総合人間学部 生活心理学科

生活科学と心理学を学び、さらにコースの専門性をきわめる、“日本初”の学科です。

2年次以降は専門コースを選択します。
「生活科学コース」では、衣食住環境の専門的理論からデザインや制作・調理といった実践を学びます。
「心理学コース」では、生活に関わる心と行動のメカニズムに関する基本的な理解を進め、心理学の理論を実践する力を身につけます。



 資格・免許 
中学校・高等学校教諭:一種免許状「家庭」
高等学校教諭:一種免許状「公民」
認定心理士
フードコーディネーター3級

 卒業後の進路 
中学校・高等学校「家庭」教諭
一般企業(金融、サービス、衣食住関連企業など)
公共(福祉施設、病院など)
大学院進学(心理、生活科学)

生活心理学科topimage

4年間の学びの特色とカリキュラム

生活心理学科1年次
■ 地域学習:ごみ調査
大学周辺の投げ捨てゴミ調査と回収。(上記写真は2016.05.23実施の様子)
生活心理学科2年次
■ 食行動の心理学
食べ物の好き嫌い,ストレスや心の元気と食など,食行動と心の動きとの関わりを知り,食事が人間関係の構築や精神的な安定感,心の健康に果たす役割を理解します。

■ 被服心理学
被服はこころの鏡とも言われ、日々の服選びにもこころの状態が反映されます。本講義では、被服の着用行動や購買行動と心理との関係について学び、さらに、経済的、文化的、社会的背景からもアプローチして被服行動を総合的に理解します。
生活心理学科3年次
生活心理学科4年次
■ 卒業研究発表会
カリキュラム(平成28年度入学生)

学生の方へのメッセージ

生活心理学科学科長_挨拶
生活科学コースでは、衣服や食物や住居など、手に取ったり触れたりできるものを通して、豊かで快適な暮らしを考えていきます。心理学コースでは、目に見えない心の動きをさまざまな理論や方法を用いて知ることで、心豊かで幸せな暮らしを考えます。つまり現実の、この世界の中で暮らしている私たち自身を、「生活科学」で外から、「心理学」で内から考えると言ってもよいでしょう。

人間とは何か、幸せとは何かを考える4年間を、私たちと共に過ごして、大きく成長していってくださることを願っています。

ポリシー

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

アドミッションポリシーを十分に理解して入学し、カリキュラムポリシーに沿って設定された授業科目を学び、学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し「学士(生活心理学)」の学位を授与します。学位を授与される学生は、次の学修成果が認められることになります。

1.全学共通の必修である「山陽スタンダード科目」と各学科の実践科目の修得を通して、「愛と奉仕」の理念を学ぶとともに、国際社会や地域社会で積極的に貢献できるような実践力を身につけたと認められること。

2.専門分野の知識や技能だけでなく、社会人としてより良い人間関係を構築するための基礎的な教養や優れたコミュニケーション能力を身につけ、幅広い視野と多面的な思考力により、客観的な認識力や判断力を養ったと認められること。

3.正規カリキュラムでの学びに加え、大学が推進するボランティアを中心とした課外活動への参加を通して、多様化した現代社会の複雑な課題や人々の生活の質(QOL)の向上に対して、柔軟で創造的に対処できる能力を体得したと認められること。

 

(卒業要件)

本学部を卒業するためには、4年以上在学し、かつ「共通教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」の区分ごとに定められた単位数を修得し、全体で「卒業するために必要な総単位数」以上を修得していることが必要となる。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

全学生が、建学の理念である「愛と奉仕」の精神を踏まえた、全学共通の必修である山陽スタンダード科目を学びます。2年次からは、心理学コースと生活科学コースにわかれます。いずれのコースでも、アクティブラーニングの科目が多数設定されています。4年間の学びにおいて、知識・技能や思考力・判断力・表現力等をどの程度身に付けたかを評価するだけではなく、それを使って主体的に多くの多様な人々と協働して物事に取り組める能力が、どのように身についているかを評価します。4年間のカリキュラムの構成の柱は、次のようになっています。

1.1年次には、山陽スタンダード科目「知的生き方概論・人間学」を履修します。それと並行して、人文科学、社会科学、自然科学、外国語、情報科目、スポーツなどの幅広い分野で構成された「共通教育科目」によって広い視野を培います。

2.1年次では、少人数の演習形式によるアクティブラーニング科目「基礎演習A」、「基礎演習B」を初年次教育として履修します。これら2科目で、大学生に必要な学習方法・研究方法の基礎と共生社会構築に必要な考え方や行動の仕方の基礎を学びます。

