食物栄養学科

充実した教育体制で、社会に貢献できる実践力を育成します

私たちの食生活は、ライフスタイルの多様化に伴い大きく変化しています。その一方で不規則な食事や栄養のアンバランスなど様々な問題が生じており、健全な食生活を取り戻していくことが社会的課題となっています。また食を大切にする心や優れた食文化が失われることも心配されています。これらの課題の解決に向けて栄養士が果たす役割は大変大きく、社会からその活躍が大いに期待されています。

人々の心身の健康を確保し、食べる楽しみと喜び、生きる力を伝えることができる栄養士は、大変やりがいのある職業です。

山陽学園短期大学の食物栄養学科では、恵まれた学修環境のもと、2年間で栄養士免許を取得できます。整備されたカリキュラムに沿って人体・食品・栄養・調理・給食の運営・栄養指導など幅広い分野を体系的に学び、食に関する知識とそれを実践する力、併せて栄養士としての考え方や態度などを確実に身に付けることができます。

取得可能な免許・資格
栄養士免許
管理栄養士 国家試験受験資格(要実務経験)
社会福祉主事任用資格
販売従事登録証(任意)
卒業後のステージ
栄養士:保育所、高齢者福祉施設、病院、学校、食品関連企業
社会福祉主事:都道府県の保健所、市町村保健センター、企業の健康保険組合、地域包括支援センター など

主な就職先はこちら
食物栄養学科

学びの特色

2年制の栄養士養成施設

岡山県南地域で唯一の厚生労働大臣指定の2年制栄養士養成施設です。カリキュラムに沿って、基礎から段階を追って学び、栄養士に必要な知識・技能・実践力を確実に養います。

豊富なビジュアル教材を使った 直感的で分かりやすい授業

多くのビジュアル教材を使用する授業は、見るだけで食や栄養の全体像を把握でき、理解しやすいと好評です。また、備蓄食料や人体模型、ユニバーサルデザインの食器なども整備しており、栄養士としての知識だけに留まらず、全ての人が暮らしやすい社会について考えるきっかけ作りを行います。

就職を意識した実践指導

経験豊かな教員の指導による充実した実習を通して、現場で求められる実践力を養います。

foodnutrition_img02
地域との共生

健康まつり in かさおかへの参加

食物栄養学科では、地域貢献の一環として、2016年度より笠岡市において開催される“健康まつり in かさおか”に参加しています。この取組により学生たちは、大量調理の実際を体験し、地域住民の健康づくりにおける栄養士の役割を学んでいます。2017年度は、『脂質異常症を予防する食事』として、「おいしい! 減る脂い(ヘルシー)!カラダにやさしい!!」秋の彩り弁当(限定200食)を調理し、来場者の皆様に提供しました。

本学敷地内に、附属幼稚園を設置

園児に対して給食提供や栄養指導の実習を行います。また、幼児教育学科との学科間交流や「子どもと食育」の授業を通して、子どもの食について理解を深めます。保育所や子ども園の栄養士を目指すには最適な学修環境です。

附属幼稚園や学外での実習で 栄養士のやりがいを実感できます。

どんなに栄養バランスが優れていても、安心しておいしく食べられなければ食べる喜び、生きている嬉しさにはつながりません。 本学では、附属幼稚園で多くの子どもたちとふれあいながら食の大切さを学びます。また、食べる人の立場に立った栄養指導や食事提供ができるように、充実した実習を用意しています。

