アドミッションポリシー

各学科で求める学生像は以下のとおりです。

【総合人間学部 言語文化学科】

1.日本を含めたアジアや英語圏の言語・文化・歴史・社会に関心を持ち、国際的視野で物事を考え、判断し、表現する力を身につけたい人
2.異文化間の交流やその影響などに関心があり、様々な人々との交流や恊働を通じて主体的に学び、文化への理解を深めたい人
3.日本やアジアの言語と文化に関して、専門的な知識や技能を身に付け、それぞれの国や地域について発信したい人
4.英語と英語圏の文化に関する専門的な知識と技能を身に付け、国際的なコミュニケーションに役立つ英語運用能力を習得したい人
5.英語・国語の教員、学校図書館司書教諭、学芸員、司書、日本語教員資格等の資格を取得し、それを生かして活躍したい人

【総合人間学部 生活心理学科】

1.生活科学と心理学の知識と技能を学び、社会生活に生かしたい人
2.学んだ知識と技能を用いて、主体的に多様な人々と協働して心豊かな生活を実現したい人
3.衣食住に関する専門的な知識と技能をもちいて、生活やビジネスや産業の場面で思考し、判断し、その成果を表現したい人
4.心理学に関する専門的な知識と技能をもちいて、カウンセラーや相談員、心理士としてさまざまな問題を思考し、判断し、表現したい人
5.公民・家庭科の教員、認定心理士、ピアヘルパー等の資格を取得して、それを社会で生かしていきたい人

【地域マネジメント学部 地域マネジメント学科】

1.食料等の生産により、地域の豊かさを実現する「アグリ産業」分野に関心があり、将来この分野で活躍したいと考えている人
2.地域の生産物を加工し価値を高める「ものづくり産業」分野に関心があり、将来この分野で活躍したいと考えている人
3.地域の産物や情報、資源を活用して、新たな事業をコーディネートするなど「商い産業」分野に関心があり、将来この分野で活躍したいと考えている人
4.各種産業の発展に関わる「地域政策・情報・まちづくり」分野に関心があり、関係機関と連携して地域づくりを推進するなど、将来この分野で活躍したいと考えている人
5.アグリ・ものづくり・商い産業の枠を超え、これらを融合した新たな事業分野で活躍したいと考えている人

【看護学部 看護学科】

1.看護学に関する専門的知識・技術を学び、将来看護専門職として活躍したいという意欲のある人
2.人間を愛し思いやりと優しさをもって、あらゆる人々とコミュニケーションがとれる人
3.社会状況の変化に対応し、専門職業人として生涯にわたり積極的に自己研鑽をしていける人
4.保健・医療・福祉サービスの質的向上を目指し、地域社会や国際社会に貢献したいという強い意志をもつ人

【食物栄養学科】(短期大学)

1.「食」に関することに関心をもつ人
2.周りの人を思いやり、協調して物事に取り組める人
3.目標に向かって不断の努力ができる人
4.「食」を科学的に学び、「食」の面から社会に貢献したいと考える人

【幼児教育学科】(短期大学)

1.子どもや保育に関心があり、将来幼稚園教諭・保育士として社会に貢献したいと考えている人
2.免許・資格の取得に向けて意欲的に取り組むことのできる人
3.子どもの人格を尊重し、愛情を持って接することのできる人
4.自分の考えを持ちつつも人の意見に耳を傾けることのできる協調性のある人
5.基本的な生活習慣を身につけ、常識的な行動のとれる人

【大学院看護学研究科】

1.看護学の基礎知識と総合的な学力を有し、豊かな人間性と高い探究心を持って、主体的に看護実践の向上に寄与できる人
2.高度専門職業人又は教育研究者として、看護学(知識および技能)の発展に貢献する意欲のある人
3.保健・医療・福祉の諸問題に積極的に取り組み、問題解決に向けた思考力や判断力を養いながら、研究を遂行できる人
4.高い倫理観を有し、地域社会に貢献する意思と責任感を持った人

【助産学専攻科】

1.命の誕生に真摯に向き合い、責任のある行動ができる力を持っている人
2.高い倫理観を持ち、誠実な態度で助産学を追究することができる人
3.人と人との関係性を大切にし,地域の母子保健の向上を目指すことのできる人



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【参考】
本学に関心をお持ちの様々な関係者に対して十分に理解していただけるように、それぞれの学科において、「卒業認定・学位授与の方針」「教育課程編成・実施の方針」「入学者受入れ方針」を定めています。


■「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマポリシー)
  このような力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位を授与するかを定める基本方針で、学修成果の目標となります。

■「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラムポリシー)
  教育課程の編成、教育の内容や教育方法、学修成果をどのように評価するかを定める基本方針で、学生に求める学修成果を示すものです。

■「入学者受入れ方針」(アドミッションポリシー)
  上記2つの方針を踏まえ、どのような試験で入学者を受け入れるかを定めた基本方針で、どのような方に入学していただきたいかを示すものです。


各学科の3つのポリシーについてはこちらをご覧ください。