食物栄養学科

充実した教育体制で、社会に貢献できる実践力を育成します

私たちの食生活は、ライフスタイルの多様化に伴い大きく変化しています。その中で食を大切にする心や優れた食文化が失われていく半面、食に関する知識の不足、不規則な食事や栄養のアンバランスなど様々な問題が生じており、健全な食生活を取り戻していくことが社会的課題となっています。このような食に関する課題に取り組むうえで、人々の心身の健康を確保し、食べる楽しみと喜び、生きる力を伝えることができる栄養士は、大きな役割を果たすことが期待されており、大変やりがいのある職業です。

山陽学園短期大学の食物栄養学科では、恵まれた学修環境のもと、2年間で栄養士免許を取得できます。整備されたカリキュラムに沿って食品・栄養・調理・給食の運営・栄養指導など幅広い分野を体系的に学び、食に関する知識とそれを実践する力、併せて専門職業人としての考え方や態度などを確実に身に付けることができます。

取得可能な免許・資格
栄養士免許
管理栄養士
 国家試験受験資格(要実務経験)
社会福祉主事任用資格
活躍できる職場
栄養士:保育所、高齢者福祉施設、病院、学校、食品関連企業
社会福祉主事:都道府県の保健所、市町村保健センター、企業の健康保険組合、地域包括支援センター など
食物栄養学科

学びの特色

2年制の栄養士養成施設

岡山県南地域で唯一の厚生労働大臣の指定した2年制の栄養士養成施設です。基礎から応用力まで段階を追って学び現場で求められる実践力を培います。

豊富なビジュアル教材を使った 直感的で分かりやすい授業

多くのビジュアル教材を使用する授業は、見るだけで食や栄養の全体像を把握でき、理解しやすいと好評です。また、備蓄食料や人体模型、ユニバーサルデザインの食器、車椅子なども設置しており、栄養士としての知識だけに留まらず、全ての人が暮らしやすい社会について考えるきっかけ作りを行います。

就職を意識した実践指導

毎年、就職希望者のほぼ全員が就職しています。また、栄養士としての専門職就職率は全国平均を上回る実績をあげています。

本学敷地内に、附属幼稚園を設置

園児に対する給食提供や栄養指導の実習を行います。また、幼児教育学科との学科間交流や「子どもと食育」の授業を通して、子どものことがわかる栄養士を目指します。

附属幼稚園や学外での実習で 栄養士のやりがいを実感できます。

どんなに栄養バランスが優れていても、安心しておいしく食べられなければ食べる喜び、生きている嬉しさにはつながりません。附属幼稚園などでの実習の場に恵まれた本学では、多くの子どもたちとふれあいながら食の大切さを学び、食事をする人の立場に立った栄養指導や食事提供ができるように、多くの実習を用意しています。

カリキュラム

食物栄養学科カリキュラム

入学金・授業料等

主な就職先

主な就職先(平成26年度〜平成28年度)

医療・福祉施設
太田病院 万成病院 向陽台病院 神原病院 かもがわ荘 健寿会 創心會 吉備の里 あすなろ園 あさひ園 錦海荘

給食・食品会社
日清医療食品 富士産業 ナリコマエンタープライズ 日米クック LEOC シダックス エームサービス キョードーフーズ ベネミール アイサービス 魚宗フーズ 魚国総本社 アスモフードサービス 人栄 積善会

保育所
かんだ保育園 学南保育園 共生保育園 三和保育園 たんぽぽ保育園 中野社会福祉協会 八幡保育園 早島保育園 ゆりかご保育園 和光保育園 いずみ保育園 清心保育園 操南保育園 妹尾保育園 弓之町乳児保育園 蓮昌寺保育園 水呑こども園

一般(企業等)
池田糖化工業 岡山木村屋 オハヨー乳業 旭食品 ザグザグ コスモス薬品 ププレひまわり マツモトキヨシ中四国販売 ストライプインターナショナル ユニクロ 岡山トヨペット 山陽ヤナセ ネッツトヨタ岡山 サンヨーオートセンター 森村商事 浅野産業 ジェイアール西日本フードサービスネット 岡山西農業協同組合

卒業生からのメッセージ

学校で学んだことが 食品開発の基礎です

デザートソースや、うま味の元となるエキスなどを作っている、食品素材の製造会社で開発を行っています。

大学時代から、それぞれの栄養素が人体にどう作用するのかということを考えながら料理をするのが好きでした。食事制限のある人にも美味しい食事を食べて貰えるよう工夫するのがとても楽しかったです。

料理サークルでは、毎年学園祭の模擬店で、素材や作り方に凝った一風変わったものを作っていました。例えば北海道産のかぼちゃ、岡山県産のさつまいも、沖縄県産の砂糖を使った、スイーツ風春巻きは、年輩の方にとても好評で、とてもいい思い出です。

自分の開発した食材が使われている食品をお店で見るととても嬉しいです。素材と素材を組み合わせる面白さを学べた学校にとても感謝しています。

ポリシー

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

専門的な知識・技能・実践力を備えた人材の育成を目指し、卒業までに身につけるべきこととして次のことがあげられます。

所定の単位を修得した場合には、卒業を認定し、短期大学士の学位が授与されます。

  1. 「食」の面から人々の健康の維持・増進に貢献できる。
  2. 「食」についての幅広い知識と実践力をもつ。
  3. 「食」に関する様々な情報について科学的に思考し、判断できる。
  4. 責任感を持ち、周囲と協力して仕事を進めることができる。
(卒業要件)

本学部を卒業するためには、2年以上在学し、かつ「共通教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」の区分ごとに定められた単位数を修得し、全体で「卒業するために必要な総単位数」以上を修得していることが必要となる。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

「愛と奉仕」を教育理念とし、高い教養と専門的な知識や実践的な技能を身につけ協働して社会に貢献できる人材を育成するため、以下の方針に沿ってカリキュラムを組み立てています。

  1. 学生と教員とのコミュニケーションを大切にした授業を行う。
  2. 実習やボランティア活動に重点をおき、能動的な学びの中で、問題解決力、自己管理能力やチームワーク力、リーダーシップ力等を育てる。
  3. 栄養士免許取得に必要な専門教育科目は、専門基礎科目から専門科目へと体系的に開講する。
  4. 初年次教育科目として「知的生き方概論」および「一般教養基礎」を設け、短期大学教育への円滑な導入を図る。
  5. 「社会人入門」等のキャリア教育科目を通じて、栄養士としてのあるべき社会的役割を学ぶ。
  6. 学修の評価は、授業概要(シラバス)に記載されている【成績評価の方法・基準】(筆記試験、論文、実技、出席状況等)に基づいて科目担当教員が行う。成績の評価は、100点を満点、60点以上を合格として単位を認定する。
アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

食物栄養学科は厚生労働省指定の栄養士養成施設であり、「食」を通して人々の健康の保持・増進に貢献できる栄養士の養成を教育の柱としています。

食物栄養学科が求める学生像は次のとおりです。

  1. 「食」に関することに関心をもつ人
  2. 周りの人を思いやり、協調して物事に取り組める人
  3. 目標に向かって不断の努力ができる人
  4. 「食」を科学的に学び、「食」の面から社会に貢献したいと考える人