理念・目的

教育理念
山陽学園は、明治初年わが国における女子教育の黎明期に、いち早く地方の先覚者によって創設され、その後上代淑を教師に迎え、その献身的な人格教育によって女子教育において高い評価を得ました。現在、山陽学園は女子中学校、女子高等学校、大学、短期大学、大学院ならびに附属幼稚園を持つ総合学園を構成しています。その教育の基調をなすものは「愛と奉仕」の精神であって、この精神を培うことによって人格を高め人類社会に対する連帯の意識を養ってきました。「愛と奉仕」の精神は上代淑によって教えられ、かつ実践され、その理念は山陽学園の教育の精神として伝えられています。
上代淑先生