重要なお知らせ

学校法人 山陽学園からのお知らせ

掲載日:2018年10月18日
カテゴリ:重要なお知らせ
学校法人山陽学園からのお知らせ

平成30年10月18日

地域(時代)とともに歩んできた山陽学園は、社会環境の変化に対応して、大きく変わります。




■女子中学校・高等学校が、2020年4月から共学化します。(移行手続き準備中)
女子教育の振興によって社会の発展を希求した学園創立当時から130年余が経過し、グローバル化や情報化等が進み、女性の社会的活躍が大いに盛んになるにつれて、社会環境や人々の意識は大きく変化しました。今後さらなる男女共同参画や多様性が重視される中、調和のとれた男女共学教育を行うことで、共生社会の実現に寄与してまいります。

■大学、短大も改革を進めています。
○短期大学に、3年コースを新設(2020年4月開設予定)
短期大学は、資格取得のために多くの単位を短期間で修得する必要から、忙しく、学生生活にゆとりがないと言われています。このため、2年コースに加え、2年間のカリキュラムを3年間で学ぶという新たな学びのスタイル(授業は午前中、午後は自由活用)を提案します。
(特色とねらい)
  • 午後の時間帯は、学びを深めたい科目の学修や仕事(アルバイト)、ボランティア活動など、学生が思い思いに活用し、充実した学生生活を過ごすことができます。
  • 学納金は2年分を3年分割するので、1年あたりの経済的負担が和らぎます。
  • 経済的理由で進学を諦めていた方や、再チャレンジする社会人などが学びやすい環境を提供することで、社会の要請に応える“ニュー短大”としてリスタートします。

○大学に、地域マネジメント学部を開設 (2018年4月 設置済)
人口や経済活動の東京一極集中が進み、地方における過疎化の進行や地域経済の活力低下への対応が課題になる中、地域と共に歩む大学として、地域の将来を担う人材を育成するため、地域マネジメント学部を新設しました。
この学部では、地域社会や地域産業(アグリ、ものづくり、商い)を学ぶとともに、これらに共通に関わる政策・地域づくりなど公共分野を学ぶことで、経営感覚と実践力を兼ね備えた地域クリエーターを育成します。


(お問い合わせ先)

学校法人山陽学園 事務局長 谷本欣也 086-901-0537

事務局次長 岡崎 眞 086-272-1181