幼児教育学科

一人ひとりの子どもの生きる喜びと力を育む保育者を育てます

子どもの笑顔は日本の未来
お母さんに話しかけるときの、あのうれしそうな笑顔。絵本を読んでもらっているときの、あの一生懸命な瞳。子どもたちのひたむきな姿や笑顔を見ると、誰もが、忘れていた大事なものを思い出します。
子どもたちの笑顔、それは日本の未来です。

幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を取得
幼稚園教諭・保育士は、子どもたちの笑顔を支え、日本の未来を作る仕事です。山陽学園短期大学は、子どもと一緒に楽しみ、子どもとしっかり信頼関係を築くことのできる幼稚園教諭・保育士を育てます。卒業と同時に幼稚園教諭二種免許状と保育士資格の両方を取得できます。

伝統に裏打ちされる就職率100%
伝統校として、これまで多くの幼稚園教諭・保育士を世に送り出してきました。その伝統に支えられて就職率は100%。そして例年9割程度の学生が幼稚園教諭・保育士等の専門職に就いて活躍しています。

取得可能な免許・資格
幼稚園教諭二種免許状
保育士資格
社会福祉主事任用資格
認定病児保育スペシャリスト
卒業後のステージ
幼稚園
保育園(保育所、企業内保育所、病院内保育所)
認定こども園
社会福祉施設

主な就職先はこちら
幼児教育学科

学びの特色

豊かな感性を育てる

敷地内に附属幼稚園があり、年間を通して子どもの発達と成長を学ぶ機会が豊富にあります。子どもの好奇心、探求心を肌で感じることで、子どもに寄り添い、子どもに共感できる豊かな感性を育むことができます。

新しい発見がいっぱい!

保育の表現技術を学ぶ授業では、「子どもはこんなことを喜ぶんだ!」「こんなことまでできるんだ!」といった新しい発見がいっぱい!保育者としての感性が芽生え、磨かれます。

確かな実践力を養う

体を使った遊びや運動、絵本ノート、身近なものを使った造形遊びなど、保育現場ですぐに役立つ実践的な授業を行っています。また、多様な実習やボランティアの機会があり、学んだ知識・技術を活用することで、確かな実践力を養うことができます。

他に類をみない豊富な実習の機会で、実践力を養います。

特に本学独自の「子育て支援実習」では、2年間を通して子どもと関わり、保育知識と技能を高めることができます。

子育て支援能力を養う

子どもの健やかな成長のために、食育や病児保育について学ぶ授業があります。また、「親子交流広場」などの子育て支援活動を通して、保護者や地域との連携・支援のための知識と技術を実践的に学び、「信頼される」専門職となることができます。

「病児保育」「障がい児保育」「食育」「保護者対応」について学ぶ授業を開講。その知識・技術を基礎に「親子交流広場」などの子育て支援活動を実施。子育て支援の実践力を身に付けられます。

preschool_img03
社会人としての力をきたえる
「一般教養基礎」「社会人入門Ⅰ・Ⅱ」では、社会人としてのマナーや基本的態度を身に付け、社会的・職業的自立のための準備を行います。社会人としての力をきたえ、就職への円滑な移行を支えます。

就職サポート

手厚い就職サポート
抜群の就職率には理由があります
長年にわたり、県内外の保育・教育現場に優秀な人材を送り出してきたノウハウがあります。一人ひとりの学生の想いを大切に、本人の個性と希望に応じた就職個別指導を実施。専門職と一般職の2本立ての就職支援で、履歴書の書き方から、筆記試験・実技試験まで、徹底的にサポートします。また、卒業後も就職に関する支援ができるよう、研修や情報提供などの体制を整えています。
入学してから、卒業、そして卒業後のフォローまで一貫した支援体制を準備しています。 
就職サポート

在学生・卒業生の声

内定者Message
子どもたちと深く丁寧に向き合いたい

私は職員や子ども・保護者が深く関われる小規模保育園での就職を希望していました。就職先を思案していた頃、ちょうど実家の近くでシオンこひつじ保育園の建設が始まり、ホームページなどで情報を集めて採用試験を受けました。試験は面接だったのですが、中学時代から積極的に幼稚園や保育園でボランティア活動を続けてきたことなどをお話させていただきました。

幼児教育学科には、演習がたくさんあり、手遊びやピアノなど現場で活かせる実践的な内容が充実しています。在学中にしっかり遊びの引き出しを用意できたことは、私の貴重な財産です。就職先の保育園も、入園する園児もみんな私と同じ1年生。少し不安もあるけど、焦らず一歩ずつ成長していきたいです。

子どもと同じ目線に立ち頼ってもらえる先生に

中学生の時、幼稚園で職場体験学習を学び、将来は子どもに携わる職業に就きたいと思いました。大学に入り勉強を進めていく中で、幼稚園の先生になるか保育園の先生になるか、迷いました。しかし、2年生の時に幼稚園と保育園の実習を体験し、実習でお世話になった幼稚園でぜひ働いてみたいと感じました。また、その幼稚園からお声がけをいただき、就職が内定。

大学では児童文化部に所属し、パネルシアターや手遊びなどを経験しました。また、授業では「絵本100冊ノート」の作成など、就職してからも現場で生かせることを多く学びました。夢だった幼稚園の先生。これからは子どもの声に耳を澄まし、表情を見て、常に気持ちに寄り添える素敵な先生を目標に頑張ります。

卒業者Message
在学中に育んだ絆に今も支えられています

保育士として、初めて任されたクラスは0歳児。3人の子どもを担当し、食事や排泄の介助、遊びなどを通して、子どもたちの成長を応援しています。まだ保育士として駆け出したばかりで体力的にも精神的にも大変な面もあるけれど、クラスの子どもたちが立ったり、歩いたり、しゃべったりと、“できた!”が増えるたびに、仕事へのやりがいや喜びを感じています。

短大時代は、クラスメイトと励まし合って互いに保育者を目指しました。子ども向けのオペレッタを制作する授業は特に心に残っていて、みんなで遅くまで残り頑張ったことでクラスの絆が一層強くなりました。卒業してからもその絆は変わらず、みんなと連絡を取りあい切磋琢磨しています。私自身まだまだ未熟で先輩に助けられてばかりの毎日ですが、短大で一緒に学んだ仲間や子どもたちに負けないように私も日々成長したいです。