総合人間学部 言語文化学科

グローバル化社会で活躍する教養豊かな国際人を育成します。

言語文化学科は、グローバル化が進む現代の世界で、真の人間理解や国際理解に基づいた、多文化共生社会に貢献できる人材を育成するために、学びのカリキュラムを編成しています。

言語文化学科の学びの核は、異文化理解を深化させることですが、同時に、自分の言葉で考え、判断し、的確に伝達することのできる日本語力・コミュニケーション力を育成することを重視しています。そのため、「異文化理解力」を育てる科目と共に「思考力・表現力」「コミュニケーション力」を養成するための科目が、必修コア科目とされています。

その上で、国際コミュニケーションに必要な英語や、中国語・ハングルの運用力を磨き、英語圏や日本を含めたアジアの言語・文化・歴史・社会について学びます。2年次より、「英語コース」と「日本・アジアコース」の2つのコースに分かれることで、専門的な学びを深めていきます。

取得可能な免許・資格
中学校・高等学校教諭 一種免許状(英語)
中学校・高等学校教諭 一種免許状(国語)
学校図書館司書教諭
図書館司書資格 学芸員資格
日本語教員(本学認定資格)
卒業後の進路
中学校教員、高等学校教員、学校支援員、学童保育指導員、海外の日本人学校教員
海外の日本語学校、海外の幼少中高の研修センターなどの日本語教師
博物館や美術館の職員、図書館司書
ホテル、旅行会社、航空会社 銀行、販売、メーカーなど
言語文化学科

学びの特色

言語文化学科1
言語文化学科2
言語文化学科3
豊富な海外経験を実現する科目

国外で、実際に現地の人とのコミュニケーションをとることは、異文化理解を深めることのできる貴重な体験となります。大学時代はその絶好のチャンスです。言語文化学科では、異文化を体験したり、外国語を学習するための、様々な海外研修を実施する科目を豊富に用意しています。

免許・資格の取得、各種外国語検定受験のサポート

言語文化学科では、英語と国語の教職、学校図書館司書教諭、学芸員、司書、日本語教員といった免許・資格を取得することができます。英検、TOEIC、中国語検定、韓国語能力試験など、外国語検定の受験も奨励しています。4年間努力が継続できるように、アドバイザー教員による支援体制を設けています。

就職支援科目が充実

「PBL型授業プログラム」は、講義形式でなく、PBL(問題解決型授業)で、小売、金融、ホテル・エアラインなどで活躍するためのビジネス能力をアップさせます。他にも、「ビジネス能力開発プログラム」や「IELP(英語集中特別プログラム)」等、就職支援講座が充実しています。

カリキュラム

言語文化学科カリキュラム

豊富な海外体験

言語文化学科4
授業料免除・助成金
言語文化学科5

総合人間学部の特別プログラム

ビジネス能力開発プログラム

企業体験前に知っておくべきビジネス常識を学ぶため、全員に「ビジネス能力検定ジョブパス3級」の受講を課しています(生活心理学科:必修、言語文化学科:選択)。合格することで自信を持って企業体験ができます。

プログラムを受講した学生の声
  • 早い時期からビジネスマナーの勉強に取り組むことはとても良いことだと思う。自分のためにもとても役立つ。
  • 知っているようで知らないビジネスマナーなどが分かって面白い。
  • 働く時に知っておいた方がいい知識をたくさん学ぶことができた。知らないことがたくさんあったので、大変勉強になった。
  • ビジネスに関するいろいろな基礎知識を学ぶことができ、全てが自分にとって有意義なものでした。
英語集中特別プログラム(IELP)

グローバル社会の進展に対応し、高い英語能力を身に付けることにより、海外の協定大学の留学を経て、「グローバルに世界で活躍」し、あるいは「ローカルに地域に貢献」する人材を育成することを目標とします。90分間イングリッシュシャワーの特別レッスンやTOEFL・TOEIC対策講座を集中して受講でき、英語圏有名大学への留学対策のほか、ビジネスに必要なコミュニケーション能力も徹底的に鍛えます。

充実の学習支援環境
  • 自分に適した教材を選び、英語の学習を個別に進めることができるように、英語の自習室「ラーニング・センター」を備えています。
  • ラーニング・センターには、ほぼ毎日一定の時間に英語教員が在室しており、質問があれば先生にすぐ聞くことができます。また、毎週外国人の先生と自由英会話の時間を設けていますので、英語力が自然に身に付きます。
  • TOEICを体験できる勉強会など、随時実施しています。
地元優良企業とのPBL型授業プログラム