Q&A

食物栄養学科についてもっと教えて!
Q. 校外実習とは?
2年次になると、学校、保育所、病院、高齢者福祉施設、事業所などの給食施設で計2週間、栄養士業務について実習します。この実習を通して、栄養指導や給食管理の業務について実体験し、専門職としての栄養士の役割は何かを考え、栄養士の仕事や使命を再認識します。
Q. 栄養士と調理師の違いを教えてください。
栄養士の主な業務は、人々の健康の保持・増進を目的とした栄養の指導や給食管理です。栄養指導では、個人あるいは集団の食生活の改善や栄養管理などに取り組みます。一方、調理師は、飲食店やホテルの料理部門などの外食産業での調理をしたり、給食施設での調理業務を担当したりします。
Q. 栄養士と管理栄養士の違いを教えてください。
「栄養士」は、都道府県知事から免許を受けて取得できる国家資格です。栄養の指導を含めた主に健康な特定多数の人を対象にした給食管理業務を行います。「管理栄養士」は栄養指導のためのマネジメントや傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導、特定給食施設における給食経営管理業務や食事をとおした栄養教育などを行います。
Q. 栄養士の仕事の内容を教えてください。
具体的には栄養バランスのとれた給食の提供、つまり献立作成や調理、衛生管理などを行います。そのため栄養士の仕事は、わが国の国民の健康課題を踏まえ、食分野から人々の健康の保持・増進のために、大いに期待されています。
Q. 理系が苦手です。化学実験の経験もありません。
栄養士に求められる知識や技能を身に付けていく際、化学の基礎知識が必要になります。1年次の前期の基礎化学では基礎から必要なレベルまで順を追って丁寧に学習しますので、心配はいりません。実験についても、経験が少なくても無理なく取り組める内容から始めますので、安心してください。
Q. 卒業後の進路について知りたいのですが。
保育所、病院、高齢者福祉施設、給食会社などに栄養士として就職します。もちろん、一般職として企業への就職も可能です。そのほか、他大学(管理栄養士養成施設)の3年次に編入学し、管理栄養士を目指す学生もいます。

在学生・卒業生の声

内定者Message
学内外の実習で将来の自分をイメージできた

もともと子どもが好きだったというのもありますが、保育所や附属幼稚園といった学内外での実習を通して、将来は子どもの健康や食育に関われる栄養士になりたいという気持ちが強くなりました。キャリアセンターで相談したところ、自宅から近い保育所を紹介していただき、栄養士として無事内定をいただくことができました。

食物栄養学科は、附属幼稚園や学外の保育所などでの実習が充実していて、栄養士としてのやりがいを実感したり、実際に働くイメージを膨らませることができました。また、子どもたちの素直な反応もとても勉強になりました。就職後は、しっかり経験を積んで、子どもたちに食べることの楽しみや大切さを教えられる栄養士になりたいです。

栄養士として人のために働きたい

内定先は、病院や社会福祉施設、保育施設などの給食委託をはじめ、食を通じた幅広い医療福祉サービスを提供している企業です。企業説明会に参加した時、「食を通して人を笑顔にする、食を楽しんでもらう」という企業の姿勢が自分にぴったりで、ぜひここで働きたいという気持ちが膨らみました。採用試験は筆記と面接でしたが、これまで学んだことを出し切り、栄養士として内定をいただくことができました。

就職して1年間は、派遣先の現場で調理経験を積み、その後、献立作成や発注など栄養士としての業務を行っていく予定です。在学中はたくさん実習がありました。就職後その経験がすぐに活かせるので、とても心強く思います。

卒業生Message
食事を通して健康に貢献できる素晴らしい仕事です

実は私、就活時期になっても栄養士としてどんな場所で働きたいかというビジョンが定まっていませんでした。キャリアセンターで相談をしたところ、幅広い事業所に展開しているということで、今働いている給食委託会社を紹介していただきました。

入社後、配属された事業所は老人ホームです。ここでは、50人分の朝・昼・夕食・おやつを提供。業務は、仕込み・調理・盛り付け・洗浄・事務作業まで、食事提供に関わる一連の業務を行っています。現場での仕事は大変だと思われるかもしれませんが、利用者さんからの「おいしかったよ」の言葉や、喜ぶ顔は私の原動力。季節の行事に合わせた特別メニューやおやつは特に喜んでもらえるので、楽しいし力も入ります。

栄養士は、食事を通して人の健康に貢献できる素晴らしい仕事です。今後も利用者さんの声に真摯に向き合い、笑顔を引き出せる食事を提供したいです。