オープンキャンパス デジタルパンフレット 入試情報はこちら デジタル募集要項 進学相談会はこちら 総合人間学部 就勝プロジェクト 総合人間学部 言語文化学科Wサポート 家庭科教員をめざそう 情報公開はこちら 第三者評価結果について 文部科学省 GPテーマB 採択・実施報告書 教職員募集について 出版物 公的研究費等の管理に関する規程 山陽学園大学・短期大学図書館 山陽学園大学・短期大学同窓会 山陽学園短期大学附属幼稚園 山陽女子中学・高等学校 学校法人 山陽学園

トップページ » ニュース・イベント一覧 » 生活心理学科の学生が魅力発信グランプリで「優秀賞」を獲得しました

生活心理学科の学生が魅力発信グランプリで「優秀賞」を獲得しました

 

2015年度『魅力発信グランプリ』大会において、
本学生活心理学科の3年生チームが見事2位に入り「優秀賞」を獲得!

 

 本学生活心理学科3年の福嶋夏紀、西崎賀奈恵、中村智美の3名のチームが、昨年広島RCC文化センターで行われた「魅力発信グランプリ(2015.11.14)」(中国地域ニュービジネス協議会主催、平成26年度地域中小企業・小規模事業者人材確保等支援事業)で、参加した15チーム中2位に入り、見事「優秀賞」を受賞しました。岡山県の大学が優秀賞を受賞するのは初めてのことだそうです。毎年受賞している大学や国公立大学を押さえての受賞なので、これは素晴らしいと思います。取材させて頂いたシバセ工業の社長さんも来られていて、受賞を喜んで下さったそうです。「私たちは取材先がシバセ工業さんで幸せでした」という言葉で発表を終わったのですが、こういう一文を思いつく当たりがさすが生活心理を学んでいる学生なのかなと思いました。連日遅くまで練習をしており、本当によく頑張ったと思います。特に今回はある“戦略”を持って望みました。学生の取材だと抜け落ちてしまうことが多いある部分を特に重視しました。偶然ではなく、そのように戦略を持って望んだことが評価されたことが何より良かったと思います。今後の人生の自信にして欲しいですね。おめでとう。(担当教員:神戸康弘)

 

画像 画像

画像

画像

画像