入試情報はこちら 就職情報はこちら 山陽学園短期大学附属幼稚園 山陽学園大学・短期大学同窓会 学校関係リンク先 周辺のお店MAP

トップページ » 大学院 » 研究科長ご挨拶

研究科長ご挨拶

看護学の発展及び地域社会における人々の健康と福祉の向上に寄与します


学部長写真 本学大学院は、山陽学園の建学理念<愛と奉仕の精神>をもとに、看護学分野に関する学術の理論・応用を教授研究し、看護学の発展及び地域社会における人々の健康と福祉の向上に寄与することを目指しています。
 医療の高度専門化、人口の少子・高齢化、在宅医療の推進など激変する社会にあって、保健・医療・福祉の充実が急務となっています。また、うつ病や統合失調症などの患者は年々増え、今や精神疾患が「がん、脳卒中、心疾患、糖尿病」の4大疾病と並ぶ「5大疾病」に位置づけられました。このように増え続ける精神疾患患者に対する、強力な支援者の育成が喫緊の課題となっています。
 こういった社会的要請に応え、本学大学院では看護学の発展をめざし、新しい知識を積み重ねて研究活動を行う「看護学研究コ-ス」と、実践の現場を担う専門職業人育成のための「精神看護専門看護師コ-ス」を設けました。
 大学院におけるより高度な教育・研究成果を最大限活用し、地域社会に貢献していきます。

 

山陽学園大学大学院 看護学研究科
研究科長 田村 裕子