入試情報はこちら 就職情報はこちら 山陽学園短期大学附属幼稚園 山陽学園大学・短期大学同窓会 学校関係リンク先 周辺のお店MAP

トップページ » 大学院 » カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー

教育課程編成の考え方

 教育理念・教育目的に基づき、本研究科は、高度な専門的知識・能力を有する看護実践者および、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ教育・研究者および、精神看護専門看護師の養成を目的に教育課程を編成した。
 「地域住民と共に健康的コミュニティを創造する中で、人々の健康を実現するための、知識・技術の開発や方法を探求する」ための教育課程とし、「共通科目」と「専門科目」に区分し、専門科目には「看護学研究コース」と「精神看護CNSコース」を設置した。
 なお、「看護学研究コース」では看護学の教育・研究者および高度な教育成果を活用し、地域で活動する看護実践者を育成する。また「精神看護CNSコース」では、精神看護学分野において、総合的な判断力と組織的な問題解決力をもって活動し、精神看護実践の発展に貢献できる専門看護師(CNS)の育成を目指す。

 

(1) 共通科目

 共通科目は、看護学分野に関する基礎的素養を涵養する科目及び、専門的知識・技術の向上や開発などの研究活動を展開するための10科目を配置した。それらは、生命への尊厳と人間理解を深め、看護職が直面する倫理的課題への対応及び看護に関する諸理論を探求する「看護倫理」「看護理論」、高度看護実践者として活動する上で必要な「臨床薬理学」「病態生理学」「フィジカルアセスメント」である。
 さらに質の高い看護サービスの改革および、社会の健康問題に関する対応策に積極的に関与し、看護学を発展させることのできる人材を育成するため、「看護研究」「看護教育論」「看護管理論」「コンサルテーション論」を配置した。また、国際的な視点から医療・看護を探求する「国際医療論」を設けた。

 

(2) 専門科目

 専門科目は、高度な専門的知識・能力を持つ看護専門職を担うための卓越した能力を培い、学生自らが看護学を研究していく上で必要な能力、技法を修得するための科目である。地域の看護職のための専門的教育研究を中核とし、さらに精神看護学における高度な専門能力の獲得を目指す看護職のための精神看護CNS科目を設定する。つまり専門科目では、高度な専門的知識・能力を持つ看護専門職を担うための卓越した能力を培い、学生自らが看護学を研究していく上で必要な能力、技法を修得し、看護学の実践分野で指導的役割を果たすため、「看護学研究コース」と「精神看護CNSコース」の2コースを設定した。
 それぞれの看護学に特論と特論に基づく演習を配置し、各看護学の高度な専門的知識・技術を学ぶこととした。つまり、総論から各論へ実践的な専門的知識・技術を段階的に修得できるように科目を配置した。
 特論では、各看護学の対象や問題に焦点を当てその特性および課題と解決方法を創造的・先駆的に探求するための方法論、システム形成、資源開発、連携、ネットワーク等について探求する。また演習では、文献探索と批判的講読、グループワーク等により看護実践における現状の理解と課題の発見、探求を行う。

 

教育課程の概要

 

授業科目の履修方法及び修了要件

(1) 授業科目の履修方法

 教育課程は講義、演習、実習より構成され、講義および演習については、15時間から30時間の授業をもって1単位とし、実験、実習については、30時間から45時間の授業をもって1単位とする。
 講義は、原則として1名の教員によって行うが、内容を深め、視野を拡大するためオムニバス形式も採用する。科目責任者は、各科目の到達目標を達成するために一貫性を持って進行するよう総括・調整するとともに、総合的に授業の評価を行う。
 演習は、学生又は指導教員の選んだテーマ、文献等について学生が主体的に調査し、指導教員とともにテーマに関する研究と実践の動向および今後の課題とその解決法などについて考究する。
 実習は、看護学特論、看護学演習での学習を基盤として、看護学の理論、研究、実践との関係を科学的思考に基づいて分析・統合する。
 履修に際し、入学時に次の表1-1、1-2、1-3の履修モデルをもとに各自の関心・専門領域により履修計画を作成する。

    表1-1 看護学研究コース(感染看護学、成人看護学)(p.4参照)
    表1-2 看護学研究コース(在宅看護学、コミュニティヘルス看護学)(p.5参照)
    表1-3 看護学研究コース(精神看護学)及び精神看護CNSコース(p.6参照)

 

(2) 修了要件

 修士課程の修了の要件は、本大学院に2年以上在学し、看護学研究コースの学生は、共通科目から14単位以上、選択する看護学の専門科目から6単位、その他の専門科目(看護学特論)2単位以上、特別研究10単位、合計32単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
 精神看護CNSコースの学生は、共通科目から14単位以上、専門科目精神看護CNSコースから22単位(精神看護学特論Ⅴ・Ⅵはいずれかを選択)、看護学研究コースの精神看護学特論Ⅰ2単位、精神看護学演習Ⅰ2単位、合計40単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、課題研究論文の審査及び最終試験に合格すること。

 

看護学研究コース履修モデル1

 

看護学研究コース履修モデル2

 

看護学研究コース及び精神看護 CNSコース履修モデル