地元岡山を代表する企業に就職したい人またはそれらの企業の活動に興味がある人のためのプログラムです。地元の優良企業と様々なPBL型授業を行います。

PBLとはProblem Based Learning の略で、講義形式ではなく「問題解決型授業」のこと。何かを講義するのではなく、ある問題を設定しそれを受講者が自分で考え解決を目指すアクティブな講義法で、実社会に近いため社会人として必要な力がつくと言われています。「小売、金融、ホテル・エアライン」など業界別に必要な知識や技能が学べます。

講義内容例
  • インターンシップ
     企業での実習体験。
  • プロジェクトマネジメント体験
     仕事とはプロジェクトを管理し成功に導くこと。企業の方と共にプロジェクトの管理法を学びます。
  • 「解のない世界」の対処法
     ビジネスの世界は学校と違い解のない世界。正解が分からない中でどのように成果を出すのかを企業の方から学ぶことで、スムーズに実社会に入っていけるようにします。
  • NLPビジネス心理学
     NLPとは、Nはニューロ(神経)、Lはラングエイジ(言語)、Pはプログラム、つまり「神経言語プログラム」の略です。スポーツ選手のいわゆる「ルーティン」もこの原理を使っています。就活だけでなく生涯使える技能で、総合人間学部の学びを、どのようにビジネスに活かせば良いかが分かる“実践的心理学”です。

入学金・授業料等

主な就職先

主な就職先(平成24年度〜平成28年度)

(株)中国銀行 岡山国際ホテル 鷲羽ハイランドホテル ホテルエクセル岡山 佳翠苑皆美(旅館) スターバックスコーヒージャパン(株) (株)ジェイアール西日本フードサービスネット (株)天満屋スポーツアンドジョイ (株)ザグザグ (株)明石スクールユニフォームカンパニー トヨタカローラ岡山(株) 岡山西農業協同組合 びほく農業協同組合 (株)魚宗フーズ (株)エブリィ (株)西日本ファーマシー (株)ダイキエンジニアリング (福)明光会 (株)バックスグループ ライクスタッフィング(株) (株)サマンサタバサジャパンリミテッド (株)シマダオール (財)林原美術館 備前市加子浦歴史文化館 岡山市立中学校教員 倉敷市立中学校教員 総社市立中学校教員 倉敷市立高等学校教員 岡山外語学院 日本語教師(国内外の日本語学校)など

大学院進学実績
岡山大学大学院社会文化学研究科 岡山大学大学院教育学研究科 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 岡山大学大学院環境生命科学研究科博士前期課程社会基盤環境学専攻 香川大学大学院教育学研究科学校教育専攻 ノートルダム清心女子大学大学院文学研究科 就実大学大学院人文科学研究科 広島大学大学院文学研究科 県立広島大学大学院総合学術研究科

卒業生からのメッセージ

好きな仕事だから 手間を惜しみたくない

昨年度まで勤務していた中学校では、1年生、3年生の国語の授業と、3年生の副担任、それに女子バスケットボール部の顧問を受け持っていました。中学校教師の仕事は正直ハードです。授業の後、部活や翌日の準備でへとへとになることもあります。

そういう時こそ手を抜かずに教材の準備をするようにしています。生徒たちが「分かりやすかった!」と言ってくれることが喜びだからです。

また、バスケット部の顧問を任された時はきついなと思いました。授業だけでもいっぱいいっぱいの状況で、スポーツに興味のない私は、たくさん勉強しないとできないのが分かっていました。生徒たちは明るく素直で、未熟な私の指導をきちんと聞いてくれます。今では、試合で点が入ると飛び上がって生徒と一緒に喜んでいます。

学園の基礎を築いた上代先生の「仕事は50センチ向こうまで」という言葉が好きです。仕事の範囲の少し先までやれば必ず良い結果が生まれます。

ポリシー

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

アドミッションポリシーを十分に理解して入学し、カリキュラムポリシーに沿って設定された授業科目を学び、学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し、「学士(人文学)」の学位を授与します。学位を授与される学生は、次の学修成果が認められることになります。

