新着ニュース

平成30年山陽学園大学看護学部ナーシングセレモニーを開催しました
[2018年10月5日]

掲載日:2018年10月5日
カテゴリ:看護学科
平成30年山陽学園大学看護学部ナーシングセレモニーの開催

平成30年9月29日(土)10:00~11:40  会場:本学D棟302教室

この式典は、2年次生が入学して約1年半を過ごした学びの半ばに、「看護職を目指す者としての職業に対する意識を高め、また、その責任の重さを自覚する」ために催されたものです。

お二人の卒業生からメッセージをいただきました。                     
*上高春華さん(第5期生):日本赤十字社岡山赤十字病院(看護師) 
*三原恭那さん(第4期生):坂出市役所かいご課地域包括支援センター(保健師)

学生時代のエピソードを交えながら、学習の方法あるいは気の入れ方、気の抜き方など教わりました。
お二人ともに、命を守る現場での厳しさを感じながらも、やりがいを胸に、地域住民の皆さまに信頼され、活力あふれるご活躍のご様子は、学生にとって何よりの鏡でした。
学生は“看護を必要とする人々のために、その人を敬い、その人に応じた看護が提供できるよう勉学に励みます”と決意を新たにしていました。
ガンバロー!ガンバレー!

卒業生1
卒業生2
全体写真

春の祭り(看護学科)
[2018年5月7日]

掲載日:2018年5月7日
カテゴリ:看護学科
春の祭り(看護学科)
4月25日(木)、毎年恒例の「春の祭り」が開催されました。
前日まで雨だったため天候が心配されましたが、当日は天候にも恵まれて無事に行うことができました。
学科・学年(クラス)別のチーム対抗戦で、綱引きや玉入れ、リレーなどが行われ、看護学科3年チームが総合2位という好成績をあげることができました。
その他の看護学科チームもよく頑張り、笑顔が絶えない春の祭りとなりました。
この行事を通じてさらに学生同士の団結力が強まったように思います。
この体験を今後の学業に生かしていきたいです。
20180426 春の祭り(看護学科)1
20180426 春の祭り(看護学科)4

新入生研修を行いました!
[2018年4月6日]

掲載日:2018年4月6日
カテゴリ:看護学科
4月2日に新入生研修会を行いました。
新しく看護学科の仲間となった1年生84名と、2年生の先輩20名と教員16名で、香川県・琴平町にある中野うどん学校でのうどん作り体験と、こんぴらさん散策をしました。
入学したばかりで最初は緊張していた1年生でしたが、2年生の先輩にリードしてもらい、徐々に笑顔が見られるようになり、友達もたくさん作ることができました。
新入生同士だけでなく、先輩や教員とも親睦を深めることができ、実り多い研修会となりました。




【速報】看護師・助産師国家試験の合格率100%を達成しました!
[2018年3月26日]

掲載日:2018年3月26日
カテゴリ:看護学科
看護学部第6期生が看護師国家試験に全員合格!
合格率100%を達成しました!
助産学専攻科も全員合格!(2連覇達成)

【第107回 看護師国家試験】

受験者数 75名

合格者数 75名

合格率  100%



【第101回 助産師国家試験】

受験者数 4名

合格者数 4名

合格率  100%



【第104回 保健師国家試験】

受験者数 20名

合格者数 16名

合格率  80%

「なかまちーず」へ参加して健康チェックのブースを開きました
[2017年10月23日]

掲載日:2017年10月23日
カテゴリ:看護学科



10/22(日)に
おかやまふれあいセンターで「なかまちーずフェスティバル」が催され、看護学科も健康チェックのブースを開きました。
認知症スクリーニングと骨密度チェックを来場された地域の方を対象に実施して、健康管理を呼びかけました。

卒業生の「母校里帰り研修」を引き受けて
[2017年9月5日]

