を持って生まれて来たことをきっかけに、障がいを持つ子どもの家族支援に対して、それまで以上に関心を向けて臨床活動を行なっています。
    H20年度に日本ダウン症療育研究会認定の「赤ちゃん体操指導員」資格を取得し、JDS((財)ダウン症協会)岡山支部、岡山市乳幼児あゆみ教室、岡山白ゆり発達支援センターなどでダウン症児を持つ家族のために支援活動を行なっています。
    また、知的障がい・発達障がい児のためのABA(応用行動分析)にも関心をもっていて、学生と一緒に勉強会をしています。
    特に落ち着きのない子どものために開発した「知育いすデスク」(特許取得)を使った効果的な指導方法を模索中です♪
    また、H27年からは岡山県教育委員会委員としても活動しています。
  • 大学では、学生に分かりやすい授業ができるように日々努力しています。
    H23年~24年度のみ実施された「ベストティーチャー賞」で、両年とも受賞いたしました。また、H26年前期・後期、H27前期の「ベスト授業賞」も受賞しました。
    大変光栄です♪
  • 卒業しても時々思い出してもらえるような授業になるよう、がんばります☆
  • 一緒に心理学を通して、障がい児のこと、家族のこと、友人関係のことを学びましょう!

[ 教授 ]隈元 美貴子

カテゴリ:総合人間学部 生活心理学科
Mikiko Kumamoto
主要担当科目
  • 生活科学概論、被服心理学、色彩論、服飾デザイン、服飾製作演習

専門
  • 生活行動科学 被服学

メッセージ
  • 大いに笑い、大いに泣き、大いに食し、大いに学びましょう!!

研究テーマ
  • 生活意識と行動に関する研究
  • サーモグラフィを使った情動評価系構築

研究業績
  • 短大生とその母親の被服の選択行動に関する研究(その1) 山陽学園短期大学研究論集, 第18号, 65-79. 1987.
  • 女子大生の被服行動に関する一考察 山陽学園短期大学紀要, 第30巻, 35-46. 1999.
  • 女子大生の生活意識と被服行動について 山陽学園短期大学紀要, 第31巻, 35-46. 2000.
  • 世代間におけるファッション意識と行動に関する一考察 ―生活文化度の検証を目視して― ファッションビジネス学会論文誌, Vol.6 29-42. 2000.
  • ストレスおよびその回復の評価法に関する研究 ―鼻部皮膚温度と知覚レベルおよび心理状態― 小児歯科学雑誌, 第46巻 5号,82-87, 2008.

学位
  • 歯学博士

連絡先
  • hanako@sguc.ac.jp

[ 教授 ]末廣 健一

カテゴリ:総合人間学部 生活心理学科
Kenichi Suehiro
主要担当科目
  • インテリアCAD、住居構造、住宅工事、プレゼンテーション概論、プレゼンテーション演習、ビジネスプランニング演習

専門
  • 建築学(都市計画・建築計画)

メッセージ
  • 私はビジネスの世界の経験が豊富ですので、大学では専門分野を勉強するだけではなく、社会の幅広い見識を身に着け、さらに交友関係を広めてコミュニケーション能力を養い、みなさんが自分に自信を持って堂々と社会へ出てゆけるようになるお手伝いをしたいと思っています。

研究テーマ
  • 建築プログラミング
  • 地域・都市・建築の情報化
  • コンセプトデザイン

研究業績
  • <論文・学会報告等>
  • 「集客施設の情報化企画に関する研究その4―駅前再開発ビルの事例研究による建築プログラミングの受注段階での有用性の検討―」、末廣 健一、日本建築学会2010年度大会(東北)学術講演梗概集 F-1 都市計画 建築社会システム pp1423‐1424、2010年9月
  • 「集客施設の情報化企画に関する研究 その3 ―駅前再開発ビルの事例研究による建築プログラミングの発注段階での有用性の検討―、末廣 健一、日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)、第32巻、8103番、2009年8月
  • 「集客施設の情報化企画に関する研究 その2 ―駅前再開発ビルに見る情報化手法についての事例研究― 末廣健一 日本建築学会中国支部研究報告集 第32巻 801番 2009年3月
  • 「施設の情報化の事例研究その1―駅前再開発ビルに見る情報化―」、末廣健一、山陽学園短期大学紀要、第39巻、p43-56、2008年12月
  • 「集客施設の情報化企画に関する研究その1-駅前再開発ビルに見る情報化とその後についての調査」、末廣健一、日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集、建築計画、pp.313-314、2008年9月
  • 「授産施設における生産活動の現状と課題に関する調査」平野聖/青木陸祐/末廣健一/光畑公美子・川崎医療福祉学会誌Vol.17No.1・査読有・pp.263-278
  • <実施プロジェクト>
  • 東京国際フォーラム管理運営情報システム計画と基本設計と発注業務
  • 多摩サンリオピューロランド情報化構想と運営情報システム設計と発注業務
  • 国鉄芦屋駅北口再開発商業ビル情報化構想と情報システム設計及び発注業務 など
  • <実務調査報告等>
  • 東京国際フォーラム管理運営情報システム計画策定業務報告書

その他の社会的活動
  • <学会活動>
  • 日本建築学会 建築プログラミング小委員会委員(2009.4~現在)
  • 日本デザイン学会
  • 情報処理学会
  • 川崎医療福祉学会