  1. 全学共通の必修である「山陽スタンダード科目」と各学科の実践科目の修得を通して、「愛と奉仕」の理念を学ぶとともに、国際社会や地域社会で積極的に貢献できるような実践力を身につけたと認められること。
  2. 専門分野の知識や技能だけでなく、社会人としてより良い人間関係を構築するための基礎的な教養や優れたコミュニケーション能力を身につけ、幅広い視野と多面的な思考力により、客観的な認識力や判断力を養ったと認められること。
  3. 「基礎演習Ⅰ、Ⅱ」「文章表現法Ⅰ、Ⅱ」「口頭表現法」「特別演習」「卒業研究Ⅰ、Ⅱ」の履修を通して、課題を発見し、探求するための思考力や判断力を身につけ、その成果を文章や口頭で伝える表現力を養ったと認められること。
  4. 「コミュニケーション概論Ⅰ、Ⅱ」「異文化理解演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」の履修を通して、コミュニケーションの基礎や、異なる文化を受容するための多様な価値観を学び、多文化共生社会において、多様な人々と恊働し、主体的に問題を解決する態度を身につけたと認められること。
  5. 選択した科目の履修により、各言語の運用能力を身につけ、その言語の背景となる地域の社会、歴史、文化の成り立ちが理解できていること。
カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

言語文化学科は、建学の理念である「愛と奉仕」の精神を基盤とし、言語理解だけでなく、異文化理解の深化を通じて、真の人間理解や、国際理解に基づいた共生社会の構築に貢献できる人材を養成することを目標としてカリキュラムを編成しています。

専門教育必修科目では、4年間を通して、思考力・判断力・表現力、コミュニケーション能力、異文化理解力を培います。この共通基盤の上に、「日本・アジア科目群」「英語科目群」「実習系・留学系科目群」の履修によって専門性を高め、国際化社会で必要とされる言語能力とコミュニケーション能力を備えた教養人の育成を目指します。

  1. 1年次には、山陽スタンダード科目「知的生き方概論」「人間学」を履修します。それと平行して、人文科学、社会科学、自然科学、外国語、情報科目、スポーツなどの幅広い分野で構成された「共通教育科目」によって広い視野を培います。
  2. 1年次には、少人数の演習形式による「基礎演習Ⅰ」「基礎演習Ⅱ」を初年次教育として履修します。これら2科目で大学生に必要な学習方法・研究方法の基礎と共生社会構築に必要な考え方や行動の仕方の基礎を学びます。
  3. 「基礎演習Ⅰ、Ⅱ」「文章表現法Ⅰ、Ⅱ」「口頭表現法」「特別演習」「卒業研究Ⅰ、Ⅱ」の履修を通して、課題を発見し、探求するための思考力や判断力を身につけ、その成果を文章や口頭で伝える表現力を育てます。
  4. 「コミュニケーション概論Ⅰ、Ⅱ」「異文化理解演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」の履修により、コミュニケーションの基礎や、異なる文化を受容するための多様な価値観を学び、多文化共生社会において、多様な人々と恊働し、主体的に問題を解決する態度を育てます。
  5. 「日本・アジア科目群」「英語科目群」「実習系・留学系科目群」の履修により、専門分野を体系的に学ぶことができます。日本語、中国語、ハングル、英語の運用能力を習得し、その言語の背景となる地域の社会、歴史、文化の成り立ちを理解します。
  6. 地域や国内、ひいては国際社会での貢献など、目指す分野や卒業後の希望進路に応じて科目を履修し、必要な単位を修得します。
  7. 「社会人入門」「ビジネス実務論」「企業協働型ラーニング」「NLPビジネス心理実践学」「経営学・キャリア学基礎」「一般教養論」「インターンシップ」などの就職支援科目を充実させ、社会人になるために必要なキャリア教育を進めます。
  8. 学習の評価は、シラバスに記載されている【成績評価の方法・基準】(筆記試験、論文、実技、出席状況等)に基づいて科目担当教員が行います。成績の評価は、100点を満点、60点以上を合格として単位を認定します。
  9. 第1・2年次においては、52単位以上を修得し、かつ累積GPA値1.00以上又は前年度GPA値1.00以上でなければ、第3年次配当の授業科目を履修することはできません。ただし、修得単位数に自由科目の単位は含めません。
アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

言語文化学科では、次のような人を積極的に受け入れたいと考えています。

  1. 日本を含めたアジアや英語圏の言語・文化・歴史・社会に関心を持ち、国際的視野で物事を考え、判断し、表現する力を身につけたい人
  2. 異文化間の交流やその影響などに関心があり、様々な人々との交流や恊働を通じて主体的に学び、文化への理解を深めたい人
  3. 日本やアジアの言語と文化に関して、専門的な知識や技能を身に付け、それぞれの国や地域について発信したい人
  4. 英語と英語圏の文化に関する専門的な知識と技能を身に付け、国際的なコミュニケーションに役立つ英語運用能力を習得したい人
  5. 英語・国語の教員、学校図書館司書教諭、学芸員、司書、日本語教員資格等の資格を取得し、それを生かして活躍したい人