総合人間学部 生活心理学科

生活の理解×心の理解=現代社会で生きる力

人のこころは、家庭・学校・職場・地域社会など、私たちが生活する様々な場面で変化します。それは、「たのしい」や「うれしい」といった感情であったり、「どうしよう」という悩みであったり、「こうしよう」という判断であったりします。そして、そうしたこころに従い、人は行動するのです。こころについて学ぶということは、人の生き方そのものを学ぶとも言えるでしょう。

生活心理学科は、人のこころについて専門的に学ぶ心理学を基礎にして、衣食住に代表される生活の基本的な環境から、家庭や学校、地域社会、職場まで、幅広く人の営みについて学ぶことができる学科です。

2018年度からは、生活学・心理学の基本カリキュラムに加えて、2つの選択コースを新設しました。

「心理社会コース」では、政治・経済などの実社会の動きを学ぶとともに、その実態を知るための調査技術を習得します。そこで身に付く科学的な分析力は、ビジネスや市場調査の場での活躍に結び付きます。

「子ども支援コース」では、子どもの発達について学ぶとともに、それを支援するための心理検査やカウンセリング等の支援技術を習得します。そこで身に付く臨床的な実践力は、保育や教育の場での活躍に結び付きます。

また、「子ども支援コース」では、音楽や表現などの保育士資格の試験対策になる科目も用意しています。

取得可能な免許・資格
高等学校教諭一種免許(公民)
図書館司書資格
学校図書館司書教諭
学芸員資格
児童指導員任用資格
児童福祉司任用資格(要実務経験)
保育士(資格取得支援)
認定心理士
認定心理士(心理調査)
社会調査士
卒業後のステージ
銀行、保険会社
ホテル、旅行会社、航空会社
住宅関連産業
メーカー
児童・高齢者福祉施設、病院
大学院進学 など

主な就職先はこちら
総合人間学部_生活心理学科

学びの特色

心理学と共に人間生活を学ぶ

こころを学ぶ心理学をコアにして学習していきます。人のこころは日常生活の様々な場面で変化するので、人間生活そのものを理解することも必要です。そこで、生活学や保育学、政治学、経済学、情報学といった科目も並行して学習していきます。

生活心理_授業紹介
理論やスキルを実践の中で磨く
4年間を通して、演習や実習が多く設けてあり、講義で学んだ理論やスキルを磨きます。そして、心理学と他の専門科目を関連付けて、企業や教育福祉施設、地域社会等の様々な場面で実践体験することによって確かな学びにします。

アクティブラーニング型授業

講義を聴くだけではなく、グループで議論したり、地域と協力して新商品を開発したり、学外で講師として活動したりする能動的な学修のチャンスが多くあります。こうした学修を通して、深い理解と実践的な力が身に付きます。

「就勝」につながる学び

心理学に加えて生活学や保育学、経営学などを学ぶことは、心理学を卒業後の仕事に活かす大きな「強み」になります。それは、就職活動をするときの大きなアドバンテージになります。

コース紹介

生活心理_コース

就勝プロジェクト

ビジネス能力開発プログラム

企業体験前に知っておくべきビジネス常識を学ぶため、全員に「ビジネス能力検定ジョブパス3級」の受講を課しています(生活心理学科:必修、言語文化学科:選択)。合格することで自信を持って企業体験ができます。

プログラムを受講した学生の声

  • 早い時期からビジネスマナーの勉強に取り組むことはとても良いことだと思う。自分のためにもとても役立つ。
  • 知っているようで知らないビジネスマナーなどが分かって面白い。
  • 働く時に知っておいた方がいい知識をたくさん学ぶことができた。知らないことがたくさんあったので、大変勉強になった。
  • ビジネスに関するいろいろな基礎知識を学ぶことができ、全てが自分にとって有意義なものでした。
英語集中特別プログラム(IELP)

グローバル社会の進展に対応し、高い英語能力を身に付けることにより、海外の協定大学の留学を経て、「グローバルに世界で活躍」し、あるいは「ローカルに地域に貢献」する人材を育成することを目標とします。90分間イングリッシュシャワーの特別レッスンやTOEFL・TOEIC対策講座を集中して受講でき、英語圏有名大学への留学対策のほか、ビジネスに必要なコミュニケーション能力も徹底的に鍛えます。