学位
  • 工学修士(建築学)神戸大学大学院工学研究科

連絡先
  • suehiro@sguc.ac.jp

[ 准教授 ]高橋 功

カテゴリ:総合人間学部 生活心理学科
Isao Takahashi
主要担当科目
  • 教育心理学、青年心理学、生涯発達心理学、認知心理学、心理学実験演習、心理学研究法、こころとデザイン

専門
  • 教育心理学

メッセージ
  • 人は誰もが心の理論家だと思います。日々,人の気持ちを推察しながら生きているのですから。だけど,時に人の心について大きく見誤り,自分や他人を傷つけてしまうこともあります。それは,日常生活の理論が,自身の中だけで作りあげられたものであり,検証されたことがないからです。そこにはきっと多くの理論上の欠陥があるのでしょう。だからこそ,共に議論し,互いの心の理論を洗練させていこうではありませんか。一人でも多くの心理学の同士たちをお待ちしています。

研究テーマ
  • <子どもの自然現象の理解に関する研究>
    “地球は回っている”とか,“物は下に落ちる”とか,“植物も生きている”とか,子どもは,いつどうやって知るのでしょうか? どのように理解しているのでしょうか? そんなことを調べています。
    確証バイアスに関する研究:人は信念を簡単に捨てません。その一つの理由が,信念に合致する証拠ばかりに注意を向けたり,記憶したりする傾向にあります。それをどう正すか? あるいは,その傾向は何を意味しているのか? そんなことを調べています。
  • <学生の主体的参加を促す講義に関する研究>
    教育心理学の講義をもちながら,その講義に対する「学生による授業評価」の得点が低かったらたまったもんじゃない!という切実な悩みに動機づけられて,いろいろ工夫しています。論文は現在執筆中。

研究業績
  • 高橋 功 2000 信念と科学的知識の食い違いを子どもはどのように理解しているか:地球の形の理解を中心にして 発達心理学研究,11,89-99.
  • 高橋 功(共訳) 2004 教育のための分散認知とデザイン サーモンG. 松田文子(監訳) 分散認知:心理学的考察と教育的意義 北大路書房
  • 岩木信喜・高橋 功・樋口匡貴 2006 2-4-6課題における仮説検証方略 九州女子大学紀要,43,51-62

学位
  • 教育学修士(心理学)

連絡先
  • Takahasi@sguc.ac.jp

備考
  • 認定心理士
  • 初級教育カウンセラー

[ 准教授 ]藤井 久美子

カテゴリ:総合人間学部 生活心理学科
Kumiko Fjii
主要担当科目
  • 食生活論、食物学A・B、食行動の心理学、調理学実習1・2、食物学演習、生活心理学研究、卒業研究 ほか

専門
  • 食物学(管理栄養士)

メッセージ
  • 調理のウラには科学があります。これを知って健康的で楽しい食生活を実践する力を身につけましょう。

研究テーマ
  • 米粉パンの製パン特性
  • 地域食材の有効活用
  • 学生の食生活管理能力育成

研究業績
  • もち性大麦粉添加が米粉パンの食味に及ぼす影響,食生活研究,37(3),2017
  • 地域食材の有効活用-笠岡市大島の「ぶんず」-,山陽論叢,23(2016)
  • 衝撃式粉砕法による米粉の製パン性に関する検討-米粉パンの物理特性が食味に及ぼす影響-,美味技術学会誌,14(1),2015
  • 衝撃式粉砕法による米粉の製パン性に関する検討-米粉粒度と焙炉・焼成工程が品質に及ぼす影響-,美味技術学会誌,19,2012
  • 衝撃式粉砕法による米粉の製パン性に関する検討-米粉粒度と生地発酵工程が生地膨張に及ぼす影響-,美味技術学会誌,19,2012
  • 衝撃式粉砕法による米粉の製パン性に関する検討-米粉粒度と生地調製条件が生地膨張に及ぼす影響-,美味技術研究会誌,18,2011
  • 画像を用いたパン生地膨張過程の計測,美味技術研究会誌,18,2011
  • 米粉パンについての嗜好及び製法の検討,美味技術研究会誌,15,2010
  • 短大女子学生の食生活管理能力育成に関する検討(2)-野菜摂取とその改善-,食生活研究,30(4),2010
  • 短大女子学生の食生活管理能力育成に関する検討(3)-小・中・高等学校教科書の野菜に関わる内容分析-,食生活研究,30(4),2010
  • 短大女子学生の食生活管理能力育成に関する検討-朝食におけるパン摂取の実態を通して-,食生活研究, 28(3),2008
  • 健康な食生活の実践力育成における調理学実習のあり方に関する基礎的検討-調理担当女子学生の夕食実態をもとに-,日本食生活学会誌,18(4),2008

その他の社会的活動
  • 日本調理科学会、日本家政学会、日本食生活学会、美味技術学会、日本栄養改善学会
  • 日本調理科学会企画・編集「伝え継ぐ日本の家庭料理 すし」p.8「どどめせ」著作委員,別冊うかたま,2017.12,農文協
  • NPO法人大島まちづくり協議会との連携(大島バーガー共同開発,マリンピアおおしま体験ツアーパンフレット「大島おやつ」監修)

学位
  • 博士(学術)

備考
  • フードコーディネーター2級(商品開発)、食空間コーディネーター3級