地域連携活動

地域連携活動ニュース 2017-09号
[2017年11月14日]

掲載日:2017年11月14日
美作市東粟倉で学生達が村を支援する活動がスタート 
 学生達(生活心理学科2~4年生の学生)達が、2017年度の岡山県の「地域に飛び出せ大学生!おかやま元気!集落研究・交流事業」の助成を受けて活動を始めました。 
 今年度活動するフィールドである美作市東粟倉地区は、岡山県の東北にあり、兵庫県・鳥取県に接する山村です。 


萱(カヤ)の活用法を考えて、試作品を作ります。 
東粟倉地区が要望されている萱(カヤ)を活かした村の活性化を支援する活動をします。 
 9月6日・7日の1泊2日で学生と教員・建築の専門家が現地を訪れ、地元代表の方々、県庁や市役所の方々と意見交換をした後、実際に萱を刈り取り、茎を取り出して大学に持ち帰りました。さて、これから知恵を絞らねば。


地域連携活動ニュース 2017-07号
[2017年11月1日]

掲載日:2017年11月1日
東日本大震災で津波の直撃を受けた宮城県名取市閖上(ゆりあげ)港から、ゆりあげ朝市理事長の桜井広行さんが、2015年度本学公開講座の講師として岡山まで来てくださいました。本学として桜井さんを歓迎するために、ゆりあげ港から産物を取り寄せ「ミニミニ朝市」を開きました。