充実の学習支援環境

  • 自分に適した教材を選び、英語の学習を個別に進めることができるように、英語の自習室「ラーニング・センター」を備えています。
  • ラーニング・センターには、ほぼ毎日一定の時間に英語教員が在室しており、質問があれば先生にすぐ聞くことができます。また、毎週外国人の先生と自由英会話の時間を設けていますので、英語力が自然に身に付きます。
  • TOEICを体験できる勉強会など、随時実施しています。
地元優良企業とのPBL型授業プログラム

地元岡山を代表する企業に就職したい人またはそれらの企業の活動に興味がある人のためのプログラムです。地元の優良企業と様々なPBL型授業を行います。

PBLとはProblem Based Learning の略で、講義形式ではなく「問題解決型授業」のこと。何かを講義するのではなく、ある問題を設定しそれを受講者が自分で考え解決を目指すアクティブな講義法で、実社会に近いため社会人として必要な力がつくと言われています。「小売、金融、ホテル・エアライン」など業界別に必要な知識や技能が学べます。

講義内容例

  • インターンシップ
     企業での実習体験。
  • プロジェクトマネジメント体験
     仕事とはプロジェクトを管理し成功に導くこと。企業の方と共にプロジェクトの管理法を学びます。
  • 「解のない世界」の対処法
     ビジネスの世界は学校と違い解のない世界。正解が分からない中でどのように成果を出すのかを企業の方から学ぶことで、スムーズに実社会に入っていけるようにします。
  • NLPビジネス心理学
     NLPとは、Nはニューロ(神経)、Lはラングエイジ(言語)、Pはプログラム、つまり「神経言語プログラム」の略です。スポーツ選手のいわゆる「ルーティン」もこの原理を使っています。就活だけでなく生涯使える技能で、総合人間学部の学びを、どのようにビジネスに活かせば良いかが分かる“実践的心理学”です。

在学生・卒業生の声

内定者Message
感謝の気持ちを忘れずに社会でも活躍したい

大学進学で県外に出て、帰省するたびに地元の良さを実感していたので、就職は地元でと決めていました。また、アルバイトで接客を経験し、お客さまの反応を間近で感じられることに魅力を感じていたので、地元企業の接客業務に絞って活動しました。内定をいただいた銀行の企業説明会には計6回参加しました。企業姿勢や待遇等、深く理解した上で採用試験に臨めたことが内定に繋がったのかなと思っています。

就職が決まった時、とても尊敬しているゼミの先生が自分の子どものことのように喜んでくださった時は、びっくりしたし、すごく嬉しかったです。また、就活中、事あるごとに親身に相談に乗ってくださったキャリアセンターのスタッフの方たちにも感謝の気持ちでいっぱいです。

最後まで諦めず内定をつかんだ

自分なりに頑張っているつもりだった就職活動でしたが、なかなかよい結果に結びつかず、心が折れかけていました。そんな時に出合ったのが、今回内定をいただいた保険会社でした。

たまたま参加した合同企業説明会で声をかけてくださった入社1年目の先輩が、親身に就活の相談に乗ってくれ、その人柄にとても惹かれました。それがきっかけで、会社についてもっと知りたい、一緒に働いてみたいと思うようになりました。

保険業界というところは「モノを売る」のではなく「自分の人柄を信用してもらい加入していただく」ところ。私が先輩の人柄に惹かれ、信用できたように、私も人として成長し、誰からも信用していただけるよう、努力を重ねていきます。

卒業生Message
幅広い学びの中で未来の私に出合えました

在学中、療育相談センターのインターンシップに参加。障害を持つ子どもたちやその家族とふれあう中で、障害を持つ方の支援に興味を持ちました。卒業後は精神保健福祉士の資格取得を目指して、1年間専門学校で学び、国家試験に合格。現在は、地域生活支援センター こころの里で精神障害のある方たちに対する活動の場の提供や、電話・面談による相談支援などを行っています。

大学入学までは、漠然と「将来人のために働きたい」という思いはあったものの、具体的な夢はまだありませんでした。精神保健福祉士という目標までたどり着けたのは、生活心理学科での幅広い学びの中で、ピアヘルパーの資格取得や、サークル活動など様々な経験を重ねることができたからです。社会に出てからも、ここでの学びはしっかり活きています。自分の可能性をいくらでも拡げられる生活心理学科を、私は自信を持ってお勧めします!