掲載日:2017年9月5日
カテゴリ:看護学科


 去る7月19日、川崎医科大学総合医療センターに本年4月に就職した卒業生2名が、施設からの依頼で「母校里帰り研修」で来校しました。この目的は、母校の教員や後輩との交流、学習の機会を持つ、新人看護職員のリアリテーショック軽減などです。
 看護部長からの事前依頼を受けて、目的を確認後実施の方針を決め、在校生・卒業生両者に有意義な研修となるよう各学年のスケジュール等を勘案し、当日のスケジュールと内容を検討、学科長・学部長、キャリアセンター部長との調整を行いました。
 持参した卒業生各自の研修計画書を見ながらその日の計画を確認した後に、まず看護学科1年生の看護学概論授業の教室へ入りました。鷹居教授のクラスで、事前に打ち合わせをした内容で、1年生へのメッセージを一人15分ずつ話していただきました。①今どのような看護業務を行っているか、在籍している部署(病棟)の特徴、先輩看護師からの指導などについて、②なぜその病院を選んだか、③大学4年間にしておいたほうがいいことなどについて話していただきました。本年4月に本学を卒業して大学病院へ臨床看護師として就職したばかりの2人からの話は、看護の学びを始めたばかりの1年生には新鮮に映ったようです。「授業の先生の話は難しく理解できないが、先輩の話はとてもよく分かった・・・」などと感想文に書いてありました。
 午後は就活や国家試験の準備で四苦八苦している4年生の教室へ行きました。就活はどのようにしたか、国家試験準備はどのように取り組んだかなど、熱心に話していただきました。特に就活直前の学生は直接相談をする様子もみられ、身近な先輩の経験談が不安なこの時期の4年生を支え、自信を持たせるよい機会となっていることを実感しました。1年生・4年生ともに質問が数多く出され、予定時間を超過するくらいでした。
 研修を終えた2人から看護部へ提出された報告書によると、「初心を忘れず今後も頑張っていきたい」「自分の思いを他者に聞いてもらう機会を得て自分を改めて見つめる機会になった」「今の自分があるのは学生時代の4年間の頑張りがあるからと再確認できた」などが書かれていました。また3年生の授業「チーム医療論」(チーム医療おける専門看護師・認定看護師の役割:藤原教授)の講義聴講からは、今後の自分のキャリアアップについて参考になったと書かれてありました。同期生の2人とはいえ配属部署も異なり、就職後はお互いに話す機会も少ないためにそれぞれがどのような看護を行っているのか知ることがなかったが、このような機会を得てさらに頑張らなくては‥という気持ちになったようです。
 本学にとって初めてのことでしたが、在校生・卒業生共によい機会が得られたこの研修が、今後も学科の企画として継続・充実していくことを願っています。

看護学科頬ホットニュースを更新しました〈第3回オープンキャンパス〉
[2017年8月21日]

掲載日:2017年8月21日
カテゴリ:看護学科


 8月19日(土)に第3回オープンキャンパスが開催されました!
 今回の模擬授業のテーマは「暑い夏!高齢者の脱水症と熱中症を予防しよう」、体験コーナーは、基礎看護学の「明日から使おう ハンドナーシング」と老年看護学の「高齢者のこころと体からみた看護~高齢者体験をしてみよう~」でした。
 厳しい暑さの中、たくさんの高校生と保護者の方にお越しいただき、様々な体験をしてもらうことができました。

看護学科ホットニュースを更新しました〈山陽女子高 大学見学会〉
[2017年7月19日]

掲載日:2017年7月19日
カテゴリ:看護学科


 7月18日(火)に山陽女子高校の山陽学園大学見学会を開催しました!
前半は、看護学部の説明と在校生との交流を行い、後半はミニ講義として基礎看護学領域の鷹居先生による「『看護を学ぶこと』とは?」という講義が開講されました。
 看護師になるために必要なことや看護学科 の授業がどのように行われているかなどをわかりやすく教えていただきました。



奈義町での公衆衛生看護学実習が紹介されました
[2017年7月3日]

掲載日:2017年7月3日
カテゴリ:看護学科
奈義町で公衆衛生看護学実習を行っていた学生3名が、紹介されました。
実習先でも頑張っています。

看護学科ホットニュースを更新しました〈新入生研修会を行いました〉
[2017年4月4日]

掲載日:2017年4月4日
カテゴリ:看護学科

 
 4月3日(月)に新入生・在校生・教員の親睦をはかる目的で、新入生研修会を行いました。
昨年に引き続き、香川県へうどん作りと金比羅山散策へ行ってきました!
 入学したばかりで、最初はみんな緊張していましたが次第に良い笑顔がたくさん見られるようになりました。


平成28年度ナーシングセレモニーを開催しました
[2016年10月13日]

掲載日:2016年10月13日
カテゴリ:看護学科
DC7I0017

平成28108日(土)山陽学園大学看護学部2年生のナーシングセレモニーが開催されました。

ナイチンゲール像のもと「看護の灯火」を受け取った学生が誓いの言葉を唱和し、看護への志を新たにしました。

なお、ナーシングセレモニーの様子は108日にRSKテレビのお昼と夕方のニュースでも放送されました。













大学院看護学部看護学科ホットニュースを更新しました〈入学して一ヶ月が経過しました〉
[2016年5月13日]

掲載日:2016年5月13日
カテゴリ:看護学科
photo01
大学院看護学研究科に今年も新入生を迎え、1か月が経過しました。社会人としての経験と豊かな知識を生かしながら、日々夜遅くまで頑張っています。