3.1年次にも、2年次以降のコース選択の際に役立つような、心理学や生活科学の基礎的な専門教育科目も設定されています。

4.2年次以降の専門教育科目で、それぞれの専門知識を身に付けるとともに、総合的な学習を展開する科目により、“実践的なコミュニケーション能力の向上”、“実際的な創造的思考力・問題解決力の向上”、“社会の一員としての自覚の醸成”、“チームワークの体験”等の学士力を培っていきます。

5.「社会人入門」「ビジネス実務論」「企業協働型ラーニング」「NLPビジネス心理実践学」「経営学・キャリア学基礎」「一般教養論」「インターンシップ」などの就職支援科目を充実させ、社会人になるために必要なキャリア教育を進めます。

6.学習の評価は、シラバスに記載されている【成績評価の方法・基準】(筆記試験、論文、実技、出席状況等)に基づいて科目担当教員が行います。成績の評価は、100点を満点、60点以上を合格として単位を認定します。

7.第1・2年次においては、52単位以上を修得し、かつ累積GPA1.00以上又は前年度GPA1.00以上でなければ、第3年次配当の授業科目を履修することはできません。ただし、修得単位数に自由科目の単位は含めません。

アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

生活心理学科は、次のような人を積極的に受け入れたいと考えています。

1.生活科学と心理学の知識と技能を学び、社会生活に生かしたい人

2.学んだ知識と技能を用いて、主体的に多様な人々と協働して心豊かな生活を実現したい人

3.衣食住に関する専門的な知識と技能をもちいて、生活やビジネスや産業の場面で思考し、判断し、その成果を表現したい人

4.心理学に関する専門的な知識と技能をもちいて、カウンセラーや相談員、心理士としてさまざまな問題を思考し、判断し、表現したい人

5.公民・家庭科の教員、認定心理士、ピアヘルパー等の資格を取得して、それを社会で生かしていきたい人

就業力を高める7つのプログラム

生活心理学科_プログラム

仕事図鑑

生活心理学科_主な仕事
主な就職先

(生活心理学科の前身となる学科を含む)

建設業
 ミサワホーム中国(株)

製造業
 (株)英田エンジニアリング、村田製作所、竹久夢二本舗、敷島堂(株)、(株)廣栄堂、富士ゼロックス岡山(株)、キューピー(株)、(株)ビッグジョン

運輸業
 日本通運(株)広島航空支店、(株)ジェイエア、両備ホールディングス(株)

卸売業・小売業
(株)天満屋、、岡山日産自動車(株)、岡山トヨタ自動車(株)、岡山ホンダ販売(株)、岡山ダイハツ販売(株)、ネッツトヨタ岡山(株)、オートバックスDSグループ山陽ヤナセ(株)、(株)外林、(株)ザグザグ、カネボウ化粧品(株)中四国支社、(株)サンヨープレジャー、(株)ユニコロ、(株)ストライプインターナショナル、オンワード樫山(株)、(株)アフリカタロウ、ドゥホワイエ(株)

金融業・保険業
 日本銀行岡山支店、(株)中国銀行、おかやま信用金庫、(株)三井住友銀行、みずほ信託銀行岡山支店、(株)香川銀行、香川県信用農業協同組合連合会、中銀事務センター(株)、両備信用組合、全日信販(株)、日本生命保険相互会社岡山支社、朝日生命保険相互会社岡山支社

医療・福祉
 仁誠会クリニック、(社)ももたろう会玉野スマイルタウン、(財)岡山ふれあい公社、(医)北川病院、(医)おおもと病院、(福)こぶしの村福祉会ひかり園、児童療育施設ぐるぐるめろん島

その他
 日進測量(株)、(株)おもちゃ王国、岡山市農業協同組合、岡山西農業協同組合、(株)リクルートジョブス、自衛隊


主な進学先

就実大学大学院教育学研究科教育学専攻、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科、岡山大学大学院社会文化科学研究科、ノートルダム清心女子大学大学院人間生活学研究科臨床心理学コース、川崎医療福祉大学大学院医療福祉学研究科臨床心理学専攻、国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科臨床心理学専攻
卒業生からのメッセージ
生活心理学科_卒業生
大学で衣・食・住・情報・ビジネス等、生活に関わる多くのことを学んだこともあり、地元香川で、生活の基盤である金融面から貢献できる現職を志望しました。
大学ではITパスポート、秘書検定、漢字検定、ピアヘルパー等の資格を取得し、それを面接でアピールできました。大学で勉強する楽しさを知ったので、資格の勉強は現在も続けています。就職活動ではうまくいかず、落ち込むこともありましたが、今考えるとその時の経験は全て自分の糧となっているし、今の仕事に出合うために必要なことであった気がしています。

ホットニュース

ホットニュースでは、日々の学生生活や活動をご覧いただけます。